Tokyo Premium Tequila BAR

|メキシコの風、吹く[15]|
第二章 テキーラの風、吹く
テキーラの風を感じるBARへ⑤
「EL FUJIYAMA」

ここまで来たら、もうテキーラの古いイメージは払拭されたでしょうか。事実、ここ数年で都内各地にじわじわとテキーラ専門バーが増え、それに伴い確実にファンも増えています。特に六本木はプレミアムテキーラの聖地と言えるかもしれません。でもまだ少し躊躇しますか? 大丈夫です。こちらに紹介する、テキーラ愛にあふれるマスター達が、あの手この手で、その魅力と奥深さを教えてくれるはずですから。

EL FUJIYAMA/麻布十番

栄養士の女性店主が営むテキーラバー

近年日本に中南米のエッセンスが入っていることを平成維新と考え、昨年6月「文明開化」をコンセプトに誕生。栄養士でグラン・マエストロでもある店主の平松琴絵さんは、20歳で初めて飲んでから他のお酒は飲まないほどのテキーラ・ラバー。「二日酔いもしないし、こんなに味が幅広くて美味しいお酒に出合えたので、みなさんにも発見・体験・感動をしてほしい」とお店を始めたそう。テキーラとメスカルはメキシコ直輸入やオールドボトルが半数を占める約130種。南米などの要素を取り入れて栄養も考えたおつまみもあり、心身とも満足する1日の〆ができます。

初めてならキュートなフローズンカクテルを

フルーツは日替わりで、使用するテキーラはフルーツに合わせてセレクト。写真は、チェリーとベリーのフローズン1,500円。仕上げに熟成の進んだメスカルをフロートするのが美味しさのポイントで、表面と中でテキーラとメスカルの異なる風味を楽しめる

ペルー風チチャロンと炊き込みバスマティーライスのおこげ添え1,200円、しめ鯖とビーツのロシアンポテトサラダ900円

エルフジヤマ

TEL:03・6804・5106
住所:東京都港区麻布十番1・6・4 アニバーサリー2F
営業時間:16:00~24:00、日19:00~翌3:00 火定休

Text:松本典子、浅井直子
Photo:花村謙太朗、今井広一

※こちらの記事は2015年6月20日発行『メトロミニッツ』No.152に掲載された情報です。

更新: 2017年1月6日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop