21時からのファインダイニング

  • #16|21時から訪れる東京の名店ー最終章ー訪れる度に驚きと感動を味わえる4軒

    #16|21時から訪れる東京の名店ー最終章ー訪れる度に驚きと感動を味わえる4軒

    料理長の采配で、あれこれできちゃう時間帯 とにかく何でも相談するべし! 深夜営業、かつきちんと美味しい店として、グルメにおなじみの「ダルマット」。元々〝深夜でもフルコースが食べられる?がコンセプトですが、アラカルト注文が可能になる22時以降は、それまで受け付けない色々なリクエストができる、実はかなり楽しい時間。その訳は…、「オーナー平井シェフの食材への情熱が、とにかくすごくて。野菜も肉も、あらゆるものを取り寄せてメニューに組み込むので、珍しい食材がたくさんあります」と料理長の舘上さん。ときにはタヌキの肉など、二度聞き必至のレアものも。「相談の上、色々アレンジします。遅い時間だ

  • #15|21時から訪れる東京の名店「虎白」 神楽坂

    #15|21時から訪れる東京の名店「虎白」 神楽坂

    老舗高級料理店が居並ぶ神楽坂。コース料理のみのお店が多いため、気安く足を踏み入れにくいエリアではありますが、2ツ星を持つ日本料理屋であるこちら「虎白」では、21時からのショートコースが存在します。「通常のコース料理は10品ありますが、『遅い時間から食べるから、軽めにして』と言われたときなどは、コースから何品かピックアップしたショートコースをお出ししています」と、料理長の小泉功二さん。「神楽坂石かわ」で長年修業を積んだ小泉料理長が腕を振るうのは、和食の技巧を凝らした繊細な料理の数々。さらに、和の定番食材だけでなく、トリュフやチーズ、豆板醤なども使用。一見意外な組み合わせですが、これが合う!まさに

  • #14|21時から訪れる東京の名店「加藤牛肉店」銀座

    #14|21時から訪れる東京の名店「加藤牛肉店」銀座

    〝肉?への願望は、得てして突然訪れるもの。しかもその訪れが、例えば残業後の遅い時間だったりする場合には、良い肉を少量でいいのでしっとり&しめやかに味わいたい。というわけで「加藤牛肉店」で21時以降にのみ注文できる「山形牛ステーキごはん」は、まさにそんなシチュエーションにぴったりの1品です。本店が精肉店というだけあって、供する肉には妥協を許さないこの店がこだわるのは〝山形牛?の〝未経産牛(子どもを産んでいない処女牛のこと)?。

  • #14|21時から訪れる東京の名店|「小田島」六本木

    #14|21時から訪れる東京の名店|「小田島」六本木

    今やすっかり定着した「和食にワイン」。これを1976年の創業時から提唱してきたパイオニアがこちらの店主・小田島稔さん。なんと、当時、前衛的だった名物メニュー「フォアグラ大根」を発案した生みの親でもあります。日替わりのおまかせコース1本のお店ですが、このコース料理を単品で注文できるのが、席が空き始める21時半ごろから22時の間。

  • #13|21時から訪れる東京の名店|「やきとり阿部」目黒|ワインと合わせてカレーで〆る ニューウェーブ焼き鳥最先端!

    #13|21時から訪れる東京の名店|「やきとり阿部」目黒|ワインと合わせてカレーで〆る ニューウェーブ焼き鳥最先端!

    仕事上りに焼き鳥店で1杯…、それじゃいつものコースと変わらない?否!近年着実に進化を遂げる東京焼き鳥シーンの最先端は、相当面白いことになっているんです。「やきとり阿部」は、そんなお店の代表格。某媒体で1ツ星の栄光に輝いた焼き鳥店「鳥しき」の姉妹店です。「鳥しき」と同じ新鮮な伊達鶏を使用する串は、たとえば血肝(レバー)なら、一瞬「生!?」と思うほどみずみずしくプルプル、中はふんわり。

  • #12|21時から訪れる東京の名店|唯一無二の直紀料理を味わう。ラパルタメント・ディ・ナオキ[麻布十番]

    #12|21時から訪れる東京の名店|唯一無二の直紀料理を味わう。ラパルタメント・ディ・ナオキ[麻布十番]

    店名の意味は「ナオキの家」。通常はおまかせコース1本のお店ですが、21時を回るとコースをばらしてアラカルトで注文できるだけでなく、「カルボナーラ食べたい!」などのリクエストにも応じてくれます。

  • #11|21時から訪れる東京の名店|「幸せ三昧」恵比寿|アラカルトOKなのにコース注文が殺到! これぞ予約が取れない店の攻略テク?

    #11|21時から訪れる東京の名店|「幸せ三昧」恵比寿|アラカルトOKなのにコース注文が殺到! これぞ予約が取れない店の攻略テク?

    「賛否両論」笠原将弘さんの一番弟子として修業を重ねてきた中山幸三さん。武蔵小山「とり将」時代から共に盛り立てて4年前に「幸せ三昧」を独立オープン。今や2週間先まで満席、超が付く人気店です。通常はおまかせコース1本で、21時からはコース料理を単品オーダーOKにして「大人の居酒屋」をイメージしていたそうなのですが、意外な状況に!「9割5分の方がコースを召し上がるんです。遅い時間は食べてくる方もいるだろうし、極端にいえばお酒だけの方がいてもいいのですが(笑)」と中山さん。なるほど。早い時間は予約が取れないから「せっかく来たからには全部食べたい!」という心理、よ?く理解できます。

  • #10|21時から訪れる東京の名店|「 スゥリル」中目黒|ほんの20cm先の美味なるライブ! 目にも舌にもたまらない特等席をリザーブ

    #10|21時から訪れる東京の名店|「 スゥリル」中目黒|ほんの20cm先の美味なるライブ! 目にも舌にもたまらない特等席をリザーブ

    レストラン激戦区の中目黒ですが、人もまばらな住宅街エリア、建物2階でひっそり営業するフレンチとあって、穴場感満載なのがここ「スゥリル」。当然飛び込み客は少ないゆえ、連日席を埋めるのは根っからのグルメたち。さらに、界隈の飲食店のシェフの出没率も相当高いという話からも、実力のほどが伺えます。「うちはわいわいシェアして食べていただくというより、1皿ごときちんと向き合ってほしいと思っています」と語るのは、2年半前にこちらをオープンさせ、人気店に育てた湯澤貴博シェフ。6500円のプリフィクスコースの中から単品注文が可能になる21時以降でも、きちんとアミューズとパンが提供され、たとえ遅い時間でも決して〝ビ

  • #9|21時から訪れる東京の名店|「銀座 大野」深夜まで美味しい和食とワインが愉しめます

    #9|21時から訪れる東京の名店|「銀座 大野」深夜まで美味しい和食とワインが愉しめます

    コリドー通りの路地裏に店を構えて7年になるこちら。水納の音色に誘われて暖簾をくぐると、カウンターで迎えてくれるのは、柔和で穏やかなご主人の大野敏彦さんです。料理に関しては「自分の目で納得した素材しか仕入れない」と毎日築地に赴いて目利きする徹底ぶり。

  • #8|21時からのファインダイニング|コミュニケーションのために全てがある!気鋭シェフの思いが宿った軽やかな店「アニス」ー初台ー

    #8|21時からのファインダイニング|コミュニケーションのために全てがある!気鋭シェフの思いが宿った軽やかな店「アニス」ー初台ー

    清水将シェフは、7年間のパリ修行後、銀座「ラール・エ・ラ・マニエール」を率いた精鋭。そんなシェフが今年オープンさせた「アニス」は、いい意味でゲストの期待を裏切る軽快なレストランです。カフェのような開放感の店内、カトラリーの横にさりげなく置かれる箸。グランメゾンを渡り歩いた清水シェフですが、自分の城となる店はカジュアルな仕上がりに。

  • #7|21時からのファインダイニング|中村孝則さん、渡辺康啓さん、清水 将さんが語る”その楽しみ方”

    #7|21時からのファインダイニング|中村孝則さん、渡辺康啓さん、清水 将さんが語る”その楽しみ方”

    さて、実際店を訪れるとなったら、願わくば思い切り、その時間ならではの楽しみを満喫したいもの。世界中のレストラン事情に精通し、様々なメディアに食にまつわる寄稿をしているコラムニストの中村孝則さん。料理家として教室を開催するほか、雑誌の連載などを持ち、個性的アプローチで料理を表現する渡辺康啓さん。そして2013年8月のオープン以来、日に日に評価を高める初台のフレンチ「アニス」清水将シェフ。いわば〝客のプロ?である中村さんと〝料理のプロ?清水さん、そしてその双方に関わる立場である渡辺さん。このお三方に、遅い時間ならではの楽しみを伺うとしましょう。言うなれば実践編、21時以降のファインダイニングをより効果的に、思う存分楽しむための指南です。

  • #6|21時からのファインダイニング|Yamada Chikara[麻布十番]創作料理

    #6|21時からのファインダイニング|Yamada Chikara[麻布十番]創作料理

    隠れた名店が多い麻布の裏道に、突如現れる真っ白な建物と光が薄く漏れる小さな窓。まさに隠れ家風な雰囲気を漂わせるのが、創作料理屋「山田チカラ」。立地や外見からして、少々難易度が高そうですが。「いえいえ、初めてのお客さんでも気軽に入ってください」と語るのは、店主の山田チカラさん。

  • #5|21時からのファインダイニング|saluce[六本木]イタリアン

    #5|21時からのファインダイニング|saluce[六本木]イタリアン

    オーナーシェフを務めるのは、某人気イタリアンの料理長を経て独立した佐藤光さん。外観からは中の様子がわからず一見入りにくいのですが、これが入ってみると驚くほど居心地がいいお店なのです!ホームページなどで大々的には公開していないのですが、訪れてみるとアラカルトメニューが!!一度訪れた人しか知らない特権です。「料理は旬の食材の持ち味を活かし、最高の状態で提供する」がコンセプトで、肉、魚のメインディッシュやトリッパの煮込みなどの定番料理にも野菜がたっぷりと入るのが特徴です。使用するのは神奈川の海沿いに住む佐藤シェフのご両親が丹精こめて作る採れたての和洋野菜が中心。素材本来の瑞々しい風味にハッとする美味

  • #4|21時からのファインダイニング|hortensia[麻布十番]フレンチ【閉店】

    #4|21時からのファインダイニング|hortensia[麻布十番]フレンチ【閉店】

    夜遅い時間に無性にワインとフレンチ な気分になったなら、向かうべきは麻布 十番にある「オルタシア」。シェフの古賀 哲司さんはパティシエ経験もあるため、 夜ごと目でも舌でも楽しめる、絵画の ように美しい料理の数々が提供されてい るのです。 平常時は8400円と1万 5750円の2本のプリフィクスのみで すが、 21 時からはアラカルトタイムがス タート。そのメニューは前菜からメイン まで合わせると常時 25 ? 30 種類はある という豊富さです。 「食べたい料理はその日の体調や天候に よって変わってくるもの。できるだけメ ニューが多いほうが、気分に合わせて料 理を楽しんでもらえるかと思っ

  • #3|21時からのファインダイニング|Sala AMABILE[銀座] イタリアン

    #3|21時からのファインダイニング|Sala AMABILE[銀座] イタリアン

    名だたる名店がひしめく銀座。しかし閉店が早い店も多く、「〆に一杯!」というノリだと行き場を失いがちなのは、みなさんご存知の通り。 そんな銀座の夜に革命を起こしそうなのが、ここ「サーラアマービレ」。「うちの店は『きちんと食べなきゃ』って思われるみたいで、アラカルトの存在を知らない方がほとんどなんです」と語るのは、あの「アロマフレスカ」を率いるイタリアンの名手・原田慎次シェフではないですか!それもそのはず、ここは「アロマフレスカ」に併設された、いわばサロン版レストラン。 原田シェフの世界観を、5000円からのセットメニューで気軽に楽しめる場所として支持されています。22時以降のアラカル

  • #2|21時からのファインダイニング|【龍吟】RYUGIN[六本木] 日本料理

    #2|21時からのファインダイニング|【龍吟】RYUGIN[六本木] 日本料理

    ■a la carte■ 《HOUR》21:00~22:30LO 通常23,100円のコースのみ 予算目安:7,000円~(例)前菜+メイン+お酒1杯 =夜のお楽しみ= ★アラカルトの時間帯の予約は、当日の11:30~受付。受付開始と同時に電話を。チャンスは毎日やってくる! ★予約なしでテイクアウトできる「龍吟カレー」や「六本木プリン」なども用意。入れなくても“家龍吟”! ★アラカルトはシェアもOK、前菜からデザートまで充実のラインナップ。グラスワインも10種前後が揃う。

  • #1|21時からのファインダイニング|3つの心得ポイント!

    #1|21時からのファインダイニング|3つの心得ポイント!

    こちらは六本木にあるミシュラン3ツ星の日本料理店「龍吟」。食後の飲み物で余韻に浸る人や、帰ろうとしている人がいる中で、今まさに食事を始めようとしている2人組がいます。いや~、知ってますね。日本屈指のファインダイニングである「龍吟」ですが、実は21時からアラカルトタイムがはじまるのです(詳しくは次のページで!)。そう今回の特集でお伝えしたいのが、この特別な時間。普段はコースしか出していないけど、夜遅くになるとアラカルト対応してくれるファインダイニングをご紹介いたします。優雅に美味しい料理を食べたいし、大切な人と食事もしたい、でも忙しいし、仕事終わりも遅い…。いえいえ、むしろ夜遅いからこそいいこともあるのです。コースの時間がゴールデンタイムなら、21時以降はまさにプラチナタイム。その所以をとくとご紹介いたします!

pagetop