• # 6|赤ワインと風土料理|東京の店めぐり②|オーヴェルニュ地方×シャントレル|南西フランス×コム・ア・ラ・メゾン|

    # 6|赤ワインと風土料理|東京の店めぐり②|オーヴェルニュ地方×シャントレル|南西フランス×コム・ア・ラ・メゾン|

    これより登場する東京の各店には、こんなお願いをしました。「季節が寒くなってきたため、ワインは『赤』を。合わせる料理は、そのワイン産地と同じまたは近郊の『風土料理』をご提案下さい」と。改めてお伝えすれば、「風土料理」とは“どこか特定の土地のことを伝えてくれる料理”のこと。伝統的な郷土料理も含みつつ、食材、歴史や文化など、その土地のことを知っているシェフが「風土」を表現したものであれば創作料理でも構いません。そして、今秋は「赤ワインと風土料理」をめぐり、遠い土地へ思いを馳せ、旅するように味わってみませんか? 各店の旅先(「風土料理」がテーマにする土地)のミニ情報も添えながら、フランス、イタリア、スペインの旅へご案内します。

  • # 5|赤ワインと風土料理|東京の店めぐり①|ブルゴーニュ地方×オルディヴェール|ブルゴーニュ地方×セリエ・デ・ディーム

    # 5|赤ワインと風土料理|東京の店めぐり①|ブルゴーニュ地方×オルディヴェール|ブルゴーニュ地方×セリエ・デ・ディーム

    これより登場する東京の各店には、こんなお願いをしました。「季節が寒くなってきたため、ワインは『赤』を。合わせる料理は、そのワイン産地と同じまたは近郊の『風土料理』をご提案下さい」と。改めてお伝えすれば、「風土料理」とは“どこか特定の土地のことを伝えてくれる料理”のこと。伝統的な郷土料理も含みつつ、食材、歴史や文化など、その土地のことを知っているシェフが「風土」を表現したものであれば創作料理でも構いません。そして、今秋は「赤ワインと風土料理」をめぐり、遠い土地へ思いを馳せ、旅するように味わってみませんか? 各店の旅先(「風土料理」がテーマにする土地)のミニ情報も添えながら、フランス、イタリア、スペインの旅へご案内します。

  • # 4|赤ワインと風土料理|ワイン産地ガイド|

    # 4|赤ワインと風土料理|ワイン産地ガイド|

    イタリア、フランス、スペイン、ポルトガルは、ワイン造りにおいて、何千年もの歴史を持つ伝統国です。生産量も多く、4カ国合わせると全世界の約半分を占めるほど。そんな国々のワイン産地を一挙にご紹介します。

  • #12│”コク”って何?│杉村啓・編│コク語辞典│日本酒、ビール、そして醤油をめぐる「コクって何?」│

    #12│”コク”って何?│杉村啓・編│コク語辞典│日本酒、ビール、そして醤油をめぐる「コクって何?」│

    9月某日、松屋銀座1Fで待ち合わせした杉村啓さんは、遠目からでも「あの人!」とよくわかる「SOY SAUCE HANDBOOK(醤油手帳)」柄のTシャツ&バッグを肩にかけて佇んでいらっしゃいました。杉村さんは全国1億2千万人の醬油好きを唸らせたという『醤油手帖』の著者であり、他にも日本酒ライター、料理漫画研究家などの肩書を持つ人物です。そんな杉村さんなら「コク」を大いに語っていただけるのでは?とお聞きしたところ、「まずは実際に現場へ行ってみませんか?」と、向かった先が松屋銀座の「職人醤油」でした。というわけで、最後にお届けするのは、杉村啓さんによるコラムです。

  • #9│”コク”って何?│土田美登世・編│コク語辞典│科学的な視点から導き出した「コクって何?」│後編

    #9│”コク”って何?│土田美登世・編│コク語辞典│科学的な視点から導き出した「コクって何?」│後編

    数々の食雑誌で活躍するフードジャーナリストの土田美登世さんですが、じつは大学院では、うま味を研究していたという経歴の持ち主。そんな土田さんに、コクを科学的な視点で紐解いてもらうのが本ページ。コクの解釈は人により様々ですが、科学の面から見ると「コクとは○○だ」とズバッと切り込める要素もあります。特に、ここ20年くらいで、無味無臭ながら、味のあるものに加えると〝コクづけ〞効果を示す〝コク味〞物質が解明されたことも注目すべきこと。そんな食べ物の美味しさを引き出すコクをサイエンスな視点からお届けします。

234567
  • RESERVATION レストラン予約
  • RESTAURANT 名店案内
  • TOPICS 最新記事

GENRE SEARCH ジャンルで探す

AREA SEARCH エリアで探す

SCENE SEARCH 条件で探す

  • # 6|赤ワインと風土料理|東京の店めぐり②|オーヴェルニュ地方×シャントレル|南西フランス×コム・ア・ラ・メゾン|

    # 6|赤ワインと風土料理|東京の店めぐり②|オーヴェルニュ地方×シャントレル|南西フランス×コム・ア・ラ・メゾン|

    これより登場する東京の各店には、こんなお願いをしました。「季節が寒くなってきたため、ワインは『赤』を。合わせる料理は、そのワイン産地と同じまたは近郊の『風土料理』をご提案下さい」と。改めてお伝えすれば、「風土料理」とは“どこか特定の土地のことを伝えてくれる料理”のこと。伝統的な郷土料理も含みつつ、食材、歴史や文化など、その土地のことを知っているシェフが「風土」を表現したものであれば創作料理でも構いません。そして、今秋は「赤ワインと風土料理」をめぐり、遠い土地へ思いを馳せ、旅するように味わってみませんか? 各店の旅先(「風土料理」がテーマにする土地)のミニ情報も添えながら、フランス、イタリア、スペインの旅へご案内します。

  • # 5|赤ワインと風土料理|東京の店めぐり①|ブルゴーニュ地方×オルディヴェール|ブルゴーニュ地方×セリエ・デ・ディーム

    # 5|赤ワインと風土料理|東京の店めぐり①|ブルゴーニュ地方×オルディヴェール|ブルゴーニュ地方×セリエ・デ・ディーム

    これより登場する東京の各店には、こんなお願いをしました。「季節が寒くなってきたため、ワインは『赤』を。合わせる料理は、そのワイン産地と同じまたは近郊の『風土料理』をご提案下さい」と。改めてお伝えすれば、「風土料理」とは“どこか特定の土地のことを伝えてくれる料理”のこと。伝統的な郷土料理も含みつつ、食材、歴史や文化など、その土地のことを知っているシェフが「風土」を表現したものであれば創作料理でも構いません。そして、今秋は「赤ワインと風土料理」をめぐり、遠い土地へ思いを馳せ、旅するように味わってみませんか? 各店の旅先(「風土料理」がテーマにする土地)のミニ情報も添えながら、フランス、イタリア、スペインの旅へご案内します。

  • # 4|赤ワインと風土料理|ワイン産地ガイド|

    # 4|赤ワインと風土料理|ワイン産地ガイド|

    イタリア、フランス、スペイン、ポルトガルは、ワイン造りにおいて、何千年もの歴史を持つ伝統国です。生産量も多く、4カ国合わせると全世界の約半分を占めるほど。そんな国々のワイン産地を一挙にご紹介します。

  • #12│”コク”って何?│杉村啓・編│コク語辞典│日本酒、ビール、そして醤油をめぐる「コクって何?」│

    #12│”コク”って何?│杉村啓・編│コク語辞典│日本酒、ビール、そして醤油をめぐる「コクって何?」│

    9月某日、松屋銀座1Fで待ち合わせした杉村啓さんは、遠目からでも「あの人!」とよくわかる「SOY SAUCE HANDBOOK(醤油手帳)」柄のTシャツ&バッグを肩にかけて佇んでいらっしゃいました。杉村さんは全国1億2千万人の醬油好きを唸らせたという『醤油手帖』の著者であり、他にも日本酒ライター、料理漫画研究家などの肩書を持つ人物です。そんな杉村さんなら「コク」を大いに語っていただけるのでは?とお聞きしたところ、「まずは実際に現場へ行ってみませんか?」と、向かった先が松屋銀座の「職人醤油」でした。というわけで、最後にお届けするのは、杉村啓さんによるコラムです。

  • #9│”コク”って何?│土田美登世・編│コク語辞典│科学的な視点から導き出した「コクって何?」│後編

    #9│”コク”って何?│土田美登世・編│コク語辞典│科学的な視点から導き出した「コクって何?」│後編

    数々の食雑誌で活躍するフードジャーナリストの土田美登世さんですが、じつは大学院では、うま味を研究していたという経歴の持ち主。そんな土田さんに、コクを科学的な視点で紐解いてもらうのが本ページ。コクの解釈は人により様々ですが、科学の面から見ると「コクとは○○だ」とズバッと切り込める要素もあります。特に、ここ20年くらいで、無味無臭ながら、味のあるものに加えると〝コクづけ〞効果を示す〝コク味〞物質が解明されたことも注目すべきこと。そんな食べ物の美味しさを引き出すコクをサイエンスな視点からお届けします。

234567

Social Media

記事の更新情報を、SNSでお届け中!

  • Mm Twitter
  • Mm Facebook

Metro min. Feature

pagetop