#3 編集部がお伝えする
「Cave de Com,ma」の魅力

“野菜フレンチの先駆者”が作り出す、
素材の力を最大限生かした料理

Text:編集部

神楽坂の名フレンチ「Cave de Com,ma」。日本における“野菜フレンチの先駆者”といわれる小峰敏宏シェフの、素材そのものが持つ力を最大限に生かした料理の数々を楽しむことができます。

野菜とソースを組み合わせ、新しい味を生み出す

“野菜フレンチ”の根源にあるのは、『アラン・シャペル』で学んだ、付け合わせと主菜が一体化したものが多い料理。それに触発され芽生えたのは、野菜とソースを組み合わせて、1つの新しい味を生み出すアイデアでした。本場の名店においてもコースの中で野菜が占める比重は大きく、自然発生的に野菜フレンチという新ジャンルが確立されたといいます。

食感や味わいを強調する「野菜のエトフェ」

とろけるように柔らかいカリフラワーや表面はパリッと中はホクホクのカボチャなど、素材それぞれに適した絶妙な火入れが美味しさの秘訣。三浦半島産の各種野菜の食感や味わいを無水調理により見事に強調しています。

圧巻の30mウォークインセラーと、ワインに寄り添う味付け

店内に入ってまず目に入るのは、約30mにも渡るウォークインセラー。ワインショップを併設していて、約300種のワインから1本を選び、通常の店頭価格で購入、抜栓料を支払うことで食事と一緒に楽しむことができます。以前はコース料理を中心に考えてソムリエがワインを提案するのが基本でしたが、現在はワインに寄り添うようにして味付けの方を整えているといいます。

ワインをじっくり楽しみたい日に

店内は本場のカーヴ(ワイン蔵)を連想させるレンガ造り風の空間。温かみのあるアンティーク家具を配した心落ち着く雰囲気で、ワイングラスを傾けながらゆったり食事を楽しめば会話も弾みそう。年代を問わずおすすめできる1軒です。

詳細を見る

Cave de Com,ma

Cave de Com,ma

カーヴ ド コンマ

エリア
神楽坂
ジャンル
フランス料理
営業時間[昼]
12:00~15:30(14:00LO)
営業時間[夜]
18:00~23:00(21:00LO)※バー利用のお客様は22:00LO
定休日
月曜日、第3日曜曜日

更新: 2017年12月26日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop