TOKYO BEERNISTA 2017#8

東京ビールの店 ガイド 2017

「good sleep baker」
「OHSAKA THE BESTDAYS」
「GOOD TOWN BAKEHOUSE」

Text:立岡美佐子(effect)
Photo:花村謙太郎、野呂美帆

ビールと料理を組み合わせて愉しもう
個性豊かなビールがあり、それにぴたっとはまる料理がある。そんな口福の時間を過ごせる注目店をご紹介します。ビアニスタの皆さま、ぜひご体験を!

松陰神社前 ビール×パン

「good sleep baker」

「グッド スリープ ベーカー」
Tel 050・7128・3201
東京都世田谷区世田谷4・13・20松陰PLAT1F・D
17:00~25:00、日15:00~23:00 水定休。
クラフトビールは生樽が常時3タップで、それがなくなり次第入れ替えとなる。ビールはすべて国産にこだわり、店主が試飲して美味しいと思ったものをセレクト。来店する度にいただけるビールが変わるところもこのお店の魅力の一つ。

楽しく飲んでぐっすり眠れる
お酒が飲める“夜のパン屋”

「夜に立ち寄れるパン屋があったらいいのに、と友達と話していたのがきっかけでこのお店をはじめました」。そう語るのは店主の小林由美さん。もともとパン作りとクラフトビールが大好きで、いつかお店を持とうと考えていたそうです。パンとクラフトビールという組み合わせについては「どちらも酵母と麦を使っていますよね。材料が一緒なのだからきっと合うはず、と思いました」。提供するパンは7、8種類。それぞれに夜のパン屋らしいこだわりがあります。例えば「キャラウェイとゴーダ(写真左・250円)」はチーズとキャラウェイをパン生地に練り込んで焼きあげたもので、キャラウェイのスパイシーかつ爽やかな香りがビールとの相性抜群。また、フランスパンにパクチーとベーコンを挟んで焼きあげた「パクチーベーコン(写真右・300円)」もパリパリ、モチモチしたパンとこんがりと焼けたベーコンがお酒のつまみに最適です。オートミール入りの生地にクリームチーズとセミドライのバナナを入れた「クリームチーズとバナナ(写真中央・250円)」は、少し甘めのクラフトビールとピッタリ。このように、どのパンもビールと一緒にいただくことで、より美味しく感じられるのです。お店では3タップの樽生クラフトビールを用意しており、なくなり次第、新しい種類に変わります。ビールは全て国内産。「国産にこだわるのは、新鮮さが一番の理由です。あとは作り手との距離の近さ。醸造されている方の思いを聞くことで、よりそのビールが大切な存在になるんです」と小林さん。「店名(good sleep baker=略称ぐっすり)の通り、一日の終りに立ち寄っていただき、パンとビールで楽しい時間を過ごして、いい眠りについていただきたい。それが私の理想ですね」

[BEER PROFILE]

三鷹 Imperial IPA
(取材時はPint 1,200円、Half Pint 700円)
生産地:日本 スタイル:IPA
アルコール度数:8.0%
通常の約2倍のモルトと約3倍のホップを使用。シトラス系ホップの苦味とハーブ系ホップのジンジャーや松のような香りが特徴的。※取材時のおすすめビール。常時入れ替わり有。

Menu
お店のパンは、そのほとんどがクラフトビールに合うように作られている。また、小麦の味を最大限にまで引き出せるように長時間低温発酵をしているため、時間が経ったあとでも美味しくいただける。クラフトビールは常時3種類。全て国産にこだわり、店主が実際に飲んで美味しいと思ったものや、気になったビールをセレクトしている。スタンダードな味わいのものから、果物やジンジャーなどを使用した個性的な種類までバリエーション豊かなのも嬉しいところ。

中目黒 ビール×餃子

「OHSAKA THE BESTDAYS」

「オウカ ザ ベストデイズ」
Tel 03・5708・5873
東京都目黒区東山2・4・8
18:30~24:00(23:00LO)日・祝定休。
インスタグラムID @ohkathebestdays
HP: http://www.ohka.tokyo/
ビールはタップ最大5種類、瓶多数。主な取扱いは、GIGANTICブルワリー、志賀高原ブルワリー、UPRIGHTブルワリーなど。

ルーツのある餃子と個性派クラフトビール

店舗オリジナルのユーモラスなキャラクターとE.T.の人形が迎えてくれる外観から「ここは普通の餃子屋ではないな」という予感が。店内も「もともと好きで集めていた」というストリートアートや雑貨で埋め尽くされています。そんな空間でいただけるのは、皮から手作りしたオリジナル餃子。カリッと香ばしい皮の中には、たっぷりと餡が詰まっています。「塩と胡椒で食べるのがオススメですよ」と教えてくれたのはオーナーの板橋竜馬さん。彼の実家は、北区十条にある老舗中華料理店「王華」で、厨房ではいつも塩胡椒で味見していたのだとか。餡に使われている野菜の甘さや、餃子の脂っぽさを塩と胡椒がさっぱりと引き締めてくれます。また、お店では約5タップのクラフトビールを常備。なかでも珍しいのがポートランドの新鋭ブルワリー「GIGANTIC」のビールです。“定番ビール以外、同じものは二度と作らない”をモットーに醸造されたビールからは作り手の熱い思いが感じられます。こだわりの餃子とクラフトビール、同時に堪能してみてはいかがですか?

[BEER PROFILE]

GIGANTIC IPA (1,400円)

生産地:アメリカ(オレゴン州ポートランド) ブルワリー:GIGANTICブルーイング
スタイル:IPA アルコール度数:7.3%
ホップのアロマと味わいが特徴的で、柑橘系やマンゴー思わせる鮮やかな香りとIBU80でありながらも、適度な苦味と同時に麦の甘さが感じられるバランスの良い味わい。度数も7.3%と飲みごたえがある。

Menu
「パクチーサルサ餃子とフレンチフライセット(1,100円)」。パクチーとサルサソースが、
ジューシーな餃子と相性抜群。そんな個性派の餃子には、存在感があるIPAが良く合う。

代々木上原 ビール×ハンバーガー

「GOOD TOWN BAKEHOUSE」

「グッドタウンベイクハウス」
Tel 03・6886・5330
東京都渋谷区上原1・30・1 1F
10:00~23:00(22:30LO)無休。
ビールはタップで常時約5種類。主な取扱いは、サンクトガーレンブルワリー、常陸野ネスト、ブルックリン・ブルワリーなど。季節によっては、時期限定のビールも。

アメリカンなアートに囲まれて
本場の味を堪能

2016年8月1日に代々木上原にオープンした、原宿で多くのファンを獲得している「THE GREAT BURGER」の姉妹店。天然酵母など厳選された素材やこだわりぬいた製法で作られたハンバーガーとドーナツは舌の肥えた大人も夢中になるほどの美味しさです。こちらでクラフトビールと一緒に注文したいのは、プレミアムミニハンバーガー「スライダー」。外はカリッと中はモチモチとしたオリジナルバンズに挟まれているのは和牛のパティ、グリルしたオニオン、お店オリジナルの燻製マヨネーズです。パティは100gとボリュームたっぷりで、小ぶりながらも食べごたえのある1品。また、こちらでは約5種類のタップを常設しており、サンクトガーレン、常陸野ネストなど国内のブルワリーやアメリカのブルックリン・ブルワリーのクラフトビールが楽しめます。タイミングが良ければ、リンゴやオレンジなどの果物を使った季節限定ビールをいただくことも。店内に飾られたアメリカンなアートに囲まれて、心ゆくまでクラフトビールとハンバーガーのマリアージュを楽しむことができます。

[BEER PROFILE]

ブルックリン・ラガー(1,050円)

生産地:アメリカ(NY、ブルックリン)
ブルワリー:ブルックリン・ブルワリー
スタイル:ラガー アルコール度数:5.0%
爽快なのど越しと柑橘系と複数のハーブからなる、どこかスパイシーなアロマが特徴的。
心地の良い苦味のあとには、麦の優しい甘さと深みが感じられ、後味はさっぱりとしている。

Menu
プレミアムミニハンバーガー“スライダー(” 750円)とポテトフライ(200円)のセット。ラ
ガーのようなのど越しが良く、さっぱりとした後味のビールと合わせたい。

※こちらの記事は、
2017年3月20日発行『メトロミニッツ』No.173に掲載された情報です。

更新: 2017年3月20日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop