• feed

100蔵200種類以上の日本酒を飲み比べ!「SAKE COMPETITION 2014 授賞パーティ<蔵元を囲む会>」参加者募集中!

sake

【チケットは完売となりました。たくさんのご応募ありがとうございます】 

 

 

 

\SAKE COMPETITION とは?/

全国から856点が出品! 世界一美味しい日本酒が決まる!

BP1I7546純米、純米吟醸、純米大吟醸、それ以外の清酒で5,000円以下のFreestyle5000、価格上限なしのFreestyleの5部門に分かれ、美味しさを競う品評会。技術指導者、有識者、蔵元など予審12名、決審30名により、ブラインドの状態で審査が行われます。

 

\ 「蔵元を囲む会」のお楽しみ/

①100蔵の自慢の酒200種類以上を自由に飲み比べ!

tanosimi今回の「SAKE COMPETITION 2014」には全国から280の酒蔵が自慢の日本酒を計856種出品しました。その中から日本一の酒が決まるわけですが、「蔵元を囲む会」には100蔵が参加します。上位に入賞した酒蔵のお酒、東京ではなかなか出合えないお酒、合計200種類以上を飲み比べできる訳ですから、きっとお気に入りの1本に巡り会えるはず! しかも蔵元の方自らグラスに注いでいただけます。酒造りにかける想いも存分に聞きながらいただくお酒は、きっといつもより特別な味わいになるはずです。

BP1I5724aS※写真の日本酒は出品酒ですが、パーティでこれらのお酒が飲めるとは限りません。

sannkakura

 

 ②3月にオープンしたCOREDO室町2から人気のデリが特別出店!

syokujiさて、お酒のアテが気になることと思いますが、ご心配なく! 今回の会場となる「日本橋三井ホール」はCOREDO室町内にあるイベントスペース。ということで、そのお隣のCOREDO室町2の地下1階から、オーガニック野菜をふんだんに使ったお惣菜、熟成肉といえば!のあのお店、言わずと知れた老舗すき焼き店など6店に出店いただきました。会場内の特別ブースにCOREDO室町2の人気店が並ぶ贅沢さ! 日本酒にぴったりなおつまみも存分にお楽しみいただけます!

Food2

 

【チケットは完売となりました。たくさんのご応募ありがとうございます】 

 

 

<開催概要>

●日時:10月29日(水) 受付19:00 開始19:30 (L.O.21:00予定)

●参加費:お1人様5,000円
(お食事チケット1,000円分含む、税込み、チケット手数料込み)

●募集人数:500人
※先着のため定員になり次第〆切りとなります。

●会場:日本橋三井ホール(COREDO室町内)
東京都中央区日本橋室町2・2・1COREDO室町5F (入口は4F)

o134908991301965512371s洋楽、邦楽を問わずアーティストのコンサートや、演劇、企業のセミナーなど様々なイベントに使用される日本橋三井ホール。こちらに酒蔵100蔵のブースとフード6店のブースがずらりと並びます!

 

※20歳未満の方、お子様ご同伴の方、お車でお越しの方は、ご入場をお断りさせていただきます
※チケット購入後の払い戻しやキャンセルは受け付けておりませんので、ご注意ください。
※お酒やお料理はなくなり次第、終了となります

主催:SAKE COMPETITION 実行委員会
*イベントへのお問い合わせはsake@ssu.co.jpまでメールにてご連絡ください

 

コラム:ABOUT ①サケコン
日本酒選びの新基準を示すSAKE COMPETITION

日本酒は難しい、消費者はなにを基準にして選んだらいいかわからない。結局のところ、ブランドで選ばざるを得ない。日本酒業界にはこういった課題がありました。「もっと美味しい日本酒がたくさんあるのに」。そんな想いから、「SAKE COMPETITION」は始まりました。つまりは、消費者が本当に美味しい日本酒に巡り会えるように、新しい基準を作るために開催されているのです。

この会の発端となったのは、SAKE COMPETITIONの発起人でもある「はせがわ酒店」が20年以上前から行ってきた「きき酒会」、「蔵元を囲む会」でした。当時、酒蔵同士の交流はめずらしく、造りや技術は門外不出だった状況を、蔵元同士をつなげ、互いに切磋琢磨できる場として立ち上げられたのです。しかしながら、年々規模が大きくなり1社だけで運営を続けることが難しくなり、一時中断。

その復活のきっかけとなったのが、2011年の震災でした。東北の酒蔵の被害、そして東北の日本酒が注目されるあまり、西の日本酒が飲まれなくなったという事態。もう一度、日本酒業界全体を盛り上げるべく、今度は他の企業、団体を巻き込んで「S A K E COMPETITION」の開催に至ったという訳なのです。

ただのきき酒イベントではなく、ただの品評会ではない「SAKE COMPETITION」。日本酒をもっと盛り上げるべく、今年も全国から選りすぐりのお酒が集まりました!

 

コラム:ABOUT ②サケコン
ナンバー1の日本酒とは?

SAKE COMPETITIONの審査基準は、大きく言うと2つ。お米でできたお酒らしい香りや味わいから逸脱していないかどうかを問う「清酒としての品格」。飲んで楽しむ酒として優れているかどうかを問う「飲用酒としての適用」。以上2つを基準として、味、香り、口当たり、飲みやすさ、料理との相性を判定。まさに私たち消費者にとって、日常的に飲んで美味しい日本酒が選ばれるということなのです。

sashikae_photo BP1I7517

 

ページTOPへ

コメントは現在受け付けていません。