|TOKYO BEERNISTA[13]|
ペアリングの妙に酔いしれる ビアニスタがいるレストラン その4

美味しいビールが飲めるのは、今やビアパブだけではありません。専門店でなくても、ビールのセレクトにこだわり、日本酒やワインと合わせて色んな銘柄から選べるレストランが増えています。そんなお店の主は、得てしてビアニスタだったりするものです。

CoCo Craft(市ヶ谷)

「炙り叉焼」750円には「ヤッホー・ブルーイング」の「東京ブラック」グラス550円、「点心セット」1,320円には 「COEDO」の「伽羅」グラス550円が相性よし。埼玉出身の高橋さんのお気に入りは同郷の「COEDO」。それ以外のタップの銘柄は随時入れ替わる。

今年2月オープンの新店で腕を振るうのは、これが飲食業界デビューの店主・高橋さんです。以前は大手調理器具メーカーの社員で、元々ビールは熱心な飲み手側。しょっちゅう飲み歩いて広げたビールへの愛と知見が、いつしか店を持つ夢に変化した高橋さん、料理好きだったこともあり、思い切って退職、しばしの修業期間を経て開店させたのがこちらの店なのだとか。ビールのお供に提案するのはオーセンティックな点心。理由は、いくら飲み食いしても決して飽きない、自身が一番好きなコンビだから。有名店で働いた経験を生かし、皮から手作りする点心は、ジューシー且つうまみたっぷりの逸品ばかり。ひとり客もウェルカムなアットホームさもいい感じ!

CoCo Craftココクラフト

取扱いメーカー:ヤッホー・ブルーイング、協同商事(コエドビール)、木内酒造(常陸野ネスト)など

CoCo Craft

住所:
東京都千代田区九段南4-6-5
ヴェルデ九段1F
TEL:
03-6272-8883
営業時間:
11:30~14:00(LO13:00)、18:00~23:00(LO22:00)
定休日:
日曜日

Photo 阿部ケンヤ Text 唐澤理恵
※こちらの記事は2016年3月20日発行『メトロミニッツ』No.161に掲載された情報です

更新: 2017年1月10日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop