Best Local Restaurants in Japan =KINKI=

|遠征レストラン[17]|
東京の名料理人がわざわざ赴く店?近畿編?
滋賀/和歌山県 4軒

人はなぜ旅に出るのか。その明確な答えを持っているわけではありませんが、まずは日常から離れたことで解放感を味わえることがあると思います。一方、知らない土地の中で緊張感を感じることもあります。その期待と不安を抱えた心のまま、“美しい”、“楽しい”、“美味しい”ものと出逢うとさらに感動できたりするのかもしれません。ただ、これまでは美しい観光地や楽しいアクティビティが目的で旅をしていた人が多いかと思いますが、今度は美味しいものを味わうために旅してみるのも素敵ではないでしょうか。そこで、今月は「わざわざ東京から遠征しても行きたい地方の名店」をご紹介する特集をお届けします。ずらり掲載しているお店は、すべて東京の名料理人90名に教えていただいた全171軒。料理人の方々なればこそ美味しさはお墨付きで、夏休みの計画をこれから立てる方は旅のヒント集として、是非ご活用ください。

滋賀県

|134|滋賀県・大津市【日本料理】比良山荘(ひらさんそう)

山の恵みが心に深く染み渡る

滋賀県にある比良山特有の料理を提供する山荘。春は山菜、夏は鮎、秋には松茸…と、滋味豊かな季節の味覚が楽しめます。また、冬になれば、希少な熊肉を使った料理も提供。中でも美味しく食べるための研究を重ねて完成した、高級珍味熊の手を3日間煮込んだ「熊の手の月とすっぽん煮込み」は秀逸です。

滋賀県大津市葛川坊村町94
077・599・2058
http://hirasansou.com

|RECOMMENDER|
京料理 と村
戸村仁男さん
季節の料理が美味しく、熊鍋は絶品です。近くの山川で取れた素材だけで料理を構成しているのは素晴らしいと思います。

オテル・ドゥ・ミクニ
三國清三さん
夏には鮎を、寒くなる時期には熊を食べに通っています。

|135|滋賀県・長浜市【郷土料理】徳山鮓(とくやまずし)

まろやかさが印象的な熟鮓

琵琶湖の北東端・余呉湖のほとりにある、展望露天風呂付きオーベルジュ。鮨の元祖と言われる、塩蔵した魚を米飯に漬け込んだ発酵料理「熟鮓」(なれずし)を現代人でも食べやすい料理としていただけます。他にジビエ、山菜、湖魚を使った伝統的な郷土料理も提供。

滋賀県長浜市余呉町川並1408
0749・86・4045
http://www.zb.ztv.ne.jp/tokuyamazushi/

|RECOMMENDER|
アメッツ
服部公一さん
一度は行きたい憧れの店。熊や猪、熟鮓…。日本のジビエ、発酵文化を牽引する郷土料理の名店と聞いています。ぜひとも訪れたい!

スリオラ
本多誠一さん
地域の食材を使った、感動的な日本郷土料理を味わいました。

レフェルヴェソンス
生江史伸さん
余呉湖から採れる鮒を飯(いい)で発酵させる日本古来の熟鮓のお味は、特別な美味しさ。夏はうなぎ、冬は熊と、自然の豊かさを十二分に堪能させてもらえます。

和歌山県

|136|和歌山県・和歌山市【フランス料理】hotel de yoshino(オテル・ド・ヨシノ)

パリが認めたシェフと和歌山食材の饗宴

オーナーシェフは、パリの店でミシュラン一ツ星を獲得した吉野建さん、料理長は吉野さんに師事し、そのエスプリを受け継ぐ手島純也さん。そんな2人による、本場パリの香りを漂わせた、和歌山の“テロワ(大地)の料理”を供するレストランです。

和歌山県和歌山市手平2・1・2 和歌山ビッグアイ12F
073・422・0001
http://www.hoteldeyoshino.com

|RECOMMENDER|
フロリレージュ
川手寛康さん
クラシカルなフレンチを作らせたら、日本一の料理人だと思います。

シック・プッテートル
生井祐介さん
流行り廃りが早い現代フランス料理シーンにおいて、確固たる信念をもって「古典」フランス料理の姿を表現している。稀有なレストランではないでしょうか。

|137|和歌山県・岩出市【イタリア料理】villa AiDA(ヴィラ アイーダ)

のどかな風景に抱かれた、一軒家

まるでイタリアの田舎町に訪れたかのような錯覚を覚える、石造りの一軒家。ここで、シェフの小林寛司さんご夫婦が営んでいるのが「ヴィラ アイーダ」です。料理は自家菜園ハーブや野菜、肉や魚など地元の特産物を使ったイタリアン。人気が人気を呼び、やがて遠方から訪れる人が増えたため、2007年から1日1組限定で宿泊できるヴィラを併設しました。

和歌山県岩出市川尻71・5
0736・63・2227
http://villa-aida.jp

|RECOMMENDER|
フロリレージュ
川手寛康さん
彼の料理の多くは、畑の中で生まれる特別なものです。クオリティも天才的と言えます。

レストラン バカール
石井真介さん
お店の横に農園を持っていて、時期の摘みたての野菜を楽しめます。1 部屋だけ可愛らしい宿泊施設があり、海外にいるような気分で宿泊可能。朝採れの朝食も幸せになる美味しさです。

Text:メトロミニッツ編集部

※こちらの記事は2015年8月20日発行『メトロミニッツ』No.153に掲載された情報です。

更新: 2017年4月28日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop