• feed

本一の日本酒11種が一同に!蔵元にも会える! 9月28日(月)開催『満月酒宴@ARK Hills with AUX BACCHANALES』参加者先着280名大募集!!

mangetsu

2011年9月に始まった「peaceFullmoon PROJECT」もついに4周年。秋風が吹き、心地良いお月見日和となっているであろう9月の満月の夜に、アークヒルズの屋外広場、アーク・カラヤン広場 にて、プレミアム版「満月酒宴」を開催します! ご堪能いただくのはSAKE COMPETITION 1位に輝いた蔵のお酒。しかも、歴代日本一の蔵が一堂に会するという史上初の宴をお愉しみください。

 

こちらのイベントは応募を〆切ました。

※ 当イベントのお申込みは日本酒初心者にもっと魅力を知っていただきたいイベントのため、20歳以上~45歳未満に限らせていただきます。
この年齢に該当されない方がチケットを購入されても、当日イベント会場へのご入場はお断りさせていただきますので、ご注意ください。

 

[DRINK]

日本酒オールスターズを1杯ずつ全種類飲み比べ

SAKE COMPETITION第1~4回・各部門1位の蔵元から各1種ずつお酒をご用意。全種類を1杯(約50ml)ずつ飲めるドリンクチケットをお渡ししますので、贅沢な飲み比べをどうぞ。※飲み放題ではございません。

_MG_1787

※写真はイメージです。当日お飲みいただけるお酒はこちらの蔵元のお酒ですが、受賞酒及び掲載酒とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。

DRINK LINEUP (写真左より)

①「廣戸川」松崎酒造店

2014年Free Style部門1位「廣戸川 大吟醸」。震災の影響により、11年秋、現蔵元杜氏・松崎祐行さんが跡を継ぐことに。初めて仕込んだ大吟醸が「平成23酒造年度全国新酒鑑評会」にて金賞を受賞。元気のいい福島県の若手の中でもひときわ注目度が高い蔵。

②「東洋美人」(株)澄川酒造場

2012年生酛山廃部門1位「東洋美人 山廃純米」、13年純米吟醸部門1位「東洋美人 純米吟醸 611」、生酛山廃部門1位「東洋美人 山廃純米」、14年Free Style Under5000部門1位「東洋美人 大吟醸 地帆紅」。という3年連続受賞を成し遂げた唯一の蔵。

「飛露喜」(資)廣木酒造本店

2012年純米酒部門1位「飛露喜 特別純米 生詰」。創業は江戸時代中期。今や、押しも押されもせぬ人気銘柄「飛露喜」を生み出したのは、9代目蔵元杜氏、廣木健司さん。杜氏の引退等により、30歳で跡を継ぐ。存在感のある酒造りをモットーに、快進撃を続けている。

「磯自慢」磯自慢酒造(株)

2012年純米吟醸部門1位「磯自慢 純米吟醸」。江戸時代、現・静岡県焼津市の港町に創業。原料米は酒米の最高峰と言われる兵庫県特A地区産の山田錦にこだわる等、酒造りに対する徹底した姿勢で知られる。08年の洞爺湖サミットでは、総理夫妻主催の晩餐会の乾杯酒に。

⑤「十四代」高木酒造(株)

2012年純米大吟醸部門1位「十四代 龍月」。13年純米大吟醸部門1位「十四代 大吟醸 純米醸造」。1615年創業の歴史ある蔵。酒造りを担う十五代目蔵元高木顕統さんは、東京農大醸造科を卒業し、蔵元杜氏の先駆けとしても有名な若手蔵元の憧れの的。

⑥「寫樂」宮泉銘醸(株)

2014年純米酒部門「寫樂 純米酒」、純米吟醸部門「寫樂 純米吟醸 備前雄町」各1位。09年、4代目蔵元、宮森義弘さんが製造責任者として酒造りに関わってから、めきめきと頭角を現すようになり、当時280石だった生産量は、現在ではなんと2,500石と約10倍に。

「雨後の月」相原酒造(株)

2013年純米酒部門1位「雨後の月 山田錦 特別純米」。広島県の酒造り発祥の地・仁方地方に1875年に創業。早くから高級酒を造り、特選街主催の「全国日本酒コンテスト」では3年連続日本一に。2012年にはJAL国際線のファーストクラスに純米大吟醸が搭載された。

「山和」(株)山和酒造店

2014年純米大吟醸部門1位「山和 純米大吟醸」。1896年創業。7代目蔵元、伊藤大祐さんは、東京農業大学卒業後、蔵に戻り10年前に「山和」を立ち上げる。栗駒山水系の仕込み水で醸す酒は洗練された味わい。今年発足した宮城の蔵元集団「DATE SEVEN」の初代リーダー蔵。

 

\2015年1位に輝いたこちらの蔵も参加します!/

<純米酒 部門>
「磯自慢 特別純米 雄町」 磯自慢酒造株式会社 (同④)

<純米吟醸 部門>
「勝山 純米吟醸 献」 仙台伊澤家勝山酒造株式会社

<純米大吟醸 部門>
「会津中将 純米大吟醸 特醸酒」 鶴乃江酒造株式会社

<Free Style 部門>
「五橋 極味伝心 生もと木桶造り 純米大吟醸」

 

[会場&FOOD]

アーク・カラヤン広場でいただくのはオーバカナルの日本酒に合うフレンチ

繝上y繧ォ繝翫ΝBQTOLYMPUS DIGITAL CAMERA

アークヒルズの賑わいの中心となる屋外広場「アーク・カラヤン広場」と、まるでフランスにいるかのような雰囲気のブラッスリー「オーバカナル」が、一夜限りの満月酒宴会場です。トラディショナルなフランス定番メニューが人気の「オーバカナル」が、この日のためにアレンジした日本酒に合うお料理をブッフェスタイルでご用意します。隣接する2つの会場は自由に行き来が出来るので、お料理やお酒を受け取り、広場で満月を見ながら美酒美食に酔いしれるのがオススメです。※写真はイメージです

 

 こちらのイベントは応募を〆切ました。

※ 当イベントのお申込みは日本酒初心者にもっと魅力を知っていただきたいイベントのため、20歳以上~45歳未満に限らせていただきます。
この年齢に該当されない方がチケットを購入されても、当日イベント会場へのご入場はお断りさせていただきますので、ご注意ください。

 応募概要

●日時:9月28日(月) ※雨天決行  18:30受付開始、19:00START 21:00LO、21:30CLOSE

●会場:アークヒルズ  オーバカナル&アーク・カラヤン広場
東京都港区赤坂1・12・32アーク森ビル2F

●参加費:6,500円(税込、チケット手数料別)

●参加条件:20~45歳の方
※日本酒初心者の方に、日本酒の良さを知っていただくイベントのため、年齢制限を設けさせていただいております。

●募集人数:280名(先着順)
※先着順のため定員になり次第、締め切らせていただきます。

※20歳未満の方、お子様ご同伴の方、お車でお越しの方は入場をお断りさせていただきます。※参加決定後のキャンセルはできません。
※グラスは1人1脚となります。
※お酒、お料理はなくなり次第、終了となります。
※全蔵元が参加予定ですが、事情により蔵元が当日会場に来られない可能性もございます。

 

主催:メトロミニッツ 協力:はせがわ酒店、森ビル株式会社、各社蔵元

イベントに関するお問い合わせはメトロミニッツ編集部まで(☎03・6202・0346)

 

 

ページTOPへ

コメントは現在受け付けていません。