|地中海料理という、暮らし方。[16]|

地中海美食クルーズ Part04
第四寄港先は「エンリケ マルエコス」ーモロッコー

各国の地中海料理1皿1皿の向こう側に!見える、多様な風土、歴史、食文化を感じていただける旅。名付けて、地中海美食クルーズ!次なる寄港先はモロッコ!

[MOROCCO]イスラム文化圏の王国

アフリカ大陸が見えてきました。続いての寄港地は、アフリカ大陸の北西に位置する王国モロッコ。地中海西側の出入り口であるジブラルタル海峡を挟んで、スペインとは目と鼻の先です。ちなみに、モロッコは国民の98%がイスラム教徒。そのため、ラマダン明けにいただくハリラが名物料理だったり、ヨーロッパの地中海沿岸部と同じ食材を使いながらもハーブやスパイスをうまく使ったお料理が特徴のようです。

ベルベル人の伝統料理をアレンジ

ジブラルタル海峡に面する港町タンジェからモロッコに入ります。そこで気付いたのは、国民の多様性。人口の多くを占めるベルベル人とアラブ民族、ほかにスペインのアンダルシア方面から移住した民族やユダヤ人、南部では黒人も住んでいます。その中で、モロッコ料理は、北アフリカの先住民族であるベルベル人の素朴でシンプルな味付け、アラブからの数々のスパイス、甘酸っぱい味はアンダルシアからなど、多様な文化が混ざり合ったお料理。世界最小のパスタ・クスクスや、砂漠のテントをイメージして作られたタジン鍋で作るタジンも元々ベルベル人の伝統料理で、そこに色々なアレンジが加わって今の味になっています。

モロッコの地中海料理

ハリラ

「ハリラ」はとろみのあるスープの総称。モロッコではイスラム教の断食明けの最初の食事としても定番で、栄養価が高いスープです。レンズ豆やヒヨコ豆、ショートパスタ、トマト、セロリなどを入れ、レモンを搾るのが一般的。648円

お魚のタジン

タジンは煮込み料理全般を指し、現在では圧力鍋などでも作ります。現地では毎日の昼食の主菜はほぼ必ずタジンというほどメジャー。肉か魚をベースに野菜を組み合わせ、魚の場合は臭い消しにピーマンを使います。2,052円

魚介のクスクス

現地ではイスラム教の安息日の金曜に家族が揃い、具材をたくさん使ったクスクスを食べる習慣があります。魚介のクスクスは沿岸部のみの料理です。魚介のアラでとった出汁とサフランによる、優しい味付け。2,592円

素材を生かす優しい香辛料の味に出合える|ENRIQUE MARRUECOS|エンリケ マルエコス

「日本の出汁のように、素材の味を生かすモロッコのスパイスの使い方が好き」とオーナーの小川歩美さん。約5年間モロッコに住み、著名な料理研究家に師事。帰国後オープンしたこちらでは、本場の家庭の味が楽しめます。

モロッコ料理の台所
ENRIQUE MARRUECOS エンリケ マルエコス
電話:03・3467・1106
住所:東京都世田谷区北沢3・1・15
営業時間:平日18:00~22:00LO、土・日・祝17:30~21:30LO月定休

更新: 2017年1月25日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop