この1品にはこの1本!を紹介してもらいなか゛ら巡る

|和食とワイン[19]|
東京「和食とワイン」の名店
季節の鮮魚と野菜で彩る 創作和食の店
「神田 くらど」ー神田ー

ワインか゛料理を、料理か゛ワインを、互いに良いところを引き出してくれる。「この組み合わせか゛たまらない!」とその店の店主やソムリエか゛自信を持って提案する「和食とワイン」をせ゛ひこ゛堪能くた゛さい!

季節の鮮魚と野菜で彩る創作和食の店「神田 くらど」ー神田ー

ソムリエール 今井佳子さん

2013年にワイン×和食の店としてリニューアル。木のぬくもり感じるモダンな雰囲気が漂う店内はカウンター、テーブル、個室とあり、接待や会食、デートなど、幅広いシーンに対応できる。コースは5,000円~

次の皿への橋渡しとなる、料理に寄り添うセレクト

こちらの自慢は、愛媛や小田原から届く新鮮な魚介や、山梨の契約農家から届く有機野菜など、料理長が厳選した食材。ワインは常時30種類ほどが用意されています。1皿1皿で味わいが大きく異なる和食だけに、次の料理を存分に楽しむためにも、相乗効果だけでなくリフレッシュ感も心がけているそう。例えば今回イチ押しと今井さんが薦める「銀ダラの西京焼き」と「ドメーヌフェヴレリュリー」の組み合わせ。「柑橘の香りで銀ダラの脂を爽やかに中和し、やわらかい果実味が味噌の甘みを膨らませてくれます」とのこと。また、「三元豚の塩釜焼きには、肉が持つ脂をよりまろやかな甘味に昇華する、オレゴン産ピノ・ノワールで醸した『デルニア300』もいいですね」と、次から次へと出てくる甘美な提案に今宵は身を任せるが吉です。

神田くらどの「和」と「ワ」

|MENU|銀ダラの西京焼き
自家製の西京味噌に、3日間漬け込んだ銀ダラを使用。程よい弾力があり、噛むほどに濃厚な旨みが口いっぱいに広がります。1,000円

|WINE|ドメーヌ フェヴレ リュリー ブラン

産地:フランス/ブルゴーニュ
品種:シャルドネ
ブルゴーニュの正統を行く1825年設立のワイナリーの1本。爽やかな酸味とミネラル感がありキレが良く、お刺身にも合わせやすい。5,850円(ボトル)

神田くらど

神田くらど

住所:
東京都千代田区鍛冶町1-13-10
TEL:
03・3254・1663
営業時間:
17:00 ~翌1:00(お食事24:00LO、ドリンク翌0:30LO) 土・日祝定休

Text:伊藤裕/河島まりあ/佐藤太志(GRINGO & Co.)
Photo:川崎一徳

※こちらの記事は2014年3月20日発行『メトロミニッツ』No.137に掲載された情報です。

更新: 2016年12月20日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop