今夜も“月”が楽しみになる
PEACE FULL MOON(ピースフルムーン)[9]

ニッポン 満月トリップ

まだまだ日本各地に散らばっている月をテーマにした催しの数々。古来から伝わる文化・風習を守りながら、はたまた月の魅力に新しい解釈を加えて…、どれも旅の目的にもなりうるその土地ならではのもの。月の光に導かれるように、毎夜多くの人で賑わいます。次の満月の日は、お月見目的に旅に出るなんてどうでしょう?

今夜も“月”が楽しみになる「PEACE FULL MOON」

「peaceFullmoon」とは?
2011年9月から始まった活動。“満月の日” を地球や人々にとって特別な日と捉え、下の3つの約束を掲げています。満月の日には空を見上げ、地球の営みに感謝し、争わず、分かち合うこと。そして、大切な人たちと心豊かな時間を過ごすことをご提案。そんなふうにpeaceFullmoonという言葉に、毎月、満月の日は世界中の人々のもとに平和な夜が訪れてほしいというメッセージを込めています。

peaceFullmoon“3つの約束”
一、 満月の日は、大切な人と心豊かに過ごすこと。
一、 満月の日は、怒らず、争わず、許しあうこと。
一、 満月の日は、万物の営みに感謝をすること。

01 月を愛でる大人宿 和心亭 豊月[神奈川]

時間を忘れてくつろいでほしいと、時計はできるだけ置かない方針。月の動きなど自然の移ろいが時計代わりに

箱根の月を眺めるために作られた別棟

旅館の建設中、正面に昇る月に気づいた館主・杉山幹雄さんは「月を愛でる場所」というテーマを着想。そして生まれたのが「豊月」という旅館の名前と、別棟「月見棟」です。設置されたテラス「月見台」からは、雄大な山々の間に浮かぶ月が満喫できます。移ろう月と共に、ゆっくりとした時間をどうぞ。

0120・857・007
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根90
http://hakone-hougetu.com/

02 月も作品も味わい深い 奥田元栄・小由女美術館[広島]

3月と9月は、ロビーの窓のほぼ中央に満月が。窓から見える、池の水面に映った月もまた美しいものです

ロビーからの眺めに名画の世界を再現

日本画の巨匠・奥田元宋氏の作品にたびたび登場する月。こちらの美術館では、代表作「待月」に描かれた幻想的な世界を再現するため、夜空の月と、屋上庭園の自然をロビーから同時に望めるよう設計されています。満月の日には館内でコンサートを開催。開館時間を延長し、お茶を振る舞うおもてなしも。

0824・65・0010
広島県三次市東酒屋町453・6 9:30?17:00(満月の夜は開館時間を延長)第2水および年末年始休 ※臨時の休館日もあります
http://www.genso-sayume.jp/

03 海を望む月光の道 ムーンロード [静岡]

満月が生む、東伊豆自慢のパワースポット

海から昇る満月の光が、煌めきながら海面に伸びてできる光の道「ムーンロード」。東伊豆以外でもこの光景は見られますが、月光の道に漂う漁船がシルエットとなって浮かび上がるのは、江戸時代から定置網漁が盛んなこの北川地区ならでは。こちらの「ムーンロード」はその神々しさから、静岡県が2013年2月に一般公募した「行ってみたいパワースポット」の第1位に輝きました。
http://www.hokkawa-onsen.com/moonroad

04 星野リゾートの宿泊の夜 満月 アクティビティ

各地で宿泊施設を展開する星野リゾート。その地に詳しい現地スタッフが、非日常な体験の中での、月との過ごし方を提案しています。

ムーンライトカヤック(星野リゾート リゾナーレ 熱海)[静岡]

波の音が心地よい、静かな夜の相模湾。水面に輝く月光を眺めながら、カヤックを漕ぎ進める船旅へ。遮るもののない広大な海を、煌々と輝く満月の光が照らし出します。
0570・073・055
静岡県熱海市水口町2・13・1
http://risonare.com/atami/

月光浮遊浴(星野や 竹富島)[沖縄]

満天の星空の下、施設の屋外プールに身を漂わせ、新陳代謝の活性を促すアクアビクスと浮遊浴を行います。月光を全身に浴びながら深呼吸すれば、毎日の疲れも吹き飛ぶはず。
0570・073・066(星のや総合予約)
沖縄県八重山郡竹富町竹富
http://hoshinoyataketomijima.com/

ムーンライトシュノーケリング(星野リゾート リゾナーレ 小浜島)[沖縄]

多様な生物が暮らす沖縄の海。夜には月明かりが海中にまで差し、昼とは違う静寂な世界を照らします。海を漂いながら、寝静まる魚たちと海の中から見える月を楽しみましょう。
050・3786・0055
沖縄県八重山郡竹富町小浜東表2954
http://risonare.com/kohamajima/

ルナ・エナジーステイ(星野リゾート アンジン)[静岡]

「月の満ち欠けを利用して美を引き出す」がテーマの宿泊プラン。月光の下で行うヨガのポーズと、提供されるハーブティーの種類は、月の周期によって変えられるのだそう。
0570・073・011
静岡県伊東市渚町5・12
http://kai-ryokan.jp/anjin/

月光乗馬(星野リゾート リゾナーレ 八ヶ岳)[山梨]

月光がこぼれる森で乗馬が楽しめるプラン。広い牧草地では、八ヶ岳産のワインやチーズがいただけます。物語の中にいるような非日常的な体験に、涙を流す人もいるのだとか。
0570・073・055
山梨県北杜市小淵沢町129・1
http://risonare.com/yatsugatake/

05 日本三景を漂う 松島・満月クルーズ[宮城]

もはや普遍のお月見文化

俳人・芭蕉の句にも詠まれた松島の月。仙台藩を治めた伊達家にはお抱えの船頭がおり、海の上での観月を古くから行っていたそう。その風習を再現し、島々と風光明媚な月が織りなす絶景を望む、オツなクルーズです。
022・354・2233(松島島巡り観光船企業組合)
http://www.matsushima.or.jp

06 鞍馬寺の年中行事 五月満月祭[京都]

東南アジアの仏教国でも行う、祈りの儀式

釈迦誕生の日が満月との言い伝えから、東南アジア諸国では5月の満月の日に盛大な祭りが執り行われます。ここ鞍馬寺でも、満月に祈るお祭りが。月にお供えした水をいただき、心の美しさの目覚めと平安を祈ります。
075・741・2003(鞍馬寺)
京都府京都市左京区鞍馬本町1074
http://www.kuramadera.or.jp

Text 山田彩(effect)

※こちらの記事は2013年5月20日発行『メトロミニッツ』No.127に掲載された情報です。

更新: 2017年6月12日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop