|TOKYO BEERNISTA[16]| ペアリングの妙に酔いしれる ビアニスタがいるレストラン その7

美味しいビールが飲めるのは、今やビアパブだけではありません。専門店でなくても、ビールのセレクトにこだわり、日本酒やワインと合わせて色んな銘柄から選べるレストランが増えています。そんなお店の主は、得てしてビアニスタだったりするものです。

15℃(代々木八幡)/世界から集めた食とお酒の 最高のペアリングをご堪能あれ!

重くなくスッキリとした口当たりのベアレン シュバルツ1,110円には、同じく深いうまみが ありながらも軽い仕上がりのラザニア(ダボ ロッツァ)1,200円。フレッシュハーブと青パパ イヤのサラダ900円の柑橘による酸味には、 グレープフルーツの香りがあるブリュードッグ パンクIPA1,240円が相性抜群。お酒のセレ クトを担当する、ディレクターの四條真幸美 さんは元バーテンダー。ビールのチョイスも折 り紙つきです。

一面のガラスから日差しが入る、明るく開放感があるカフェ「15℃」。美味しいパンで人気の食のセレクトショップ「365日」の姉妹店として、3月9日にオープンしたばかりのお店です。料理はアジア料理が核となっていますが、合わせるお酒は日本酒、ワイン、そして自家焙煎のコーヒーに、厳選したビール! ドラフトはオーナーの杉窪章匡さんが惚れ込んだベアードビールのライジングサンペールエールに、ボトルが3種常備。「ビールのラインナップは変わっていきますが、世界から最高レベルで良い物を提供するために妥協はしません。テイスティングを重ね本当に良いと思ったものだけを選んでいます」。食もお酒もこの想いこそがセレクトの基準です。

15℃ジュウゴド

取り扱いメーカー:ベアード・ブルーイング、ベアレン醸造所、ブリュードッグブルワリー、箕面ビール

15℃

住所:
東京都渋谷区富ヶ谷1-2-8
TEL:
03-6407-0942
営業時間:
7:00~23:30 (22:00LO)
定休日:
無休

Photo よねくらりょう Text 河島まりあ
※こちらの記事は2016年3月20日発行『メトロミニッツ』No.161に掲載された情報です

更新: 2017年2月7日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop