COFFEE AND TOKYO # 13

神田錦町~丸の内

Photo:菊池良助
Styling:服部裕子
Hair&Make:ワタナベツヨシ(A.K.A.)
Text:船橋麻貴
Illustration:小谷慶大

「ちょっと背伸びして入った大人な雰囲気のカフェで聞きたいナンバーは、ジョン・メイヤー『Still Feel Like Your Man』」。情報の果実を土曜の午後にたっぷり収穫してお届けする、J-WAVE『FRUIT MARKET』ナビゲーターの横山エリカさんは、神田錦町の「GLITCH COFFEE&ROASTERS」へ訪れて、1杯のコーヒーを飲んだ。そして、普段はあまり飲み慣れない浅煎りコーヒーとともにちょっと大人の時間を味わったようで。ジョン・メイヤーが似合う街、神田錦町を歩いてみましょう。

tokyo coffee sanpo
神田錦町 ~丸の内

ロングシャツ7,400 円、リメイクデニムパンツ10,000 円(ともに Factor = Tel03・3479・8747)、その他スタイリスト私物。

NAVIGATOR

ERIKA YOKOYAMA/横山エリカさん

「ちょっと背伸びして入った大人な雰囲気のカフェで聞きたいナンバーは、ジョン・メイヤー『Still Feel Like Your Man』」。情報の果実を土曜の午後にたっぷり収穫してお届けする、J-WAVE『FRUIT MARKET』ナビゲーターの横山エリカさんは、神田錦町の「GLI TCHCOFFEE&ROASTERS」へ訪れて、1杯のコーヒーを飲んだ。そして、普段はあまり飲み慣れない浅煎りコーヒーとともにちょっと大人の時間を味わったようで。ジョン・メイヤーが似合う街、神田錦町を歩いてみましょう。

with music/
Still Feel Like Your Man/ジョン・メイヤー

現代の3大ギタリストに選ばれた世界的シンガー・ソングライターのジョン・メイヤー。『Still Feel Like YourMan』は2017年1月リリースのアルバム『The Search for Everything』およびEP『The Search for Everything:Wave Two』に収録。

J-WAVE 81.3 FM 土曜 15:00-17:00
FRUIT MARKET [ナビゲーター:横山エリカ]

キニナル、アレコレ、マトメテ、オトドケ! 情報の果実を土曜の午後に
たっぷり発信しています。話題はトレンドからエンタメ、スポーツ、グルメ、
恋愛まで。

「グリッチコーヒー アンド ロースターズ」Tel03・5244・5458 東京都千代田区神田錦町3・16 香村ビル1F 平日7:30~20:00、土・日9:00~19:00 無休。右/エチオピア、グァテマラ、ケニアなど5種類のシングルオリジンを用意する。

GLITCH COFFEE& ROASTERS

オーナーの鈴木清和さんが「GLITCH COFFEE&ROASTERS」 をオープンさせたのは2015年のこと。

豆の個性と果実味を斬新に引き出した、硬派な浅煎りコーヒー

「私は普段、深煎りで苦みのあるコーヒーをよく飲むんですが、それと最も真逆の味わいのコーヒーをください」。神田錦町「GLITCH COFFEE&ROASTERS」に一緒に訪れた、J-WAVEナビゲーターの横山エリカさん。実にナイスなオーダーの仕方です。出てきたのは、ケニア。「ケニアが一番特徴的でわかりやすいと思うんですが、ドライトマトやカシスのようなフレーバーを感じませんか?」とは、オーナーの鈴木清和さん。“ 産地表現”。鈴木さんが最も大切にしているものが、それなのだそう。産地表現、すなわち豆本来の味わいをグイッと引き出すために、鈴木さんは自分流で様々な挑戦をしています。「ドリッパーの内側にあるリブにもお湯を当てるし、お湯の温度は低めの86℃。豆の味わいを100%抽出するためには、コーヒーの常識さえも覆してしまえばいいと思っているんです」。

鈴木さんは足繁く世界各地の農園に赴き、生豆を選定し、火力調整などをデータ管理して徹底的にこだわりながら、店内の焙煎機でローストするところまでを自ら手掛けています。そして、GLITCH COFFEE&ROASTERSのコーヒーは「日本で一番焼いていない」と自負するほど、思いっきり“浅煎り”。「何千メートルもの山を何度も行き来し、苦労を重ねて豆を育てる生産者の仕事ぶりを見たら、彼らの豆のポテンシャルを全て引き出してあげたいと思うんです。だから、豆の個性や果実味を表現できる浅煎りで仕上げるのは必然でした」。コーヒーは、本当は“豆”ではなく“果実”。繊細な果実の味や香りを生かしておくにはローストしすぎない方が良いというのです。そんな鈴木さんは、バリスタ世界チャンピオンの店で約12年間チーフバリスタやヘッドロースターを務めたほか、国内大会優勝という経歴の持ち主。コーヒーはどんな存在ですか? そう質問を投げかけてみると、「人生そのものですね」とスッと答えが返ってきます。「新しい豆が来た時、どんな火の入れ方、どのくらいの時間をかけて焙煎すれば、豆の味を生かせるかって考えている時が最高に楽しい。このコーヒーの魅力にとりつかれたら、もうやめられないですよ(笑)」。鈴木さんのコーヒー愛に満ちた1杯を求めて、たくさんの人が往来する繁華街でもない神田錦町に今日もコーヒー通からプロまでが次々と訪れます。「ここ最近、サードウェーブが起こったり、いわゆるコーヒーブームが続いていますが、僕はこれを一過性のもので終わらせたくなくて。だから、この街(神田錦町)に店を出しました。ここには何代も続く老舗や古書店もありますが、実は“大学の発祥地”なんです。かつて大学や文学とともにあった歴史があり、そのため今も日本特有の喫茶文化が残っていて、流行に流されないという空気がありますよね。長くお店を続けるのは難しいこと。だからこそこの地に根付いていけたら、ずっとお店を続けられる気がしています」

左/週3回ほど稼働する焙煎 機は、店内の一角に。「豆をより深く知ってもらえたら」との思いで、同業のバリスタに焙煎環境を提供する「シェ アロースタープロジェクト」も行う。
NAVIGATOR/横山エリカさん
ドイツ人の父、日本人の母を持ち、英語もドイツ語も操るトリリンガル。2009年よりモデ ルとして活動をスタートし、現在では雑誌や広告、テレビ、ラジオなどで活躍する。 J-WAVEでナビゲーターを務める番組『FRUIT MARKET』は、2016年10月よりスタート。

tokyo coffee sanpo
神田錦町 ~丸の内
START/GLITCH COFFEE&ROASTERS

都会のグリーンスポットに癒やされながら オフィス街を再発見コース

「GLITCH COFFEE&ROASTERS」を出て、右へ行けば神保町。古本屋めぐりももちろんとても素敵です。でも、コーヒー散歩ならダンゼン左がおすすめ。進めば大手町、丸の内へとつながっています。この辺りはオフィス街というイメージがありますが、実は緑豊か。日本橋川あり、皇居あり、緑道や公園もあれば、森まである。また、レトロなビルも近代的なビルも入ってみれば、それぞれ個性的で面白い。神田錦町~丸の内までのコーヒー散歩、トライアルコースをご紹介します。

①FESTINA LENTE(フェスティーナ・レンテ)
散歩のスタート地点「GLITCH COFFEE&ROASTERS」と同じビルの2Fにある雑貨店。アンティークの什器に、1970年代のデッドストックの器や、アール・デコの世界観を取り入れた国内作家のアクセサリーなどを並べるのは、「古いものを残したい」という思いから。
Tel03・5577・3071 東京都千代田区神田錦町3・16 香村ビル2F

②竹尾 見本帖本店/美篶堂ショップ
1Fは1899年創業の紙の専門商社「竹尾」のファインペーパーが買えるショップ。2Fはショールームと手製本の工房「美篶堂ショップ」が併設されている。なお、1Fも2Fも土・日・祝日は定休日なのでご注意を。
Tel03・3292・3669 東京都千代田区神田錦町3・18・3 錦三ビル

2F 日本タイポグラフィ年鑑
2017作品展[5月19日(金)まで]美篶堂ショップいわば「文字」の作品展。文字やシンボルマークなどのデザインの発展を目指す日本タイポグラフィ協会が、国内外から募集した作品の中からグランプリやベストワーク作品を選出して展示しています。入場無料ブロックメモから上製ノート、豆本カードスタンドまで、手製本の工房「美篶堂」のオリジナルのステーショナリーが購入できる。手製本のワークショップの開催も。
Tel03・5282・3265

③大手町川端緑道
上空を首都高速に覆われている日本橋川に沿いにつながる緑道で、東京らしい風景と自然が楽しめる。緑道の入口にある、江戸時代の地図と現在の位置関係を重ね合わせた案内図も必見。

④大手町カンファレンスセンター
日経ビル、JAビルなど、いくつかの施設から成る「大手町カンファレンスセンター」。平日なら、日経新聞やNIKKEI NETなどを閲覧できる「SPACE NIO」、里山の風景を再現した空中庭園「スカイガーデン」などが立ち寄りスポットにおすすめ(土・日・祝定休)

⑤よいまち
今年2月にオープンした、大手門タワー・JX ビル、大手町パークビルにまたがるB1~1Fのショップ&レストラン。B1Fにあるセルフの立ち飲みスペース「たまり場」は、たまり場参加店舗からテイクアウトしたフードやドリンクを自由に持ち込みできる(平日17:00~、土は各店へ要問い合わせ)

⑥平将門首塚
平将門の首を祀る塚。平将門の乱で敗れた将門の首が飛び立ちこの地にやってきたことから、数奇な出来事が起こったとされる。その反面、勝運を上げるパワースポットとしても有名。

⑦大手町の森
商業施設(OOTEMORI)やラグジュアリーホテル(アマン東京)が入る大手町タワーには、敷地の約3分の1を「大手町の森」が占めている。大手町という、都会のど真ん中でプチ森林浴ができる。

⑧iiyo!! (イーヨ!!)
多彩な26店舗が入る商業ビル。ランニングストア「THE NORTH FACE FLIGHT TOKYO」や、イタリアの自転車ブランドBianchiのショップなどもあり、スポーツ好きにも嬉しい立ち寄りスポット。

⑨新丸ビル
散歩のゴールは、この4月27日で10周年の「新丸ビル」。続きは次のページへ!

MAP テラススクエア エントランス
コーヒーコレクション around 神田錦町
2017 SPRING 開催

日時:4月22日(土)、23日(日) 11:00~18:00

まもなく「GLITCH COFFEE&ROASTERS」がプロデュースするコーヒーイベントが開催に。各日、国内外のロースターが同じ抽出器具を使って、至極の1杯を提供します。同条件でも焙煎や抽出の技術の違いで味わいが異なることを、じっくり味わうことができます。

4.22 discover
有名バリスタによって選出されたコーヒーロースター「FINETIME COFFEE ROASTERS」(東京)、「Mesh Coffee」(韓国)、「SASA COFFEE」(福岡)など5店が出店。

4.23 coffee shopS
世界最高峰の1杯を提供する国内外のコーヒーロースターが登場する。出店は、隣のページの「GLITCH COFFEE&ROASTERS」や「TRUNK COFFEE」など全5店。


会場:テラススクエア エントランス内(東京都千代田区神田錦町3・22)
参加料:全店1杯500円
※当日は、各店のコーヒーを飲み比べできる「5 cups TICKET」(1,000円)も多少用意お問い合わせ:コーヒーコレクション実行委員会(EDITORY神保町)
Tel 03・3263・0202(平日10:30~19:30)

※こちらの記事は、
2017年4月20日発行『メトロミニッツ』No.174に掲載された情報です。

更新: 2017年12月15日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop