Best Restaurant Search

エリアを選択

ジャンルを選択

  • #1「小峰敏宏」シェフのアイデンティティ

    #1「小峰敏宏」シェフのアイデンティティ

    約30mにも渡るウォークインセラーで選び抜いたワインに合わせ、日本における野菜フレンチの先駆者、小峰敏宏シェフが料理を仕上げるワインショップ併設のレストランです。

  • #1「森 茂彰」シェフのアイデンティティ

    #1「森 茂彰」シェフのアイデンティティ

    恵比寿に腰を据えて10年。1日3組限定とし、目の前のゲストと料理に集中することで最高の空間を提供している「mori」。大切な人と過ごすのにふさわしい、非日常の空間がここにあります。

  • #1「横江直紀」シェフのアイデンティティ

    #1「横江直紀」シェフのアイデンティティ

    「友人の家に遊びに来るように、気軽に訪れてハッピーな気持ちになってほしい」。そんなオーナーシェフの思いで誕生したのが、麻布十番のイタリアレストラン「ラパルタメント ディ ナオキ」です。シェフの確かな腕と持ち前のアートスティックなセンスで生み出される色気ある料理は、オープン以来、多くの美食家を魅了し続けています。

  • #3|いま・ここにある「食」の話|一流シェフも注目する“サステナブルシーフード”って何だ?

    #3|いま・ここにある「食」の話|一流シェフも注目する“サステナブルシーフード”って何だ?

    「シンシア」オーナーシェフ石井真介さんらが参加している「サステナブルシーフード勉強会」。発起人のフードライター佐々木ひろこさんに、その背景を教えていただきましょう。 ※写真は6月20日(火)に行われた、サステナブルシーフード勉強会の様子。深夜0時からのスタートにもかかわらず、仕事上がりのシェフを中心に集まってきた参加者で、会場「シンシア」の店内は満席に。

  • #2|いま・ここにある「食」の話|「シンシア」オーナーシェフ石井真介さんが考える“日本の漁業”

    #2|いま・ここにある「食」の話|「シンシア」オーナーシェフ石井真介さんが考える“日本の漁業”

    「シンシア」オーナーシェフの石井真介さんは、フランス料理が大好きで、シェフという仕事に憧れてこの道に進んだと言います。そして、今、仕事をしている中で、自然と考えるようになったのは日本の漁業のことだそうで。ここでは、そんな石井さんに、今、考えていることをお聞きしました。 SHINSUKE ISHII 1976年、東京生まれ。「オテル・ド・ミクニ」や「ラ・ブランシュ」を経て渡仏。帰国後は「レストラン バカール」のシェフを経て、2016年に「Sincére」(シンシア)をオープンさせる

  • #1|いま・ここにある「食」の話|精鋭シェフ対談:川手寛康 × 石井真介

    #1|いま・ここにある「食」の話|精鋭シェフ対談:川手寛康 × 石井真介

    「食」(食べることや食べるもの)の先は、自然、人々、文化や歴史、街や土地、生物や生命、経済や社会、世界や日本、暮らしや健康など、とにかく、あらゆるものとつながっています。つまり、「食」を入口に何らかをたどり始めると、見えてくることがあるかもしれません。かくして今月の特集は、いわば「食」をテーマにしたオピニオン特集です。料理人を中心に、日頃から「食」に携わっている方々に、それぞれの視点、それぞれの論点で“今の関心事”を話していただく対談&インタビュー(加えて、コラム)をお届けします。それぞれの話に耳を傾ければ、今ならではの価値観、次の時代の展望、そして私たちがいま・ここに生きていることの責任など、様々な想像が広がります。

  • 【SPECIAL INTERVIEW】野村萬斎が語る、新作狂言「鮎」の魅力

    【SPECIAL INTERVIEW】野村萬斎が語る、新作狂言「鮎」の魅力

    今回、メトロミニッツWEBでは2017年12月22日(金)、一夜限りで「野村萬斎新作狂言『鮎』 高級ホテル宿泊付き観劇プラン」をご用意しました。野村萬斎氏が自信を持ってお贈りする狂言の面白さとは? お話をうかがいました。

123456
  • RELEASE
  • RECOMMEND
  • NEW
    #1「小峰敏宏」シェフのアイデンティティ

    #1「小峰敏宏」シェフのアイデンティティ

    約30mにも渡るウォークインセラーで選び抜いたワインに合わせ、日本における野菜フレンチの先駆者、小峰敏宏シェフが料理を仕上げるワインショップ併設のレストランです。

  • NEW
    #1「森 茂彰」シェフのアイデンティティ

    #1「森 茂彰」シェフのアイデンティティ

    恵比寿に腰を据えて10年。1日3組限定とし、目の前のゲストと料理に集中することで最高の空間を提供している「mori」。大切な人と過ごすのにふさわしい、非日常の空間がここにあります。

  • NEW
    #1「横江直紀」シェフのアイデンティティ

    #1「横江直紀」シェフのアイデンティティ

    「友人の家に遊びに来るように、気軽に訪れてハッピーな気持ちになってほしい」。そんなオーナーシェフの思いで誕生したのが、麻布十番のイタリアレストラン「ラパルタメント ディ ナオキ」です。シェフの確かな腕と持ち前のアートスティックなセンスで生み出される色気ある料理は、オープン以来、多くの美食家を魅了し続けています。

  • NEW
    #3|いま・ここにある「食」の話|一流シェフも注目する“サステナブルシーフード”って何だ?

    #3|いま・ここにある「食」の話|一流シェフも注目する“サステナブルシーフード”って何だ?

    「シンシア」オーナーシェフ石井真介さんらが参加している「サステナブルシーフード勉強会」。発起人のフードライター佐々木ひろこさんに、その背景を教えていただきましょう。

    ※写真は6月20日(火)に行われた、サステナブルシーフード勉強会の様子。深夜0時からのスタートにもかかわらず、仕事上がりのシェフを中心に集まってきた参加者で、会場「シンシア」の店内は満席に。

  • NEW
    #2|いま・ここにある「食」の話|「シンシア」オーナーシェフ石井真介さんが考える“日本の漁業”

    #2|いま・ここにある「食」の話|「シンシア」オーナーシェフ石井真介さんが考える“日本の漁業”

    「シンシア」オーナーシェフの石井真介さんは、フランス料理が大好きで、シェフという仕事に憧れてこの道に進んだと言います。そして、今、仕事をしている中で、自然と考えるようになったのは日本の漁業のことだそうで。ここでは、そんな石井さんに、今、考えていることをお聞きしました。

    SHINSUKE ISHII
    1976年、東京生まれ。「オテル・ド・ミクニ」や「ラ・ブランシュ」を経て渡仏。帰国後は「レストラン バカール」のシェフを経て、2016年に「Sincére」(シンシア)をオープンさせる

  • NEW
    #1|いま・ここにある「食」の話|精鋭シェフ対談:川手寛康 × 石井真介

    #1|いま・ここにある「食」の話|精鋭シェフ対談:川手寛康 × 石井真介

    「食」(食べることや食べるもの)の先は、自然、人々、文化や歴史、街や土地、生物や生命、経済や社会、世界や日本、暮らしや健康など、とにかく、あらゆるものとつながっています。つまり、「食」を入口に何らかをたどり始めると、見えてくることがあるかもしれません。かくして今月の特集は、いわば「食」をテーマにしたオピニオン特集です。料理人を中心に、日頃から「食」に携わっている方々に、それぞれの視点、それぞれの論点で“今の関心事”を話していただく対談&インタビュー(加えて、コラム)をお届けします。それぞれの話に耳を傾ければ、今ならではの価値観、次の時代の展望、そして私たちがいま・ここに生きていることの責任など、様々な想像が広がります。

  • NEW
    【SPECIAL INTERVIEW】野村萬斎が語る、新作狂言「鮎」の魅力

    【SPECIAL INTERVIEW】野村萬斎が語る、新作狂言「鮎」の魅力

    今回、メトロミニッツWEBでは2017年12月22日(金)、一夜限りで「野村萬斎新作狂言『鮎』 高級ホテル宿泊付き観劇プラン」をご用意しました。野村萬斎氏が自信を持ってお贈りする狂言の面白さとは? お話をうかがいました。

123456
  • #1「横江直紀」シェフのアイデンティティ

    #1「横江直紀」シェフのアイデンティティ

    「もともと工業デザイナーを目指していて、その勉強のために大学に通っていたのですが、通いながらもこの先どうなりたいのか悩んでいました」。そう話すのは麻布十番の人気

  • #1「森 茂彰」シェフのアイデンティティ

    #1「森 茂彰」シェフのアイデンティティ

    「ちょうど僕が高校生の頃はTV番組の『料理の鉄人』が流行っていた時期。正直に言えば、少なからずその影響を受けていたんだと思います」。地元北海道の進学校に通ってい

  • #1「森田晃次」シェフのアイデンティティ

    #1「森田晃次」シェフのアイデンティティ

    高校3年の時、都心の大きなホテルのフレンチレストランでアルバイトをしたことが、森田さんにとって料理の道の始まりでした。キッチンで生まれる、見たこともないようなき

  • #1「大利吉弘」シェフのアイデンティティ

    #1「大利吉弘」シェフのアイデンティティ

    元々、割烹を始め数店舗の飲食店を経営する家に生まれた、「大とし」オーナーシェフの大利吉弘さん。将来家業を継ぐためにも、調理のことを知っておいた方が良いと考え、調

  • #1「小峰敏宏」シェフのアイデンティティ

    #1「小峰敏宏」シェフのアイデンティティ

    抱いた夢を現実に。ミシュラン3ツ星店を渡り歩く

    男3人兄弟の次男として誕生した小峰シェフ。幼少の頃からモノづくりの楽しさに夢中となり、その矛先は自然と料理

Social Media

記事の更新情報を、SNSでお届け中!

  • Mm Twitter
  • Mm Facebook

レストラン特集・キャンペーン

Metro min. Feature

pagetop