東京のグルメシーンをリードする

|異彩のビストロ[27]|
[Bistrot a la Demande]田町

鯛茶漬けをヒントに生まれた〆の名物フレンチ鯛めし

横田浩史シェフの地元・芝浦で10坪19席のビストロを開業したものの、連日満席で手狭になり、2015年4月に席数を倍にして移転リニューアル。"仰せの通りに"という意の店名を掲げる通り、横田シェフの心意気はメニューだけでなく、ブーランジェリーやテラス席まで、お客さんの要望を反映して作ってしまうほどで、8割以上が常連、そのうち5割がヘビーユーザーというのも納得。「日本の風土に合うフレンチを」と、扱う野菜や魚介は日本全国の契約農家や漁師から直送。魚料理、肉料理に加え名物のフレンチ鯛めしを〆にいただけるおまかせコース全6品5,200円もお得で人気です。ブーランジェリーのパンは近隣オフィスや幼稚園に納める計画もあるという、地元愛に溢れたビストロです。

BRILLIANT!!

NO.1 〆はル・クルーゼで炊き上げるフレンチ鯛めし
NO.2 併設ブーランジェリーの焼きたてパン
NO.3 朝からシャンパンが飲める気持ち良いテラス

蓋を開けると馥郁たる香りが立ち上るフレンチ鯛めし2,200円。フュメ・ド・ポワソンをベースにハーブと自家製溜まり醤油が香る、力強い味わいの出汁で炊き上げます。1杯目はそのままで。2杯目は鯛のお出汁で召し上がれ

「お店で提供していた食事パンが食べたい」というお客さんの声で併設したブーランジェリー。人気No.1は朝採れ卵とたっぷりのバター、北海道産の牛乳を贅沢に使用したフレンチトースト220円。バゲットや角食も人気です

朝8時からのモーニングセット1,000円は、朝採れ卵のオムレツ、フレンチトースト、パンケーキの3種のプレートからチョイス。パリの街角を想わせるテラス席も完備。朝から泡やワインで喉を潤せる憩いスポットです

Bistrot a la Demandeビストロ ア ラ ドゥマンド

Bistrot a la Demande

住所:
東京都港区芝浦2・16・11 オアーゼ芝浦1F
TEL:
03・6435・1017
営業時間:
Morning8:00~10:00LO、Lunch11:30~14:00LO、Tea14:00~16:00LO、Dinner17:30~22:00LO、土日祝8:30~10:30LO、12:00~14:30LO、14:30~16:00LO、17:30~22:00LO、月定休
URL:
http://bistrotalademande.com

Photo:片山久子 Text:7Q7(味原みずほ、土倉朋子、岡本ジュン)

※こちらの記事は2015年8月20日発行『メトロミニッツ』No.154に掲載された情報です。

更新: 2017年4月16日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop