一日三食が無形文化遺産!?
ニッポンの「和食」から、世界の「WASHOKU」へ!

|語る和食[0]|
その気になれば、毎日「無形文化遺産」を作れます!

2013年12月。「和食」は一つの文化として、ユネスコから「無形文化遺産」として登録されました。言ってみれば、これからも残すべき大切な文化として「和食」は世界中から認められたというわけです。視点を変えれば、私たちが毎日食べている「和食」が無形文化遺産なわけで、その気になれば毎日作ることも、味わうこともできる!のかも。

・・・ニッポンの「和食」が、世界の「WASHOKU」に!?お正月のおせち料理やお雑煮、ちょっと気張って味わう懐石のお料理はもちろんのこと、ご飯やお新香やお味噌汁、蕎麦やおむすびに到るまでが「無形文化遺産」。そんな私たちにとっての日常的な食事が「後世まで残して欲しい!」と世界中から背中を押されているわけです。

とても嬉しいことです。が、そもそも「和食」って何でしょう?あまりにも日常的すぎて、今まで考えてこなかったことかもしれません。

家庭で味わう和食と言えば、ご飯や味噌汁、焼き魚や煮物やおひたしなどのおかずと、お漬物。食堂の定食も和食なら、コロッケや唐揚げなどの惣菜も和食と呼んで差し支えないでしょう。蕎麦やうどんも地域によっては主食として食べられていたり、行事の際に欠かせなかったりするので、間違いなく和食。寿司も同じくです。

ところが“食文化”とは、自分たちをとりまく自然環境や、その国ならではの文化や歴史を背景にして育まれるもの。ということで、日々の食事を楽しむ時間や空間、伝統的な行事や習慣、そして料理を作るのに必要な食材や、料理を楽しむために欠かせない調理器具や食器、さらには家族や仲間と一緒に食卓を囲んで気持ちをひとつにすることや、美味しい食事を堪能できたことに対する感謝の気持ちに至るまで、“食”を中心にした私たちの「暮らし」そのものが、「和食」という文化として世界から認められたのです。

雪国や南国、山里や漁村。それぞれに異なる気候や風土と上手に付き合いながら、そして長い歴史の中で受け継がれてきた伝統や習わしを受け継ぎながら「和食」は文化として育まれてきました。

例えば「おせち料理」や「お雑煮」。それらは単純に年始に食べる料理というだけでなく、新しい一年の健康をと幸せを、家族や親族と一緒に願うという気持ちが込められた料理です。つまり、日本人が長い歴史の中で得た知恵や信念のようなものを含めて、私たちは「おせち料理」や「お雑煮」を愉しんでいます。

自然を常に意識しながら、食べることで健康を目指そうとする「和食」の精神までが、ひとつの食文化として認められました。そして、日本が「和食」という文化を継承していくと、世界に約束したことにもなります。私たちの食生活が、実は世界から認められた無形文化遺産。私たちはそれを毎日食べて愉しむことも、それを毎日つくることもできるのです。そう考えると、日々の時間がちょっとだけプレミアムになるような気もします。

知っているようで知らない「和食」のこと。その特徴を「語る」ことができれば、世界への約束に(ちょっとだけかもしれませんが)貢献することもできるはず。そしてそのために、まずは私たちが「1日に1回はご飯を食べたくなる!」と思えるような、そんな特集をお送りします。世界のために、ちょっとだけ。「和食」を語れるようになってみませんか?

ひと言でまとめることは難しいすが、「和食」がなぜ無形文化遺産として認められたのか?についてまとめてみました。

ユネスコ無形文化遺産に、「和食」が認められた理由。

1.【精神性】「和食」は自然を尊ぶこころによって育まれてきたものから

南北に長く、周囲を海に囲まれ、山の暮らしと海での暮らしとが共存する日本。あるときは豊かに恵みをもたらし、ある時は厳しさをも見せる、明確な四季が深く関係しています。そんな中で、自然環境と寄り添うようにして、さまざまな料理や調理法、そして器や道具、季節感の演出などを生み出してきた「和食」という文化。その自然を尊重するという和食の精神までが、ひとつの食文化として認められました。

2.【機能性】健康長寿を願い、それを料理で表現するという機能を持っているか

野菜や山菜、魚介類や海藻など、自然の恵みを駆使して米を食べる。そんな献立を基本のカタチとして取り入れてきた「和食」。日本の食卓に健康的な食習慣をもたらしてきたその栄養バランスは、世界からも注目されるほど理想的だといわれています。食を通して“健康”を指向する「和食」は、例えばおせち料理などの“ハレの日”の料理にも、健康や長寿への願いを込めるという「機能」を持ちあわせています。

3.【社会性】食べることで人と人を結びつける。そんな社会性が「和食」にはある

親族が集まる会食のひとときや、地域のお祭りのあとの打ち上げなど。食事をともにする時間と空間で、人はつながりを深めます。家族、親族、そして地域のコミュニティ。さまざまなシーンで“食”がその結束力を強めます。さらに、親から子へと、そして地域の中で、家庭の味や郷土料理などが受け継がれます。「和食」は、世代を超えて受け継がれつつ、社会をつなぐ役割をも果たしているのです。

4.【地域性】東西南北、山里から漁村まで。地域ごとに多様な食のかたちが残っているから

地域によって自然環境が大きく異なるこの国。地理的な条件や気候の違いは、地域ごとに多様な食文化を生み出してきました。伝統野菜や、その地域特有の山の幸や海の幸。漬物や調味料などの発酵食品や、土地の環境に合わせて育まれてきた郷土料理。それら先人たちの知恵が日本の各地に残り、各地でさまざまな“食”のカタチが残っているということも「和食」の特徴です。

Text:メトロミニッツ編集部

※こちらの記事は2014年1月20日発行『メトロミニッツ』No.135掲載された情報です。

更新: 2016年9月22日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop