東京のグルメシーンをリードする

|異彩のビストロ[17]|
[KITASANDO LA CAVE]北参道

美酒と美食の喜びに満ちたカーヴへようこそ

ワインバー「アトリエレ・カイユ」オーナーシェフ&ソムリエの山下史樹さんが、「ワインと料理のマリアージュを心ゆくまで楽しんでほしい」とオープン。バー地階のビストロは、カーウ゛(貯蔵庫)を思わせる奥行きのある空間。木の温もりとゆったりと配置されたテーブルがリラックスのひとときを約束してくれます。料理は、ほとんどの人がオーダーする前菜盛り合わせ、牛や子羊、鴨など常時4種類揃う肉のグリルが評判。ウォークインセラーで選べるワインは、フランス各地からセレクトしたものが約300種類、「実はワインのように飲みごたえがあり、フレンチと合うんです」とオーナーがすすめるベルギービールも約30種類。ソムリエと相談するも良し、インスピレーションを感じた1本を選び出すも良し。心のままにバッカスの恵みを楽しみましょう。

BRILLIANT!!

NO.1 ウォークインセラーで好みのワインをご自由に
NO.2 前菜の盛り合わせは16種類からチョイス
NO.3 毎週変わる花木で季節感を大切にした空間づくり

ワインリストとにらめっこではなく、もっと自由に‘ジャケ買い’みたいにワインを選んでほしい、との思いから実現。冷蔵ケースにはベルギービールが置かれ、こちらも自由にチョイスできます。ボトルワイン3,500円~(一部カラフェでの注文可)、ベルギービール980円~

12人掛けテーブルに飾られた花木は枝ものや実ものが中心。週に一度の頻度で交換し、季節の表情を添えています。テーブル中央のレンガの囲いは手元暖炉。冬場には火が入れられ、目にも暖かな配慮がなされています。

キャロット・ラペ、枝豆と生ハムのマリネ、イタリア生ハム・コッパなど、ワインに合わせて食べたいものを少しずつ。彩りも美しい前菜盛り合わせは16種類からセレクトできます。3点盛り1,300円、5点盛り2,200円

Photo:加藤タケ美 Text:7Q7(原口りう子、岡本ジュン、土倉朋子、味原みずほ)

※こちらの記事は2015年8月20日発行『メトロミニッツ』No.154に掲載された情報です。

更新: 2017年1月26日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop