羊肉の饗宴

  • #20|羊料理の魅力を味わえる店⑯|Lamb Hamburg Dining|「Le Bonze」

    #20|羊料理の魅力を味わえる店⑯|Lamb Hamburg Dining|「Le Bonze」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #19|羊料理の魅力を味わえる店⑮|Lamb Hamburg Dining|「Cristiano’s」

    #19|羊料理の魅力を味わえる店⑮|Lamb Hamburg Dining|「Cristiano’s」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #18|羊料理の魅力を味わえる店⑭|Lamb Hamburg Dining|「煮こみや なりた」

    #18|羊料理の魅力を味わえる店⑭|Lamb Hamburg Dining|「煮こみや なりた」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #17|羊料理の魅力を味わえる店⑬二刀流フレンチが楽しめる店「Restaurant MAY」

    #17|羊料理の魅力を味わえる店⑬二刀流フレンチが楽しめる店「Restaurant MAY」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #16|羊料理の魅力を味わえる店⑫ストーリーのある料理を愉しめる店「Fiocchi」

    #16|羊料理の魅力を味わえる店⑫ストーリーのある料理を愉しめる店「Fiocchi」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #15|羊料理の魅力を味わえる店⑪肉料理のメニューが豊富な「IBAIA」

    #15|羊料理の魅力を味わえる店⑪肉料理のメニューが豊富な「IBAIA」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #14|羊料理の魅力を味わえる店⑩“オリエンタル”なビストロ料理店「桃の実」

    #14|羊料理の魅力を味わえる店⑩“オリエンタル”なビストロ料理店「桃の実」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #13|羊料理の魅力を味わえる店⑨”おいしい”より”うまい”と言わせる店「mesebaba」

    #13|羊料理の魅力を味わえる店⑨”おいしい”より”うまい”と言わせる店「mesebaba」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #12|羊料理の魅力を味わえる店⑧“小さな劇場”を意味する店名のレストラン「IL TEATRINO DA SALONE」

    #12|羊料理の魅力を味わえる店⑧“小さな劇場”を意味する店名のレストラン「IL TEATRINO DA SALONE」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #11|羊料理の魅力を味わえる店⑦ 3年連続ミシュランガイド二ツ星に輝いた「エスキス」

    #11|羊料理の魅力を味わえる店⑦ 3年連続ミシュランガイド二ツ星に輝いた「エスキス」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #10|羊料理の魅力を味わえる店⑥開店25年以上の名店「北島亭」

    #10|羊料理の魅力を味わえる店⑥開店25年以上の名店「北島亭」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #9|羊料理の魅力を味わえる店⑤神田のガード下の人気店「味坊」

    #9|羊料理の魅力を味わえる店⑤神田のガード下の人気店「味坊」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #8|羊料理の魅力を味わえる店④羊肉のエキスパートが展開するラム料理専門店「WAKANUI LAMB CUISINE ■ JUBAN」

    #8|羊料理の魅力を味わえる店④羊肉のエキスパートが展開するラム料理専門店「WAKANUI LAMB CUISINE ■ JUBAN」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #7|羊料理の魅力を味わえる店③ラテン料理界の革命児が手掛けるレストラン「TORO TOKYO」

    #7|羊料理の魅力を味わえる店③ラテン料理界の革命児が手掛けるレストラン「TORO TOKYO」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #6|羊料理の魅力を味わえる珠玉の3軒「couscous Rougir」「ZURRIOLA」「SITA-RA」

    #6|羊料理の魅力を味わえる珠玉の3軒「couscous Rougir」「ZURRIOLA」「SITA-RA」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #5|羊料理の魅力を味わえる店① 「Burgaz Ada麻布十番」「Tharros」「PINK CAMILA」

    #5|羊料理の魅力を味わえる店① 「Burgaz Ada麻布十番」「Tharros」「PINK CAMILA」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • #4|美味しく味わうための手引き

    #4|美味しく味わうための手引き

    もしかすると、ジンギスカン以外での「羊肉」の経験値が少ない私たちは、味わったことがないのかもしれません。そう、羊肉の真の美味しさを…。そのポイントを羊肉のプロ、東澤壮晃さんにお聞きしました。

  • #3|羊肉の饗宴|日本人とヒツジ

    #3|羊肉の饗宴|日本人とヒツジ

    中国から干支が伝えられたのは、奈良時代以前だと考えられています。また、中国帰りの禅僧が現地の羊肉の汁物を模して小豆で作った「羊羹」は、すでに鎌倉時代にはあったと言います。そんな風に「羊(未)」という言葉は古くから使われてきましたが、日本人が実際のヒツジを目にしたのは明治に入ってからでした。

  • #2|もっと知りたい羊大国の事情 「世界”ヒツジ”見聞録」

    #2|もっと知りたい羊大国の事情 「世界”ヒツジ”見聞録」

    現在、世界の羊飼育頭数は、1位中国、2位インド、3位オーストラリア。もちろん、これらの国々ではよくヒツジを食べるわけですが、各国、羊肉との付き合い方は全く異なります。そこで現地の羊肉事情に詳しい方に話をお聞きしました。まずインドは、東京スパイス番長のお2人。オーストラリアについては、オージー・ラムの三橋さんです。

  • #1|羊肉の饗宴|エレガントでロマンのあるラム料理

    #1|羊肉の饗宴|エレガントでロマンのあるラム料理

    食べる人の好みに応じて焼き加減を変える牛肉とは違い、仔羊を最も美味しく食べるには何と言ってもロゼ色です。美しいロゼ色のためには、焼きの技術がカギを握ります。肉質は至って柔らかく、上品な甘み、繊細な香りを持つ仔羊は、表現力が豊かなお肉。だからこそ、比較的どんな料理にも合いやすい牛肉よりも、料理人の発想力やセンスが問われるのではないでしょうか。フランス料理では、最も格式の高い食材の1つにアニョー(仔羊)があるそうですが、何だかわかる気がしませんか?さて、未年に入って1号めのメトロミニッツは、尊くも魅惑的な羊肉料理の特集です。

pagetop