• #8 WORLD JAGAIMO JOURNEY|ペルー|アメリカ

    #8 WORLD JAGAIMO JOURNEY|ペルー|アメリカ

    世界一のじゃがいも生産量を誇る中国、フライドポテトの発祥地であることを誇るベルギーなど、「じゃがいも国」と呼ぶにふさわしい国がたくさんあります。そんな“じゃがいもレベル”の高い国々を巡りながら、各国のじゃがいも文化をご紹介します。 ※各国の国土、人口データは外務省のHP、農林水産業のデータは農林水産省のHP、じゃがいも生産量は2013年「FAO, FAOSTAT: Production(2016年6月30日ダウンロード)」、1人あたり年間消費量は2011年「FAO, FAOSTAT: Food Balances(2016年6月30日ダウンロード)」を参考にしています。

  • #7  世界をめぐったじゃがいも

    #7 世界をめぐったじゃがいも

    私たちが普段何気なく食べているじゃがいもは、地球の裏側、アンデス地方の原産。スペイン人がヨーロッパにもたらした後、飢餓や戦争に苦しむ人たちを救い、多く人の運命を変えながら、世界中に広まっていきました。有史以来、これまでじゃがいもがたどってきた道のりを、一気に遡ってみましょう。

  • #6 日本人とコロッケとじゃがいも|ポテトチップス Q&A

    #6 日本人とコロッケとじゃがいも|ポテトチップス Q&A

    チョウシ屋のコロッケは180円。コロッケパン(コッペパンor食パン)は300円。なお、毎日、大人気につき午前の営業で売り切れとなる場合がほとんど。 南米原産のじゃがいもが日本に入ってきたのは、江戸時代初期のこと。意外にもサツマイモよりも以前に渡来しています。でも、いかがでしょう? そんなにも昔から長く付き合っているわりに、日本で生まれたじゃがいも料理って、いくつ挙げられますか?コロッケ、肉じ

  • #1 じゃがいものスペシャリテがある店|てんぷら近藤(銀座)|Melograno(広尾)

    #1 じゃがいものスペシャリテがある店|てんぷら近藤(銀座)|Melograno(広尾)

    写真の店/チョウシ屋東銀座に店を構えてから約90年(昭和2年創業)、持ち帰り専門で、コロッケ、ハムカツ、メンチ、カツ(いずれも惣菜またはサンドイッチにて)を販売しています。毎日、早い時間から行列ができ、午後早めには完売してしまうほどの人気ですが、前の晩に仕込んで、朝4:00から開店直前まで作っても、ようやく作れる数がそれぞれ1日限定300個なのだとか。大正時代に「三大洋食」と言われた、カレー、とん

  • メトロミニッツ5月発行号プレゼント応募はこちら|Metro min. No.187

    メトロミニッツ5月発行号プレゼント応募はこちら|Metro min. No.187

    5月20日発行号(Vol.187)はお楽しみいただけましたでしょうか?今後、さらにクオリティの高い誌面作りのために、読者の皆様にアンケートのご協力をお願いいたします。回答いただいた読者の中から抽選で、以下の商品をプレゼントさせていただきます。今月は4種のプレゼントをご用意。ぜひふるってご応募ください!

456789
  • RESERVATION レストラン予約
  • RESTAURANT 名店案内
  • TOPICS 最新記事

GENRE SEARCH ジャンルで探す

AREA SEARCH エリアで探す

SCENE SEARCH 条件で探す

  • #8 WORLD JAGAIMO JOURNEY|ペルー|アメリカ

    #8 WORLD JAGAIMO JOURNEY|ペルー|アメリカ

    世界一のじゃがいも生産量を誇る中国、フライドポテトの発祥地であることを誇るベルギーなど、「じゃがいも国」と呼ぶにふさわしい国がたくさんあります。そんな“じゃがいもレベル”の高い国々を巡りながら、各国のじゃがいも文化をご紹介します。
    ※各国の国土、人口データは外務省のHP、農林水産業のデータは農林水産省のHP、じゃがいも生産量は2013年「FAO, FAOSTAT: Production(2016年6月30日ダウンロード)」、1人あたり年間消費量は2011年「FAO, FAOSTAT: Food Balances(2016年6月30日ダウンロード)」を参考にしています。

  • #7  世界をめぐったじゃがいも

    #7 世界をめぐったじゃがいも

    私たちが普段何気なく食べているじゃがいもは、地球の裏側、アンデス地方の原産。スペイン人がヨーロッパにもたらした後、飢餓や戦争に苦しむ人たちを救い、多く人の運命を変えながら、世界中に広まっていきました。有史以来、これまでじゃがいもがたどってきた道のりを、一気に遡ってみましょう。

  • #6 日本人とコロッケとじゃがいも|ポテトチップス Q&A

    #6 日本人とコロッケとじゃがいも|ポテトチップス Q&A

    チョウシ屋のコロッケは180円。コロッケパン(コッペパンor食パン)は300円。なお、毎日、大人気につき午前の営業で売り切れとなる場合がほとんど。

    南米原産のじゃがいもが日本に入ってきたのは、江戸時代初期のこと。意外にもサツマイモよりも以前に渡来しています。でも、いかがでしょう? そんなにも昔から長く付き合っているわりに、日本で生まれたじゃがいも料理って、いくつ挙げられますか?コロッケ、肉じ

  • #1 じゃがいものスペシャリテがある店|てんぷら近藤(銀座)|Melograno(広尾)

    #1 じゃがいものスペシャリテがある店|てんぷら近藤(銀座)|Melograno(広尾)

    写真の店/チョウシ屋東銀座に店を構えてから約90年(昭和2年創業)、持ち帰り専門で、コロッケ、ハムカツ、メンチ、カツ(いずれも惣菜またはサンドイッチにて)を販売しています。毎日、早い時間から行列ができ、午後早めには完売してしまうほどの人気ですが、前の晩に仕込んで、朝4:00から開店直前まで作っても、ようやく作れる数がそれぞれ1日限定300個なのだとか。大正時代に「三大洋食」と言われた、カレー、とん

  • メトロミニッツ5月発行号プレゼント応募はこちら|Metro min. No.187

    メトロミニッツ5月発行号プレゼント応募はこちら|Metro min. No.187

    5月20日発行号(Vol.187)はお楽しみいただけましたでしょうか?今後、さらにクオリティの高い誌面作りのために、読者の皆様にアンケートのご協力をお願いいたします。回答いただいた読者の中から抽選で、以下の商品をプレゼントさせていただきます。今月は4種のプレゼントをご用意。ぜひふるってご応募ください!

456789

Social Media

記事の更新情報を、SNSでお届け中!

  • Mm Twitter
  • Mm Facebook

Metro min. Feature

pagetop