スタイルのあるお店

|EAT GOOD[9]|
TOKYO EAT GOOD STYLE
代官山カフェ 「Bird」

信頼できる仲間とのつながりから生まれる、心地よい食の空間

買い物や散歩を楽しむ人で賑わう代官山の喧騒を抜けた、静かな一角にある集合施設の2階にカフェ「Bird」はあります。ウッドと芝を基調に、壁一面の本棚やチョークアートが目を惹くこのお店では、提供されるフードやドリンクの食材は全てスタッフとつながりのある身近な取引先から、新鮮で質の高い旬のものを仕入れています。例えば人気のサンドイッチによく合う、毎日食べても飽きないパンを作るのは学芸大学の「BOLSO」。フルーツや野菜は、自然栽培の農家を中心に生産者と直接つながり、時には自らの足で畑に行って、安心・安全な作物を仕入れる「青果ミコト屋」など、食べることへの真摯な思いを持った、信頼できる“食のプロ”たちばかり。彼らから仕入れた食材を、一つ一つ、店内で丁寧に調理しています。 また、つながりは食だけではないようで「もともと顔見知りだった人から、更に彼らの知り合いやBirdのイベントに出店した生産者さん…といった感じで、食だけでなく、様々な活動をしている人達と、どんどん輪が広がりました」と店長の山崎さん。その言葉を表すようにカウンター隣の黒板には、各食材の仕入先の名前はもちろん、店内にある本のセレクトやインテリアを手がけたクリエイター、店内BGMのセレクターまで、お店に関わったすべての方の名前がずらりと書かれています。 敢えて、こうして仕入先を開示する理由を訊ねると「お客さんにどんな食材を使っているかちゃんと説明できるのは、良いことですから。それに、この黒板がきっかけで、会話が生まれることも多いんですよ。僕たちとしても、それぞれの分野でいい活動をしている人たちをもっと知ってもらいたいという思いもあります。Birdはただおいしいものを食べるだけじゃなくて、いろいろなことが“見える”場所にしたいんです」と山崎さん。つまり、この黒板には、「Bird」をもっと楽しむための素敵なヒントが詰まっていると言えそうです。 また、お店にあるものはお客さんへの“きっかけづくり”だと語る山崎さん。「Birdのコンセプトは、『おいしいと楽しい』。そこから広がるコミュニケーションと暮らしの輪を大切にしています。初めはどんな理由でもお店を訪れて、『おいしい!』とか『楽しい!』と思ってもらえるだけで充分。その気持ちをきっかけに、どんな人が作っているんだろう?と思って、美味しさの裏にある思いを感じてもらえたら嬉しいですね。その『おいしい!』を作る生産者の思いに触れて、食べること、暮らすことを考えるきっかけになれる店でありたいです」

店長の山崎さん(左)と、パンの配送に来た「BOLSO」の大野さん(右)。お互いの仕事を信頼している雰囲気が撮影時にも伝わってきた

ビール、BGM、インテリアも誰が手がけたかわかります

フードやドリンク以外の、本やチョークアートも多彩な作り手とのコラボレーションによるもの。キッチン横の大きな黒板には食材だけでなく、コラボレートした人達の名前が書かれています。「この黒板でそれぞれのお店や作家さんを知って、彼らにアクセスしてもらうのも嬉しいです。出会いが生まれる黒板ですね」

パンは学芸大学「BOLSO」から

サンドイッチに使われるふかふかの食パン。「スタッフの大野さんは『こういう新しいサンドイッチを作りたいんだけど』という相談にも乗ってくれる。フルーツにも、食事にも合うパンはBirdにぴったり」と山崎さん

青果やお茶は「青果ミコト屋」から

ミコト屋の野菜や果物は自然栽培の農家を中心としたものなので、入荷も日によってまちまち。この日は落下晩柑と紅甘夏、熊本のほうじ茶が届きました。「定番メニューでも、ミコト屋さんから入荷がなかったら『今は、作れないんです』とお客さんに説明しています。だから今仕入れられる食材で、美味しいメニューを都度考えています」

写真上の人気メニュー「もの凄い鯖のサンドイッチ」も、山崎さんが実際に食べて『おいしい!』と思い取引を始めた干物店のサバを使用。40年以上ずっと継ぎ足し続け、熟成した漬け汁を使っているからこそのジューシーな味わい。

。内装デザインはオーナーの鈴木さんが施工。Birdの本をセレクトしている「nostos books」やコーヒー豆を仕入れている「ABOUT LIFE COFFEEBREWERS」の内装も、鈴木さんが手がけている

Bird 代官山

TEL:03・6416・5856
住所:東京都渋谷区代官山町9-10 2F
営業時間:9:00~19:00/水定休

Text:立石郁
Photo:山本尚明、高橋宗正

※こちらの記事は2016年6月20日発行『メトロミニッツ』No.163掲載された情報です。

更新: 2016年11月21日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop