小粋で優雅なプラチナタイムへスイッチする

|21時からのファインダイニング[4]|
hortensia[麻布十番]フレンチ【閉店】

料理の組み合わせはいかようにも!たとえ毎晩でも飽きずに通えるフレンチ

写真左は「蝦夷鹿の岩塩包み焼き 洋梨の赤ワイン煮 5種ベリー・ヴィネガーソース」 2,750円とフォアグラを5種類の料理をデザート風にアレンジした「冷製フォアグラのヴァリ エーション デセール見立て」1,890円。写真中央の「モンブラン」をはじめ、元パティシエ の古賀シェフが腕をふるって作るデザートは見た目も味もどれも逸品。

夜遅い時間に無性にワインとフレンチ な気分になったなら、向かうべきは麻布 十番にある「オルタシア」。シェフの古賀 哲司さんはパティシエ経験もあるため、 夜ごと目でも舌でも楽しめる、絵画の ように美しい料理の数々が提供されてい るのです。

平常時は8400円と1万 5750円の2本のプリフィクスのみで すが、 21 時からはアラカルトタイムがス タート。そのメニューは前菜からメイン まで合わせると常時 25 ? 30 種類はある という豊富さです。 「食べたい料理はその日の体調や天候に よって変わってくるもの。できるだけメ ニューが多いほうが、気分に合わせて料 理を楽しんでもらえるかと思ったんで す」と語る古賀シェフ。

ちなみに、オス スメは、シェフの「いろいろ楽しんでほし い」という精神が存分に反映された「ヴァ リエーション」シリーズ。フォアグラなど の1つの素材をテーマに、ソテーやムー ス、マリネなど何種類もの1口サイズの 料理に仕立て、1皿にギュッと凝縮。 次はどれを食べようか、思わず目移り してしまいます。

そして、店内壁一面にずらりと並ぶワ インセラーから察する通りワインの豊富 さも忘れてはいけません。ワインスクー ル・アカデミー デュ ヴァン講師も務める ソムリエの方が料理に合う1杯をさり げなくオススメしてくれます。

数十種類 の料理とカリフォルニア、フランス中心 に世界中から集めた約200種類のワ インの組み合わせは、まさに無限大。 月に何度も顔を出す常連さんがいるの も頷けます。

■a la carte■
《HOUR》21:00~22:00LO
通常は8,400円と 15,750円のコース2本
予算目安:6,000円~
(例)前菜+メイン +ワイン1,2杯




=夜のお楽しみ=
★アラカルトタイムは21時からですが、お客さんの状況 によっては19時ぐらいからスタートしてくれることも。

★腹ペコ時にオススメなのは、メイン3品をシェア!な んて楽しみ方ができるのもこの時間ならでは。

★ワインのラインナップが大変豊富。グラスワインだけ でも十数種類あるので、1人でもいろいろ試せます。

Text:藤村はるな
Photo:花村謙太郎

※こちらの記事は2013年12月20日発行『メトロミニッツ』No.133に掲載された情報です。

更新: 2016年9月11日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop