東京のグルメシーンをリードする

|異彩のビストロ[26]|
[SIZZLE]吉祥寺

ライブ感溢れる“鉄板ビストロ”で、美食を満喫

「KIHACHI」で料理長を務めた池田秀一さんと佐藤高志さんが、2015年6月にオープンしたビストロ。実力派シェフ2人が手がけるのは、フレンチがベースの無国籍料理。「目の前で焼き上げる料理を五感で楽しんでもらいたい」との想いから鉄板で調理するスタイルを取り入れた新機軸で、美食の世界へと導いてくれます。華麗な手さばきでロゼ色に焼き上げられる和牛ステーキ、じっくり熱を加え、甘味や香りを引き出した鎌倉野菜。新島や三宅島から届く鮮魚をお好みに調理してもらうことも可能です。ティータイム、デサートにいただけるパンケーキも鉄板でふんわりと。高級なイメージがある鉄板焼きをカジュアルに楽しめるのも魅力で、早くも吉祥寺のマストゴー・ビストロに!

BRILLIANT!!

NO.1 香り・音・焼き色…、五感を刺激する鉄板フレンチ
NO.2 鉄板で焼くパンケーキでデザートも充実
NO.3 新島や三宅島から届く鮮魚のカルパッチョ

店名の「SIZZLE」(肉が焼ける音)を象徴、鉄板で焼き上げる黒毛和牛ステーキ3,024円。付け合わせの鎌倉野菜も火が通るほど色あざやかに。ライブ感たっぷりのプレゼンテーションが食欲を刺激してくれます

リコッタチーズとカッテージチーズ入りの生地にオーダーが入ってから泡立てる卵白を合わせ、鉄板で焼き上げるリコッタチーズのスフレパンケーキ1,296円。ティータイムやディナーのデサートで楽しめます

朝、新島や三宅島で水揚げされた鮮魚が空輸で届き、その日のうちにテーブルへ。塩レモンソースでいただく本日のカルパッチョ1,512円は、契約農家から仕入れる鎌倉野菜とのコンビネーションも美しいひと皿です

SIZZLEシズル

SIZZLE

住所:
東京都武蔵野市吉祥寺本町3・26・11
TEL:
0422・38・5580
営業時間:
11:30~14:00LO、14:00~16:00LO、18:00~21:00LO 火曜日定休

Photo:片山久子 Text:7Q7(土倉朋子、味原みずほ)

※こちらの記事は2015年8月20日発行『メトロミニッツ』No.154に掲載された情報です。

更新: 2017年4月9日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop