心と体を温める、上質な時間
美味しくて、新しい!モダンおでんのお店

|東京モダンおでんキュイジーヌ[18]|
14「庫裏-銀座-」でみつけた、 極上の《おでん×日本酒》

クラシカルなおでんにはないような“種”、作り手の創意工夫を感じる“出汁”、 そしておでんをいただく“空間”も、一味違う。 この冬は、そんな“モダンおでん”のお店で温まろうじゃありませんか! ちなみに、冬場はおでん業界が超繁忙期ゆえ、どこも予約必須です!

カウンターで店主と語るはおでんと日本酒のマリアージュ

いつの間にか冬の定番となった「庫裏」のおでん。寒い中訪れるお客さんに、待たせることなくすぐ出せて温まれるメニューを考えた結果おでんになったとか。「一人で営業している時もあるので、おでんに助けられてますね」とは店主の竹内徹平さん。毎日こんぶとカツオ節で出汁を取り、煮込み時間を長くすることで複雑な旨みが溶け込んだ味わいは日本酒にアテとしてぴったりです。さて、庫裏といえば何と言っても日本酒のラインナップが魅力。常時48種類の日本酒は定番メニューなし。なくなった銘柄は入れ替えて、を4日に1度繰り返しながら、どんどん顔ぶれが変わっていきます。薦め方にも一工夫ありで、小60mlからオーダー可能。「たくさんの種類を飲み比べたい」「自分好みの日本酒を見つけたい」なんて人には、店主の竹内徹平さんが縦横無尽な提案を見せてくれるのです。ならば、と今回はおでんの種にぴったりな日本酒をオーダー。出てきたのは左の4種類。さて、どんな口福が待っているのやら。

豆腐×ゆきの美人 純米吟醸

しっかりと水をきった木綿豆腐をじっくりコトコト煮込んで、しっかりと出汁を染み込ませた人気メニュー。香り高く豊満な味わいのゆきの美人はすっきりとした酸味があるので、出汁の旨みを優しく切るように、後味を爽やかにしてくれます。

玉葱ベーコン×智恵美人 純米

玉葱ベーコンは竹内さんお手製の手作りメニュー。穏やかな香味が楽しめる智恵美人を合わせて。魚のすり身とタマネギの甘みと豚ベーコンの凝縮した肉の旨みに、智恵美人のしっかりとした味わいが重なり心地の良いハーモニーに。

盛り合わせ×七本鎗

おでんの盛り合わせや玉子やこんにゃくなど、お好きな種を選んで。深いコクのある七本鎗は、バランスが良い味わいで包容力のある日本酒。どんな食事でも受け止められ汎用性が高いので、さまざまな旨み種が揃う盛り合わせにも合わせられます。

大根×雨後の月 純米原酒

新酒の雨後の月はすっきりとした味わいで、おでん の味を邪魔せずに楽しめます。「味わいはもちろん ですが、大根は半月の形に切っているので、“月”に かけて日本酒も“月”が付く名前のものを選らんで みました」と、竹内さん。

|ODEN DATA|

◎味の種類 9種
◎出汁 カツオ節、昆布、鴨の脂
◎おまかせの盛り合わせ例
玉子やはんぺん、こんにゃくなど4種
◎その他ポイント
変わり種の「葱巾着」が注目の一品!

庫裏くり

住所:
東京都中央区銀座6・4・15
トニービル2F
TEL:
03・3573・8033
営業時間:
17:00?24:00 日・祝定休
URL:
http://www7a.biglobe.ne.jp/~kurisake/

Photo:吉永和志 Text:Text:辺戸名悟/河島マリア(GRINGO)

※こちらの記事は2015年12月20日発行『メトロミニッツ』No.146掲載された情報です。

更新: 2017年1月24日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop