日本の中華料理

  • 日本の中華料理 # 14

    日本の中華料理 # 14

    雲を起こし、雨を操る水の神・龍。風を司る、平和の象徴・鳳凰。気高く縁起の良いこの神獣たちは、日本では、お皿に、店内の装飾に目にする〞中華料理店の象徴〞…というイメージもあるのではないでしょうか。今、東京の中華料理店は、昔ながらの名店、本場さながらの店、洗練されたカウンター中華など、多様化しているのが面白い。ここでは2人の敏腕ライターが龍、鳳凰に扮し、それぞれのテーマの下で、今、最も足を運ぶべき東京の中華料理店をナビゲートします。

  • 日本の中華料理 # 13

    日本の中華料理 # 13

    雲を起こし、雨を操る水の神・龍。風を司る、平和の象徴・鳳凰。気高く縁起の良いこの神獣たちは、日本では、お皿に、店内の装飾に目にする〞中華料理店の象徴〞…というイメージもあるのではないでしょうか。今、東京の中華料理店は、昔ながらの名店、本場さながらの店、洗練されたカウンター中華など、多様化しているのが面白い。ここでは2人の敏腕ライターが龍、鳳凰に扮し、それぞれのテーマの下で、今、最も足を運ぶべき東京の中華料理店をナビゲートします。

  • 日本の中華料理 # 12

    日本の中華料理 # 12

    雲を起こし、雨を操る水の神・龍。風を司る、平和の象徴・鳳凰。気高く縁起の良いこの神獣たちは、日本では、お皿に、店内の装飾に目にする〞中華料理店の象徴〞…というイメージもあるのではないでしょうか。今、東京の中華料理店は、昔ながらの名店、本場さながらの店、洗練されたカウンター中華など、多様化しているのが面白い。ここでは2人の敏腕ライターが龍、鳳凰に扮し、それぞれのテーマの下で、今、最も足を運ぶべき東京の中華料理店をナビゲートします。

  • 日本の中華料理 # 11

    日本の中華料理 # 11

    雲を起こし、雨を操る水の神・龍。風を司る、平和の象徴・鳳凰。気高く縁起の良いこの神獣たちは、日本では、お皿に、店内の装飾に目にする〞中華料理店の象徴〞…というイメージもあるのではないでしょうか。今、東京の中華料理店は、昔ながらの名店、本場さながらの店、洗練されたカウンター中華など、多様化しているのが面白い。ここでは2人の敏腕ライターが龍、鳳凰に扮し、それぞれのテーマの下で、今、最も足を運ぶべき東京の中華料理店をナビゲートします。

  • 日本の中華料理 # 10

    日本の中華料理 # 10

    雲を起こし、雨を操る水の神・龍。風を司る、平和の象徴・鳳凰。気高く縁起の良いこの神獣たちは、日本では、お皿に、店内の装飾に目にする〞中華料理店の象徴〞…というイメージもあるのではないでしょうか。今、東京の中華料理店は、昔ながらの名店、本場さながらの店、洗練されたカウンター中華など、多様化しているのが面白い。ここでは2人の敏腕ライターが龍、鳳凰に扮し、それぞれのテーマの下で、今、最も足を運ぶべき東京の中華料理店をナビゲートします。

  • 日本の中華料理 # 9

    日本の中華料理 # 9

    沢木耕太郎の『深夜特急』が刊行された前年の1985年、19歳だった浜井幸子さんは初めて中国を訪れた。そして瞬時に中国の虜になり、バックパッカーとなった。会社を辞め、アルバイトを繰り返しては中国へ渡る日々。テレビで猿岩石がユーラシア大陸をヒッチハイクで横断した前年の1995年には、中国に通うクセを何かに生かさねばと焦った浜井さんは書籍『おいしい中国屋台』の刊行に成功する。かれこれ約30年、今も変わらず中国に通い続ける浜井さんがこれまでに体験してきた本場の料理のことを紹介するのが本ページ。浜井さんが「食べてみて初めてわかる! 本場と日本の中華料理の違い」を語ります。

  • 日本の中華料理 # 8

    日本の中華料理 # 8

    ジャンルにこだわらず様々な定食を食べてきた彼が、中華定食に目覚めたのはおよそ30年も前の学生時代。そこから横浜中華街や神保町に通い続け、お気に入りの定食を追い求めてきました。そして2013年には著書『土曜の昼は中華街』も刊行。ここではそんな今さんの考える、日本特有の進化を遂げた中華定食の楽しみ方と、お気に入りのお店についてお話を聞きました。もちろん、今さんの通うお店で定食をいただきながら。

  • 日本の中華料理 # 7

    日本の中華料理 # 7

    麻婆豆腐、回鍋肉、エビのチリソース。今や定番のこれらの中華料理を日本中に広めた、四川飯店グループ創業者の陳建民氏。彼の功績は、日本の中華料理全体の進化と発展にも大きく貢献した。ここではそんな「四川料理の神様」の歩みをたどります。

  • 日本の中華料理 # 6

    日本の中華料理 # 6

    私たちは子どもの頃から、家庭の中で、街の中で、ごく当たり前のように中華料理を食べてきました。しかし、元はといえば中国の料理。日本人と中華料理は、一体いつからこんなにも深いお付き合いを始めたのでしょうか? ここでは、かの作家やあの漫画家たちが行きつけにしていた名店とともに、日本の中華料理の時代を振り返ります。

  • 日本の中華料理 # 5

    日本の中華料理 # 5

    私たちは子どもの頃から、家庭の中で、街の中で、ごく当たり前のように中華料理を食べてきました。しかし、元はといえば中国の料理。日本人と中華料理は、一体いつからこんなにも深いお付き合いを始めたのでしょうか?ここでは、かの作家やあの漫画家たちが行きつけにしていた名店とともに、日本の中華料理の時代を振り返ります。

  • 日本の中華料理 # 4

    日本の中華料理 # 4

    私たちは子どもの頃から、家庭の中で、街の中で、ごく当たり前のように中華料理を食べてきました。しかし、元はといえば中国の料理。日本人と中華料理は、一体いつからこんなにも深いお付き合いを始めたのでしょうか?ここでは、かの作家やあの漫画家たちが行きつけにしていた名店とともに、日本の中華料理の時代を振り返ります。

  • 日本の中華料理 # 3

    日本の中華料理 # 3

    私たちが普段食べている中華料理、どこまでが本場中国流で、どこからが日本流なの? ローカルな四川料理から「冷やし中華」的日本の中華まで、幅広い料理を提供している六本木「新中国家庭料理 浅野」のメニューを開き、その境界線を探ります。

  • 日本の中華料理 # 2

    日本の中華料理 # 2

    香港で話題となっていたヌーヴェル・シノワ(新しい中華料理)が日本でも人気を博したのが1980年代後半。一方、その頃、中国からの輸入食材も入手しやすくなり、東京には本場をうたう店も増えていた。やがて、バブル崩壊。そんな時代だった、今から約25年前。このお二人が来日されたのもその頃でした。料理研究家のウー・ウェンさん、シェフの孫成順さんはいずれも1963年北京生まれで、来日もわずか1年差。同様に料理の仕事をされていますが、家庭料理とレストラン料理、活躍の舞台は異なります。そして、それぞれの舞台の上で様々模索しながら、本物の中国料理を日本に伝えてきたお二人。中国と日本の料理について、今、思うところをお聞きしました。

  • 日本の中華料理 # 1

    日本の中華料理 # 1

    この季節、街場の中華屋さんの入口には「冷やし中華、始めました」の看板が垂れ下がっているを見かけます。なんでもないメニュー看板なのに、ミニ炒飯、餃子3個付きラーメンセットと同等クラスの破壊力を持つキャッチコピー!このコピーが目に飛び込んできたと同時に、お店にもついついダイブしてしまいそうになる、そんな季節の到来です。

pagetop