Best Local Restaurants in Japan =Hokkaido=

|遠征レストラン[6]|
東京の名料理人がわざわざ赴く店?北海道編?

人はなぜ旅に出るのか。その明確な答えを持っているわけではありませんが、まずは日常から離れたことで解放感を味わえることがあると思います。一方、知らない土地の中で緊張感を感じることもあります。その期待と不安を抱えた心のまま、“美しい”、“楽しい”、“美味しい”ものと出逢うとさらに感動できたりするのかもしれません。

ただ、これまでは美しい観光地や楽しいアクティビティが目的で旅をしていた人が多いかと思いますが、今度は美味しいものを味わうために旅してみるのも素敵ではないでしょうか。そこで、今月は「わざわざ東京から遠征しても行きたい地方の名店」をご紹介する特集をお届けします。

ずらり掲載しているお店は、すべて東京の名料理人90名に教えていただいた全171軒。料理人の方々なればこそ美味しさはお墨付きで、夏休みの計画をこれから立てる方は旅のヒント集として、是非ご活用ください。

|018|北海道・札幌市【フランス料理】Le Musee

北の大地が、四季が、料理に宿る! シェフの手がけた芸術作品

オーナーシェフの石井誠さんは単なる料理人ではなく、いわば時間と空間の演出家。道産食材に込められた生産者の想いを尊重しながら、その長所を活かした調理法、美術品さながらの盛り付け、テーマ性のあるメニュー構成で、四季折々に移ろう北海道の自然を表現しています。そんな唯一無二の料理を中心として、音楽やインテリア、サービスに至るまでこだわり抜き、石井さんの世界観を表現し尽くした集合体、それが「ル・ミュゼ」。フランス語で〝美術館?を意味する店なのです。コンセプトの〝食とアートの共存?を、ぜひ五感で楽しんでください。

住所:北海道札幌市中央区宮の森114320
電話:0116406955

|RECOMMENDER|

TAKAZAWA
高澤義明さん
味わいだけでなく、見た目にも感動したお店。吟味した地元の素材を用いて、自分らしい表現をしている料理がとにかく素晴らしかったです。


山田チカラ
山田チカラさん
北海道産の新鮮な食材を使ったクリエイティブな料理が楽しめます。石井さんは、今、最も頑張っていると言える若手シェフではないでしょうか。

Text:sweet thick omelet、小寺慶子、effect(佐藤潮、荒井しんご、平岡あみ)

※こちらの記事は2015年8月20日発行『メトロミニッツ』No.153に掲載された情報です。

更新: 2016年11月4日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop