COOFFEE AND TOKYO # 5

1杯で2kmくらい歩いてみよう コーヒーと行く! 東京の知らない街さんぽ

TOKYO COFFEE SANPO
「MUTO coffee roastery」
からはじまる中野
「PASSAGE COFFEE」
からはじまる三田

Text:河島まりあ、船橋麻貴
Photo:野呂美帆、花村謙太郎

東京で暮らしていても行ったことのない街って意外と多いもの。そこで、コーヒーをきっかけにそんな街に出かけてみませんか? 1杯のコーヒーを片手に街を2kmくらい歩いてみて。ここではメトロミニッツおすすめの街と、散歩中に訪れてもらいたい半径2km以内の立ち寄りスポットをご紹介。最初は武蔵小山&西小山から!

TOKYO COFFEE SANPO GUIDE

・名前は聞いたことがあるけど、
行ったことのない街に訪れるチャンス
あえて普段行く機会がない街に出かけよう。コーヒー片手に街をぐるりと巡れば新たな発見があるはず。
・radikoやお気に入りの音楽など、
散歩のおともも忘れずに用意を
スマホでラジオが聞けるradikoや、好きな音楽を用意しておけば、東京コーヒー散歩がグッと快適に。
・1軒のコーヒーショップを起点にして
2kmくらいのエリアを目途に
準備ができたら、お好みのコーヒーをテイクアウトして、いざ街へ。1杯で半径2kmくらい歩いてみよう。

「MUTO coffee roastery」
からはじまる中野

「ムトウ・コーヒー・ロースタリー」Tel03・6382・5439 東京都中野区中野3・34・18 11:00~20:00 木定休

駅前には活気のある商店街が連なり、サブカルのイメージが強いが、実はおしゃれなお店や中野セントラルパークなど新しい施設も増えてきているエリア。街歩きには中野通りや哲学堂などの中野民に親しまれているスポットもぜひ。

対話によって世界が広がる
路地裏のロースタリー

テイクア ウトのコーヒーは486円、ベイクドチーズケーキ450円。

「何か始めるなら中野だな、と。やるからには、中野で一番良いコーヒーを提供したいと思っています」と語るのは、中野で生まれ育った店主の武藤修一郎さん。豆はスペシャルティコーヒーの中でもオリジナリティがあるもの、生産者が明確に分かるものをセレクト。豆自体の個性を引き出すように自家焙煎し、ハンドドリップで淹れています。そのラインナップはと言うと、ブレンドは約5種、シングルオリジンは約15種で、お客さんの味の好みを伺いながら提案しているそう。「初めは詳しくなかったお客さんが、『この前の豆はこうだった』なんて評価をしてくるようになりました」と武藤さん。コーヒーだけでなくお客さんとも向き合っているからこそ、それぞれが好きな1杯と出合える…。コーヒー好きの増加に一役買っていそうなお店です。

写真左は、店主の武藤さん。愛用している鎚起銅器のポットは、燕三条で作ってもらったものだそう。店内には、ゆっくりとした時間が流れる。

2km SPOT

[複合施設]
中野セントラルパーク

中野四季の森公園に隣接する飲食店やショップ、オフィスなどが揃うスポット。週末には広場でフリーマーケットや手作り市などのイベントが開催さており、多くの人が集る。
東京都中野区4・10・1(セントラルパークイースト)、4・10・2(セントラルパークサウス)

[大判焼き]
おやき処 れふ亭

中野駅北口からすぐの大判焼き専門店。小倉あんこやカスタードクリームといった定番のほかに、マヨネーズ入りソーセージや焼き芋あんこといった変わり種も。大判焼きは1つ120円~。
Tel 03・3387・3048 東京都中野区中野5・63・3

[古書店]
古本案内処

荻窪「ささま書店」出身の店主が2015年オープンした古書店。多彩なジャンルの古書が揃っており、中野散歩のおともにぴったりな良い出会いがありそう。夜は9時まで営業しているのも嬉しい。
Tel 03・3228・1005 東京都中野区中野5・50・6

「PASSAGE COFFEE」
からはじまる三田

「パッセージコーヒー」Tel03・6809・3353 東京都港区芝5・14・16 大正堂ビ ル1F 7:30~19:00、土・日・祝9:00~19:00 無休

オフィス街ながらマンションなどの住宅も多く、また慶應大学三田キャンパスもあり、平日は様々な人が行き交う。コーヒーを片手に東京タワーや芝公園などを散策した後は、慶應仲通り商店街などコスパ◎の飲み屋街を楽しむのも良さそう。

新たなコーヒー発信地で
エアロプレスの1杯を

お湯の温度が1℃ずれるだけで味も変わるため、 丁寧にコーヒーを淹れる佐々木さん。

3月19日にオープンしたばかりの「PASSAGE COFFEE」は、2014年のワールド・エアロプレス・チャンピオンシップで優勝した、佐々木修一さんによるお店。ゆえに注目したいのは、エアロプレスで淹れた1杯。豆の味わいが引き出されやすい淹れ方だからこそ、豆は産地特性が表現できるものをチョイスしているそう。「そこそこのものではなく、おいしいコーヒーをもっと知ってもらいたい、それを日常的に楽しんでほしいと思っています。そのために、お店を始めるならコーヒーが生活の一部になっているビジネスマンが多い、オフィス街を選びました」
(佐々木さん)。実際、朝の1杯を通勤途中に買う人や、ランチ後に立ち寄って食後の1杯を飲む人も多く、オープンからまだ1カ月ですが、着実にファンを増やしているようです。

エアロプレ ス490円、クロワッサン320円/写真右 フードは近くの ブーランジェリー ア・ラ・ドゥマンドのもの。

2km SPOT

[スイーツ・惣菜]
nikoi

国産のオーガニック食材を主に使った料理が自慢。ベジタリアンやノンミートイーター、アレルギーなどに対応した体に優しいサンドイッチやスイーツがラインナップ。イートインスペースでもいただける。
Tel 03・6435・4745 東京都港区芝3・16・11 プラシードアープ1F

[ベーカリー]
ブーランジェリー ア・ラ・ドゥマンド

近隣の住民に愛されている「ビストロ ア・ラ・ドゥマンド」のベーカリーで、旬の食材を使った個性的なパンが人気。テラス席ではイートインもできる。
Tel 03・6435・1098 東京都港区芝浦2・16・11オアーゼ芝浦1F

[公園]
芝公園 

日本で最も古い公園のひとつ。美しく整備された園内は緑が多く、桜の名所としても有名。また、増上寺や芝東照宮もすぐ近くにあり一緒に楽しむことも可能。絶好の東京タワービュースポット。
Tel 03・3431・4359 東京都港区芝公園4・8・4

※こちらの記事は、
2017年4月20日発行『メトロミニッツ』No.174に掲載された情報です。

更新: 2017年12月15日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

他のFEATURE記事を見る

おすすめ記事を見る

他のFEATURE記事を見る

おすすめ記事を見る

pagetop