日本酒新時代のムーブメント

|SAKE INNOVATION[12]|
日本酒の進化を紐解く12のキーワード
12 Keywords of Evolving Sake
【10 CAMPAS】【11 EVENT】

日本酒の進化について、大きな流れを掴んでいただけたでしょうか? こちらでは、さらに12のキーワードから、日本酒に関わる様々な現場で起きているイノベーションな事例を、シリーズでご紹介していきます。

【10 CAMPAS】

大学生も今は悪ノリで飲んだりしません。

時代が変わるとき、そこには学生の活躍があります

日本酒新時代を象徴する事例として、大学生グループによ る啓蒙活動にも注目したいと思います。阪神電車と京阪電鉄との共同プロジェクト「ぶらっと酒ナビ」に取り組んでいるのは、現在9大学のサークルが所属している「関西学生日本酒連合」(写真)。若年層向けのパンフレット作成やスタンプラリーを企画し、沿線内で日本酒の魅力を伝えています。他にも慶応SFCが発行した書籍「日本酒味わい辞典」が2014年度グッドデザイン賞を受賞したり、“若者が能登も農業も日本酒も盛り上げる!!”をコンセプトにN-projectがスタートしたり、若い力が躍動しています。「何にも縛られずに活動ができることが僕たち大学生の特権だと思います」(関西学生日本酒連合副総長/末澤昇悟さん)

【11 EVENT】

ほぼ毎日、都内のどこかで日本酒イベントが行われているという事実

初心者でも楽しめるカジュアルな日本酒イベントが増えたのは、とっても嬉しいこと。ただ試飲するだけではなく、音楽やアートを取り込んだり日本酒をパーティ酒として提案するイベントが昨今のトレンドのようです。

 

◎10月1日=日本酒の日に都内で開催される注目イベント

■「日本酒ゴーアラウンド 2015」 @全国

今年は全国6都市で同時開催。飲食店と酒蔵がペアになり、各地域で飲み歩きが楽しめます。東京では神田、北東、池袋・大塚、四ツ谷・西早稲田エリアの18店舗で開催。
http://blog.livedoor.jp/manjigatame3/

■「ジョウゾーオン」 @渋谷

日本酒×音楽がテーマ。新政・十六代九郎右衛門・栄光冨士・流輝・福田・笹正宗というバラエティに富んだ6蔵が参加。DJの選曲でも酔わせながら、醸造音を楽曲化した「JYO-ZO-ON」生披露!
http://ptix.co/1NDkeXy

■「日本酒で乾杯、東京地酒で乾杯!」@東京都酒造組合会館ビル4階

東京の蔵元秘蔵の審査会出品酒で“乾杯!”する東京都酒造組合主催イベント。もちろん「全国一斉 日本酒で乾杯!」(http://www.kanpai-sake.jp/)とも連動していて、19:30に一斉乾杯を呼びかけます。◯東京都酒造組合/042・524・3033

イベントスケジュールをほぼ網羅日本酒カレンダーをチェック!

日本酒イベントやっていないかな?と思ったら、ここをチェックするという人多数。全国大小の日本酒イベント情報を掲載しています。

http://nihonshucalendar.com/

Edit:浅井直子
Text:馬渕信彦

※こちらの記事は2015年10月20日発行『メトロミニッツ』No.155に掲載された情報です。

更新: 2016年12月28日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop