|CRAFT BEER IMPACT[6]|
日本のクラフト・ビアを応援するフリーマガジン「JAPAN BEER TIMES」とイクスピアリ産のクラフトビールのこと

表紙には「日本のクラフト・ビア・マガジン」と書いてありますが、雰囲気は何だか海外の雑誌みたいです。それはバイリン対応のため英語が目に飛び込んでくることもありますが、ページにぎゅっと詰まった文字を読み込むのが楽しい、あの感じ。内容はブルワリー訪問をはじめ、レシピ、街の紹介など、日本を中心に海外の情報も載っています。「クラフト・ビアになじみのない日本人、日本にビールを飲みに訪れる外国人旅行客、海外に美味しいビアを求めて旅する日本人、誰にも役立てる情報を載せています」。そう話す、ライ・ベヴィル編集長はアメリカの人。創刊から2年半で、発行部数は実に8倍になりました。「お店検索ができるアプリも作りました(近日オープン)。あと、これからはWEBも大きくしていきたいですね」

イクスピアリのビールが美味い! 館内中で楽しめる 「ハーヴェスト・ムーン」

イクスピアリ TEL:047-305-2525  住所:千葉県浦安市舞浜1-4 http://www.ikspiari.com/

舞浜のショッピングモール「イクスピアリ」では、地ビール「ハーヴェスト・ムーン」を醸造しており、5種類の定番ビアスタイルが楽しめます。ビール工房に直結したレストラン「ロティズ・ハウス」の他、館内11箇所の飲食店で提供中です。このビールを観光用などと、あなどるなかれ。日本で数名しかいないマスター・ビアジャッジの資格を持つブルワーが造り、インターナショナル・ビアコンペティションなど、数々の賞に輝いた優秀なビールなのです。

Text 野中ゆみ、佐藤潮

※こちらの記事は2012年7月20日発行『メトロミニッツ』No.137に掲載された情報です

更新: 2016年10月29日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop