COFFEE AND TOKYO # 7

1杯で2kmくらい歩いてみよう
コーヒーと行く!
東京の知らない街さんぽ

Text:河島まりあ、船橋麻貴
Photo:野呂美帆、花村謙太郎、奥山智明

東京で暮らしていても行ったことのない街って意外と多いもの。そこで、コーヒーをきっかけにそんな街に出かけてみませんか? 1杯のコーヒーを片手に街を2kmくらい歩いてみて。ここではメトロミニッツおすすめの街と、散歩中に訪れてもらいたい半径2km以内の立ち寄りスポットをご紹介。最初は武蔵小山&西小山から!

「COFFEE VALLEY」
からはじまる池袋

「コーヒーバレー」Tel03・6907・1173 東京都豊島区南池袋2・26・3 8:00~22:00、土・日・祝9:00~22:00

繁華街のあるにぎやかな街ながら、少し離れた場所には公園や住宅地も。COFFEE VALLEYのすぐ近くにも南池袋公園があり、意外にのんびりとした時間も過ごせる。

池袋でゆったりと
スペシャルティコーヒーを

3フロアある店内では思い思いの時間が過ごせ、打ち合わせなどの仕事をする人の姿も。

スペシャルティコーヒーを出すお店がなかった池袋。そこに2014年11月にオープンしたのが「COFFEE VALLEY」です。以前はロースタリーから取り寄せた豆を使っていましたが、「お店ならではの味を表現したい」と、昨年の1月から自家焙煎した豆を使っているそう。生豆の特徴に合わせて焙煎度合いを変えており、「大切にしているのは酸味と甘みのバランスです」と店主の小池司さん。コーヒーは1種、エスプレッソは2種と、その日によって豆のラインナップが異なります。そのため豆ごとの飲み比べはできませんが、エスプレッソ、マキアート、ドリップの3種が楽しめるセットで、抽出方法で異なる奥深いコーヒーの世界が楽しめます。

2km SPOT

【和菓子】
すずめや

はちみつが練りこんであるしっとりもちもちの生地で餡を包んだ、優しい甘さのどらやき180円が評判。Tel 03・5391・0196 東京都豊島区南池袋2・18・5

【書店】
天狼院書店

「READING LIFE~本を通した体験~」をコンセプトに、ゼミや部活などを行う書店。Tel 03・6914・3618 東京都豊島区南池袋3・24・16 2F

「SOL'S COFFEE STAND」
からはじまる蔵前

「ソルズコーヒースタンド」Tel090・6496・5661 東京都台東区蔵前3・19・4 8:00~15:00、土・祝10:00~17:00 日定休。

元々問屋の多い街で、最近は東東京カルチャーの代表的なエリアに。新しいお店も多いので、コーヒーをゲットしたらあえて目的を持たずに巡って、偶然の出合いを楽しんでみては?

体に優しいコーヒーで
蔵前の街に寄り添う

1杯ずつハンドドリップで淹れるコーヒー380円。専門店にも関わらずリーズナブルなのは、毎日飲んで欲しいという思いから。

路地裏の小さなスペースで営業する「SOL'S COFFEE STAND」。持ち帰る人もいますが、ベンチで店員や仲間と会話を楽しむ人も多く、まさに地元の人が集う憩いの場。「お客様の理想とする1杯を提案するため、産地や焙煎度合いなど多彩な豆を用意しています」とオーナーの荒井利枝子さん。また、毎日飲んでもらえるよう「体に優しい」ということもテーマだそう。そのため、鮮度の良いニュークロップの豆を使うことや、カビや焦げのある豆を取り除くハンドピックは欠かせないと言います。焙煎は浅草橋にある姉妹店「SOL'S COFFEE ROASTERY」で行っており、こちらはカフェスタイルのためリラックスして過ごせます。

2km SPOT

【洋服と生活雑貨】
WEEKENDER SHOP 
「ALL ABOUT LIFE」をテーマに選んだプロダクトが揃う。Tel 03・5825・4609 東京都台東区蔵前3・18・7 1F

【フラワーショップ】
こめて 

「植物と暮らす」がテーマの花と緑のライフスタイルショップ。Tel 03・3866・5287 東京都台東区蔵前3・18・1 MKマンション1F

「FINETIME COFFEE ROASTERS」 からはじまる経堂

「ファインタイム コーヒー ロースターズ」Tel03・5799・4130 東京都世田谷区経堂1・12・15 12:00~19:00 月定休(祝日の場合は翌日休)

学生街としての活気と落ち着いた住宅街、2つの顔を持つ経堂。多彩なお店が揃う農大通りやすずらん通りといった商店街の散策しつつ、緑道や馬事公苑へ足を伸ばすのもおすすめ。

コーヒーが苦手な人をも虜にする
フルーティーな1杯を

「地域に根付くお店にしたい」と店主の近藤さん。これからの季節は外ベンチ席が人気。

「世田谷区内でお店を作りたいと考えていた時にこの物件に出合い、一目見て良いなと思いました」と店主の近藤剛さん。築60年の古民家をフルリノベーションしたお店は、柱や天井に木のぬくもりが残る爽やかな雰囲気があります。こちらのコーヒーの特徴は、本来果物であるコーヒーのフルーティーな味わいが楽しめること。焙煎はあえて浅煎りにし、味わいを引き立てるエアロプレスで淹れることで、甘さのある心地よい酸味を感じられるようになりました。実は近藤さんは、昨年のジャパン・エアロプレス・チャンピオンシップに3位入賞した実力者。近藤さんが研究したレシピで淹れることで、より豆そのものの果実味が堪能できます。

2km SPOT

【ベーカリー】
onkä 

表参道の「パンとエスプレッソと」を立ち上げたパン職人・櫻井正二さんが2011年にオープン。Tel 03・6318・7184 東京都世田谷区桜1・66・5

【文具】
ハルカゼ舎

国内外から集めたかわいくてどこか懐かしい文具や、作家さんが作ったユニークなものまでを販売。Tel 03・5799・4335 東京都世田谷区経堂2・11・10

※こちらの記事は、
2017年4月20日発行『メトロミニッツ』No.174に掲載された情報です。

 

更新: 2017年12月15日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

他のFEATURE記事を見る

おすすめ記事を見る

他のFEATURE記事を見る

おすすめ記事を見る

pagetop