小粋で優雅なプラチナタイムへスイッチする

|21時からのファインダイニング[5]|
saluce[六本木]イタリアン

おつまみから高級食材ガッツリまで。深夜まで愉しめる野菜たっぷりイタリアン

右の写真はインサラータsaluce~シンプルなサラダ1,000円、フランス産鴨胸肉のロースト3,000円、上段中の写真はピエモンテ産グレートリュフのボロネーゼ3,000円(内容や価額は入荷状況に応じて変更)。イタリア中心に約100種を揃えるワインはグラス1,000円~、ボトル5,000円~。オープンキッチンを配したシンプルモダンな空間です

オーナーシェフを務めるのは、某人気イタリアンの料理長を経て独立した佐藤光さん。外観からは中の様子がわからず一見入りにくいのですが、これが入ってみると驚くほど居心地がいいお店なのです!ホームページなどで大々的には公開していないのですが、訪れてみるとアラカルトメニューが!!一度訪れた人しか知らない特権です。「料理は旬の食材の持ち味を活かし、最高の状態で提供する」がコンセプトで、肉、魚のメインディッシュやトリッパの煮込みなどの定番料理にも野菜がたっぷりと入るのが特徴です。使用するのは神奈川の海沿いに住む佐藤シェフのご両親が丹精こめて作る採れたての和洋野菜が中心。素材本来の瑞々しい風味にハッとする美味しさです。メニューには単品でもオーダーできるコース料理とアラカルトがずらりと並びますが、それだけではありません。例えば「肉料理2種類を1人前で」といった量の調節はもちろん、材料さえあれば柔軟に対応してくれるフレキシブルさ。「会話ができると要望が見えて対応しやすいので、好き嫌いとか『こんなパスタできる?』とか食べたいものを遠慮なく言ってほしいですね」と佐藤シェフ。用途も多彩で、サラダとパスタで晩ご飯、トリュフやキャビアなどその時期だけの高級食材をアラカルトで堪能したりと、深夜まで営業しているのでワインバー的に使ってもOK。なにより「使い勝手良く利用してください!」という佐藤シェフのスタンスが心地良く、1人客からグループまでリピーター続出中です。

■alacarte■
《HOUR》19:00~翌2:00LO
通常6,500円、10,500円~おまかせコース2本
予算目安:5,000円~10,000円
(例)メイン+パスタ+ワイン1,2杯(見出し)




=夜のお楽しみ=
★トリュフなど高級食材のアラカルトは、カップルだけでなく自分へのご褒美に頼む男性客に人気だそう。

★アラカルト注文が増えるのは21時以降。「深夜まで新鮮な野菜をしっかり食べられる」とサラダの需要高し。

★カウンターがないので、1人の方も居心地がいいようにスタッフがテーブルまで話しに来てくれます。

saluceサルーチェ

住所:
東京都港区六本木6-7-15
永和ビル1F
TEL:
03-6459-2588
営業時間:
18:00~24:00(L.O. 23:00 定休日 日曜 ※当日までに要予約
URL:
http://www.saluce.net/

Text:松本典子
Photo:片桐圭

※こちらの記事は2013年12月20日発行『メトロミニッツ』No.133に掲載された情報です。

更新: 2016年10月20日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop