|東京エリートレストラン|
世界に自慢したいフランス料理のシェフ[14]
『Sept/Sette』

多様化する東京フレンチの真骨頂!気鋭のシェフプロデュースの新店が銀座に!

こちらが「セット・セッテ」のプロジェクトメン バー。左から「オッジ ダルマット」の齊藤誠さ ん、「ア・ニュ」下野昌平さん、支配人の水野晃 満さん、ディレクターの下野佐知子さん、シェフ の牛之濱慎悟さん、ソムリエの後藤大介さん

銀座7丁目、並木通りの一角。ビルの地下にある「セット・セッテ」は、まるでワインカーヴのような設えです。セットはフランス語で、セッテはイタリア語で「7」を表すという同店のコンセプトは「イタリアン・フレンチ」。西麻布「ル・ブルギニオン」、フランスでは「トロワグロ」等で研鑽を積んだ「ア・ニュ」の下野シェフと、「オッジ・ダルマット」で腕を振るう齊藤シェフが料理をプロデュース。なんでも下野さんの奥様であり、ディレクターの佐知子さんと3人で学生時代に同じレストランでバイトしていた旧知の仲なんだとか。「その時の『いつかみんなでお店やれたら』が実現するとは」と下野シェフ。料理長を務める牛之濱さんは「ア・ニュ」でスーシェフを務める前、「ラ・ロシェル」での経験もある根っからのフランス料理人。「齊藤さんのもとで、パスタをみっちりしごかれました(笑)」。前菜からデセールに至るまで、ワゴンで運ばれてくるのがお店の特徴だと言う佐知子さん。「実際に料理や食材を見て、メインの調理法も相談しつつ、お客様自身でコースを組み立てていただけます。そんなコミュニケーションも楽しんでいただければ」。もともとこちらはワインバーだったそうで、元「レカン」シェフソムリエ・大越基裕氏をアドバイザーに迎え蘇らせた、セラーに眠る珠玉のワインたちも楽しみのひとつ。…と、すでに連日、美味しいもの好きが押しかけているのも納得の、話題たっぷりなお店です。

ワインはブルゴーニュ、ボルドーなど前オーナーから引 き継いだ400種類以上。ソムリエの後藤さんが最高の状 態で管理し、お客様にサーブします 

こちらの写真のようにワゴンに載った前菜、パスタ、メイン、デザートを好きなだけ選び自分だけのコースを作ることができる、ユニークな営業スタイル。それぞれ1項目ずつ選んで12,000円?18,000円(税・サービス料別)が目安、もちろん、「デザート全部!」というオーダーもアリです

Text:メトロミニッツ編集部
Photo:加藤純平

※こちらの記事は2014年11月20日発行『メトロミニッツ』No.145掲載された情報です。

Sept/Setteセット・セッテ

7:00?23:00(22:00LO) 日・祝定休

住所:
東京都中央区銀座7-5-4
毛利ビルB1
TEL:
03・3289・5788
営業時間:
17:00~23:00(L.O.22:00)  定休日 日曜日・祝日
URL:
http://hitosara.com/0006076984/

更新: 2017年9月14日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop