12月24日(日)
東京都・三軒茶屋

ロシア国立サンクトペテルブルグ・アカデミー・バレエ
『くるみ割り人形』

12月24日(日)のお席を確保!ロシアの気鋭バレエ団が贈る、クリスマス不朽の名作

とっておきのクリスマスイブが過ごせるスペシャル公演が登場。今世界から注目を集めるバレエ団「ロシア国立サンクトペテルブルグ・アカデミー・バレエ」が来日し、12月24日(日)、クリスマスの不朽の名作『くるみ割り人形』を上演する。クリスマス、冒険、王子様との恋の芽生え・・・子どものころ大切にした思い、憧れた世界が詰まった夢物語が優雅なロシアバレエで楽しめる! 東京ニューシティ管弦楽団によるフルオーケストラの演奏とともに、幸せな気持ちに包まれる名作を、大切な人と一緒にぜひ。

《プラン》かわいいマトリョーシカの小物入れ付き

1人11500円(税込)
(通常12500円のS席鑑賞チケットにマトリョーシカのお土産付き) 

プラン詳細・ご予約はこちら

見どころ

世界最高峰マリインスキーの元主役級ダンサーが34歳で芸術監督になった注目のバレエ団
芸術監督としてバレエ団を率いるのは、世界屈指の超名門マリインスキーでプリンシパルとして活躍したアンドリアン・ファジェーエフ。2011年の就任時にはなんと34歳だった。クラシックの優雅さの中にモダンな振り付けを洗練のステージで魅了し、ロシア国家劇場賞をはじめ受賞多数。さらなる躍進が期待されるバレエ団を観られる貴重なチャンス!

12月24日(日)公演のお席を確保。イヴの夜に起こった夢物語をフルオーケストラの演奏とともに
『くるみ割り人形』はチャイコフスキーの美しい音楽にのせて、クリスマスの夜に起こった少女の夢物語を描いた作品。クリスマス、すてきな王子様、美しい妖精、世界各国の踊りなど、ストーリーのすべてが愛らしく、夢中で見入ってしまうファンタジー。そんな名作を12月24日に鑑賞すれば感動間違いなし。東京ニューシティ管弦楽団によるフルオーケストラの演奏付きで鑑賞できるとっておきのイブを過ごして。

あらすじ

クリスマス・イヴの夜。シュタールバウム家では大勢のお客様を迎え、パーティが開かれている。そこに謎めいた人形使いのドロッセルマイヤーが訪れてくる。彼の魔法に大喜びする子供たち。マリーはプレゼントされたくるみ割り人形をとても気に入る。その夜、大きなくるみ割り人形を枕元に眠りについたマリー。時計が12時の鐘を打ち、マリーが目を覚ますと、ねずみの大群が押し寄せてくる。そこへくるみ割り人形がおもちゃの兵隊を率いてねずみの大群に挑む。マリーの助けを得て、ねずみの王に打ち勝つくるみ割り人形。ねずみたちが逃げていくと、ドロッセルマイヤーが現れ、くるみ割り人形を王子の姿に変える。王子はマリーをおとぎの国へと誘う・・・

公演データ

■会場
昭和女子大学 人見記念講堂

■日程
2017/12/24(日) 14:00開演/18:30開演
(開場は開演時間の30分前)

■チケット通常価格
S席12500円、A席10000円、B席8500円、C席6000円
※未就学児入場不可

■キャスト
ロシア国立 サンクトペテルブルグ・アカデミー・バレエ
演奏:東京ニューシティ管弦楽団

■公式サイト
ロシア国立サンクトペテルブルグ・アカデミー・バレエ『くるみ割り人形』公式サイト

■会場住所
東京都世田谷区太子堂1-7-57

■会場アクセス
東急田園都市線(半蔵門線直通)「三軒茶屋」駅より徒歩7分

更新: 2017年11月8日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop