TOKYO BEERNISTA 2017 #7

東京ビールの店 ガイド 2017

「Y.Y.C. Brewery & Beer Kitchen」
「BEER WORS TOKYO」
「焼き鳥 Hop Duvel」

Text:河崎志乃 Photo:よねくらりょう、大谷次郎

ビールと料理を組み合わせて愉しもう。
個性豊かなビールがあり、それにぴたっとはまる料理がある。そんな口福の時間を過ごせる注目店をご紹介します。ビアニスタの皆さま、ぜひご体験を!

新宿
ビール×カジュアルアメリカン

「Y.Y.C. Brewery & Beer Kitchen」

「ワイワイジー ブルワリー & ビアキッチン」
Tel 03・6276・5550
東京都渋谷区代々木2・18・3 オーチュー第1ビル1F・7F
1F ブルーパブ
月~金 17:00~23:30(23:00LO)
土・祝 12:00~23:30(23:00LO)
日 12:00~21:00(20:30LO)無休。
ビールは約5種類(全てタップ)。基本は1階で自家醸造しているオリジナルビール。ゲストビールとして日本のクラフトビール1種を扱うことも。
7F ビアレストラン
月~金 18:00~23:30
(フード22:30LO、ドリンク23:00LO)、
土・祝 12:00~23:30
(フード22:30LO、ドリンク23:00LO)
日定休(連休時は連休最終日)

ブルワーとシェフが生み出す
ベストマッチのマリアージュ

「御苑IPA」(数量 限定)、「新宿ペールエール」など、地名にちなんだ ビール名にも注目

新宿駅南口近くに2016年4月にオープンした「ワイワイジー ブルワリー & ビアキッチン」。ビルの1階にブルーパブ、7階にビアレストランがあり、1階にはクラフトビールの醸造所を併設しています。この醸造所では、「代々木アンバーエール」「新宿ペールエール」の2種の定番ビールと、旬のフルーツなどを使った季節ビールが週に1回のペースで仕込まれていきます。ブルワーは伊ヶ谷太郎さんと山之内圭太さん。「ビール造りには、表現できる楽しさがあるんです。どんどんチャレンジしていますし、お客様の意見も取り入れて改良を重ねています。お客様のリクエストで生まれたビールもあるんですよ」と2人は語ります。今は初めてのサワーエールに挑戦中で、現在樽で熟成中なのだとか。こうして出来上がったビールは、1階のブルーパブで飲める他、7階のビアレストランでは料理と合わせて楽しむこともできます。「ワイワイジー ブルワリー & ビアキッチン」の最大のポイントは、同じお店の中でビールと料理を一から作っていること。ブルワーの伊ヶ谷さん、山之内さんとシェフとで相談しながら、オリジナルビールとベストマッチの料理を作り上げていきます。華やかな香りで飲みやすい、1杯目にぴったりの「新宿ペールエール」には野菜のピクルスやシャルキュトリ、香り豊かな「御苑IPA」(数量限定)にはパンチのある辛さのハラペーニョを使ったフライなどというように、それぞれのビールに合う料理を用意。「現在、1周年を迎える4月1日に向けて桜風味のビールを醸造中で、それに合わせて桜の葉や桜のチップを使った限定料理も検討中なのですよ」と伊ヶ谷さん。その季節にしか味わえないオリジナルビールと料理の最高の相性が楽しめるのも「ワイワイジー ブルワリー & ビアキッチン」の魅力です。大きな窓越しに新宿の街が見渡せるダイニングで、料理とともに新宿生まれのビールを味わって。

[BEER PROFILE]

々木アンバエール(864円)

生産地:日本 ( 東京)
ブルワリー:ワイワイジー ブルワリー & ビアキッチン
スタイル:アンバーエール
アルコール度数:4.7%
ホップの爽やかな香りと苦味、麦芽の甘味というビールの要素が全て程良く引き出されたビール。アルコール度数も低く、初心者にも飲みやすい。

Menu
代々木アンバーエールには、大ぶりの骨付ロース肉をシンプルに仕上げた人気メニュー、骨付上州もち豚 のグリル1,944円を。優しく甘い肉汁が溢れ、ビールの苦味を包み込みマイルドにしてくれる。

小伝町
ビール×炭火焼

「BEER WORS TOKYO」

「ビア ウォーズ トウキョウ」
Tel 03・6661・7319
東京都中央区日本橋大伝馬町12・17 月村マンションNo.30 101号室
月~金 11:30~14:30(14:00LO)、17:30~23:30(フード22:30LO/ドリンク23:00LO)
土・祝 13:00~22:30(フード21:30LO/ドリンク22:00LO)
日定休(水のランチも休)
ビールは6種類(全てタップ。他、ハードサイダー1種もタップで提供)。ブルワリーにはこだわらず広くアメリカのものを中心に取り扱っている。日本のものを取り扱うことも。

炭火で焼くお肉と
アメリカンビールを豪快に

“BEER BAR”のBARの「B」を、「W」にして「BEER WARS TOKYO」。ここはただビールを飲むだけの“BEER BAR”ではなく、ビールと料理を皆で囲んで楽しむ場にしたいという思いが込められたお店です。店主の堀木慎太郎さんは、クラフトビールとシカゴピザの店、神田「デビルクラフト」を経て、2015年5月にこのお店をオープンしました。自由で奔放なアメリカのクラフトビールが大好きだという堀木さんらしく、広々とした店内もアメリカンで遊び心のある雰囲気。そして、アメリカのクラフトビールに合わせるのは、上州銘柄豚の焼きとんをはじめとする、炭火を使った肉料理。炭の香りをまとった旨みたっぷりのお肉と、ホップの香りや苦味が効いたビールとの爽快なマリアージュが魅力です。その他、栃木・川田農園の無農薬有機野菜も使用するなど、ビールだけでなく料理にもとことんこだわりが感じられる店。気の合う仲間と飲んで食べてワイワイはしゃぎたい日は、「BEER WARS TOKYO」へ。

[BEER PROFILE]

アイランダーIPA(950円)

生産地:アメリカ ブルワリー:コロナド ブルーイング
スタイル:IPA アルコール度数:7.0%
コロナド島というリゾート地で作られているビール。フルーティで甘味と苦味のバランスがとれた、これぞIPAという心地良い味わい
※ビールは樽生数量限定のため、入れ替わる可能性があります。

Menu
島根県産の上質な猪を燻製にして、炭火で焼き上げたスモークイノシシ串1本626円。口いっぱいに頬張ったら、アイランダーIPAレギュラー950円をグイッと1口。程良い苦味が猪の脂の甘味をさらに引き立ててくれる。

新橋
ビール×焼き鳥

「焼き鳥 Hop Duvel」

「やきとり ホップ デュベル」
Tel 03・3581・7773
東京都港区新橋3・3・4 駒倉ビル1F
月~金 17:30~23:00
土 16:30~22:00 日・祝定休
ビールは21種類(タップ3種類、ベルギービールの大瓶5種類、小瓶13種類)。主な取り扱いは、デュベル・モルトガット醸造所、デュポン醸造所、欧和醸造所など。

焼鳥とベルギービールを味わう大人の時間

新橋の路地裏に佇む、カウンター14席のみの「焼鳥ホップデュベル」。銀座「バードランド」で修業した店主の堀晋福さんと奥様の玲奈さんが営む、焼鳥とベルギービールのお店です。堀さんが自ら串打ちをして炭火で焼き上げる焼鳥は、シンプルながら繊細。山梨県の中村農場から丸ごと仕入れているという甲斐路軍鶏の旨みと食感を存分に楽しむことができます。ビールは、本場ベルギーの醸造所を訪れるほど大のベルギービール好きという堀さんが厳選したもの。様々なスタイルのベルギービールを試しながら、焼鳥の部位ごとにベストな組み合わせを見つけるのも楽しみの1つです。「2008年9月のオープン時から通ってくださるお客様も多く、小さなお子さんのいたお客様が今では親子で来店したり、この店で初デートをしたカップルが結婚をしたりと、嬉しい出来事も多いのですよ」と玲奈さん。一度訪れれば、この店の温かな雰囲気に酔いしれに、きっとまた足を運びたくなるはず。

[BEER PROFILE]

ボン ヴー(750ml 3,000円)

生産地:ベルギー ブルワリー:デュポン醸造所
スタイル:セゾン アルコール度数:9.5%
幸福を願うビールとして知られる逸品。瓶内二次発酵により豊かな泡が立ち、口当たりが柔らかく、程良い苦味もあり食中酒にぴったり。

Menu
焼鳥おまかせ6本コース 甲斐路軍鶏のスープ付1,700円(要予約)に、ボン ヴーの750ml大瓶3,000円を合わせて。ボトルビールならではの味の深みが、塩やタレ、レバーや皮と変化する串の味わいを受け止める。

※こちらの記事は、
2017年3月20日発行『メトロミニッツ』No.173に掲載された情報です。

更新: 2017年3月20日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop