小粋で優雅なプラチナタイムへスイッチする

|21時からのファインダイニング[8]|
Anisー初台ー

コミュニケーションのために全てがある!気鋭シェフの思いが宿った軽やかな店

清水将シェフは、7年間のパリ修行後、銀座「ラール・エ・ラ・マニエール」を率いた精鋭。そんなシェフが今年オープンさせた「アニス」は、いい意味でゲストの期待を裏切る軽快なレストランです。カフェのような開放感の店内、カトラリーの横にさりげなく置かれる箸。グランメゾンを渡り歩いた清水シェフですが、自分の城となる店はカジュアルな仕上がりに。

「目指したいのはお客さんと距離が近い店。フロアと厨房の間を遮りたくなかった。僕たちは製造業ではなく、サービス業なんですよね」というシェフの思いは、混雑のピークを過ぎ、アラカルトのオーダーが多くなる21時以降、いかんなく発揮されます。「お客さんと会話しやすくなるこのタイミングは、自分にとっても大切な時間です」。料理よりも、場として記憶に残りたい、と語る清水シェフ。部位ごとに完璧な火入れを施す肉や、素材ごとに調理を工夫した付け合せの野菜が美しく調和する1皿は、空間全体の1割にも満たない存在だと言い切ります。

ちなみに、目にも麗しい上の写真のあしらいはアラカルト限定。コースの場合、付け合わせ野菜はストウブ鍋に山盛りで登場、場を盛り上げる演出となるそう。さらに、この店のコースの〆は、苦みや渋みのある新鮮なハーブがボウルにいっぱい提供されるサラダ。翌日も胃が重くならないよう、健やかな料理を提供したいというシェフの心使いです。こちらはアラカルトでも肉料理のオーダーで提供可能というから、ぜひお試しあれ。

|alacarte|

《HOUR》18:00~23:30最終入店

通常5,500円、9,500円のおまかせのみ
予算目安:5,000円~(例)前菜+メイン+ワイン1杯

|夜のお楽しみ|

★あえて厨房と近く配したカウンター席は、スタッフの 動きや肉の焼ける音までもが楽しめます。鉄板目の前の 入り口近くが特等席!

★ちなみに23:30まで入店OK! なので、オペラシティ での観劇後訪れるという使い方も

★コースの〆で提供されるボウルいっぱいのサラダも、 アラカルト時間帯、肉料理を頼めばオーダー可能に。 

Anisアニス

Anis

住所:
東京都渋谷区初台1-9-7
TEL:
03-6276-0026
営業時間:
11:30~14:30、18:00~23:30 月、第2日定休 サービス料:夜のみ10%
URL:
http://restaurant-anis.jp/






Photo:加藤純平
Text:唐澤理恵





※こちらの記事は2013年12月20日発行『メトロミニッツ』No.133に掲載された情報です。

更新: 2016年11月17日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop