東京のグルメシーンをリードする

|異彩のビストロ[15]|
[DIALOGUE]下北沢

王道のフレンチ&ワインに出合える“わが街ビストロ”

京橋「カストール」で知り合った好井祐輔シェフとソムリエの下川亮平さんが共同オーナーを務める同店は、下北沢の駅から10分ほど歩いた住宅街の中にあります。フランス料理ひと筋という好井シェフの料理は、クラシックな王道フレンチが基本。前菜は野菜、メインは肉料理を中心として、師匠・藤野賢治シェフ(カストール)譲りのデザートまで一切手抜きなし。“攻めの塩”が印象的なしっかり味の皿を意識し、ワインもブドウの個性が際立つ、輪郭のはっきりとしたフランス産が中心です。とは言え、そんな硬派な姿勢に反して店の雰囲気はフレンドリーそのもの。対話を意味する店名のごとく、料理、ワイン、人、それぞれの対話が楽しめるビストロとして、この街に欠かせない存在になっています。

BRILLIANT!!

No.01  しっかりと塩を効かせた骨太フレンチを堪能できる
No.02  香り芳醇、絶品サヴァランは必食のデセール
No.03  シェフ&ソムリエのタッグで叶える“フレンドリーフレンチ”

「曖昧な味つけは好みでないから」と強めの塩にこだわる好井シェフ。グリル野菜のテリーヌ1,058円は、そんな絶妙の塩加減を味わえる1品。野菜を一度焼いて水分を抜き、旨みを凝縮させたオープン時からの人気メニュー

低温長時間発酵で焼き上げたサヴァランは、ラム酒の代わりにシングルモルト「ザ・マッカラン」のシロップを、クリームの代わりにバニラアイスを組み合わせた個性溢れるオリジナル。サヴァラン・オ・マッカラン756円

オーナーソムリエの下川さん(左)と、オーナーシェフの好井さん(右)。好井シェフは代々木上原・京橋の「カストール」に計10年半務め、「北島亭」「ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン」の他、フランスでの研修経験もあり

DIALOGUEディアログ

DIALOGUE

住所:
東京都世田谷区北沢3・23・21 1F
TEL:
03・6804・8820
営業時間:
12:00〜14:00LO、18:00〜24:00LO 定休日 火定休

Photo:竹崎恵子(7Q7)Text:7Q7(原口りう子、岡本ジュン、土倉朋子、味原みずほ)

※こちらの記事は2015年8月20日発行『メトロミニッツ』No.154に掲載された情報です。

更新: 2017年1月12日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop