嗜む日本酒

  • #10|エレガントに日本酒を嗜む和の店|お燗が美味しいお店

    #10|エレガントに日本酒を嗜む和の店|お燗が美味しいお店

    優雅な設えの中、しっかりした日本料理が食べられてかつ日本酒には一家言あり。程よく2、3杯日本酒をいただき、お腹も満たして1人1万円以下に収まる気前の良いお店をご紹介します!料理とお酒の美味しさに、ついつい杯と皿を重ねて、1万円オーバーしてしまってもあしからず…。

  • #10|エレガントに日本酒を嗜む和の店|心まで酔わせる京の店

    #10|エレガントに日本酒を嗜む和の店|心まで酔わせる京の店

    優雅な設えの中、しっかりした日本料理が食べられてかつ日本酒には一家言あり。程よく2、3杯日本酒をいただき、お腹も満たして1人1万円以下に収まる気前の良いお店をご紹介します!料理とお酒の美味しさに、ついつい杯と皿を重ねて、1万円オーバーしてしまってもあしからず…。

  • #9|エレガントに日本酒を嗜む和の店|地元に愛されるお店

    #9|エレガントに日本酒を嗜む和の店|地元に愛されるお店

    優雅な設えの中、しっかりした日本料理が食べられてかつ日本酒には一家言あり。程よく2、3杯日本酒をいただき、お腹も満たして1人1万円以下に収まる気前の良いお店をご紹介します!料理とお酒の美味しさに、ついつい杯と皿を重ねて、1万円オーバーしてしまってもあしからず…。

  • #8|エレガントに日本酒を嗜む和の店|呑んで食べて1人1万円以下!日本酒と魚料理が自慢のお店

    #8|エレガントに日本酒を嗜む和の店|呑んで食べて1人1万円以下!日本酒と魚料理が自慢のお店

    優雅な設えの中、しっかりした日本料理が食べられてかつ日本酒には一家言あり。程よく2、3杯日本酒をいただき、お腹も満たして1人1万円以下に収まる気前の良いお店をご紹介します!料理とお酒の美味しさに、ついつい杯と皿を重ねて、1万円オーバーしてしまってもあしからず…。

  • #7|エレガントに日本酒を嗜む和の店|勢いのある新参店 後編

    #7|エレガントに日本酒を嗜む和の店|勢いのある新参店 後編

    優雅な設えの中、しっかりした日本料理が食べられてかつ日本酒には一家言あり。程よく2、3杯日本酒をいただき、お腹も満たして1人1万円以下に収まる気前の良いお店をご紹介します!料理とお酒の美味しさに、ついつい杯と皿を重ねて、1万円オーバーしてしまってもあしからず…。

  • #6|エレガントに日本酒を嗜む和の店|勢いのある新参店 前編

    #6|エレガントに日本酒を嗜む和の店|勢いのある新参店 前編

    優雅な設えの中、しっかりした日本料理が食べられてかつ日本酒には一家言あり。程よく2、3杯日本酒をいただき、お腹も満たして1人1万円以下に収まる気前の良いお店をご紹介します!料理とお酒の美味しさに、ついつい杯と皿を重ねて、1万円オーバーしてしまってもあしからず…。

  • #5|エレガントに日本酒を嗜む和の店|勢いのある新参店 中編

    #5|エレガントに日本酒を嗜む和の店|勢いのある新参店 中編

    優雅な設えの中、しっかりした日本料理が食べられてかつ日本酒には一家言あり。程よく2、3杯日本酒をいただき、お腹も満たして1人1万円以下に収まる気前の良いお店をご紹介します!料理とお酒の美味しさに、ついつい杯と皿を重ねて、1万円オーバーしてしまってもあしからず…。

  • #4|嗜む程度に知っておきたい”飲む前の予備知識”

    #4|嗜む程度に知っておきたい”飲む前の予備知識”

    酸みがキレイなお酒とか、キレと程よい苦みがあるお酒とか、昔に比べて今どきの日本酒は、味も香りも表現力が豊か。種類も豊富で、飲み方も多様化。だから、お店に行って、慌てないための予備知識をもう少しだけ、どうぞ。

  • #3|お酒をオーダーするための心得

    #3|お酒をオーダーするための心得

    美味しいお酒との出合いを求め、日本酒の種類が充実したお店に行くとする。しかし、漢字がズラリのメニューを見ても味が想像できず、どれを選べば良いかわからない。しかも、お店の人に好みの味を何と伝えたら良いのかも…。

  • #2|さしつさされつ、 オトナに嗜む日本酒作法

    #2|さしつさされつ、 オトナに嗜む日本酒作法

    「さしつさされつ」という日本文化を考えてみた時、酒の席で大人に過ごすために何か作法はあるだろうか?と思いました。酒の席の初めの挨拶と言えば「乾杯」でしょうから、そのあたりから調べてみることに。

  • #1|日本人が受け継いできた文化「今も昔も“酒の席”名場面集」

    #1|日本人が受け継いできた文化「今も昔も“酒の席”名場面集」

    諸説ありますが、日本酒が誕生したのは今からおよそ3,000年も前の縄文時代。日本人は長い歴史を日本酒とともに歩み、様々な文化を作り上げてきたのです。例えば、昔から神事には欠かせない存在でしたし、江戸時代には庶民の交流の場として居酒屋が登場。「赤ちょうちんで一杯」なんこともひとつの文化と言えるでしょう。そして今、気軽に楽しめる和酒バルがトレンドかもしれません。ワイワイと賑やかに、といった楽しみもありますが、大切な人としっとり、お酒を注ぎ、注がれ、飲み交わしながら〝嗜む程度?にいただく日本酒もまた一興。今月、編集部がご提案したいのは、そんな「さしつさされつ」という日本独自の素敵な文化です。古来から神と人、人と人との交流を深める媒介としての役割を果たしてきた日本酒。さしつさされつ、じっくり相手と向き合う時間は、きっと新しい日本酒の魅力を再認識させてくれると思うのです。

pagetop