• feed

3月6日(木)開催! 宮城のうま味を堪能する酒宴「TDS Rebirth 東北フードプロジェクト @丸の内カフェ ease」 参加者50名募集中!!

titleM

一流シェフたちが手がける“おひたし”と「宮城」の美味を味わい尽くそう!

ご存知でしょうか?〝 おひたし〞とは、「加熱した食材(野菜)にうま味を含ませた料理」という定義だとか。うま味、それは「和食」の心を伝えるもの。カツオや昆布はもちろん、実はトマト、緑茶などでも味わえます。さて、今号の特集は「和食」が無形文化遺産に登録されることが嬉しくてスタートしたものでしたが、まだまだもっとお祝いしたい。…で、やりましょう。うま味たっぷりの酒宴を! この度、震災被害を受けた東北の食材・食ブランドを応援しようと生まれた「Rebirth東北フードプロジェクト」とコラボして宴(イベント)を開催します。そのテーマは、「宮城」と「うま味」。宮城産の食材を使い、丸の内のトップシェフたちがなんとスペシャルな〝おひたし〞を作りました。そんなおひたしとともに、美味しい「宮城」をはらくっつい(満腹)、いただきましょう!!

 

こちらの応募は締め切りました。

 

 CONTENTS 01
最上級の宮城のうま味が詰まった「おひたしBAR」が登場!
下の写真をご覧ください。野菜はもちろんのこと、新鮮な魚介から仙台名物の牛タンなどの宮城の食材を駆使し、丸の内シェフズクラブのシェフ6人が繰り出すクリエイティブなおひたしを存分にお楽しみいただけます。

①つぼみ菜と帆立貝のおひたし、海薫るバーニャカウダーソースと

 a_IMG_9567

 00_☆Stefano_Dal_Moro_4199昆布とにんにくの合わせ技が効いた、うま味の塊のようなジュレを合わせて。
ふわりと香る柚子と塩気が絶妙なアンチョビが隠し味。
「アンティカ・オステリア・デル・ポンテ」総料理長 ステファノ ダル モーロ氏

 
②つぼみ菜、ドライトマト、
あさりのイタリア風おひたし

 b_131226-022

 02_☆Sasajima_Yasuhiro_4107_modify昆布出汁にあさり、トマトなど、うま味たっぷりの素材を合わせて味わい倍増。
にんにくとオリーブオイルの香りが食欲をそそります。
「イル ギオットーネ」オーナーシェフ 笹島保弘氏

 
③五色の彩り野菜と干し貝柱の中華風おひたし

 c_131226-038

 01_☆Endoh_Kiyoshi_4090_modifyしゃきっと炒めた素材を、干し貝柱の出汁に漬け込みました。
干し貝柱の深い滋味を生かすため、味付けは少量の塩でシンプルに。
「四川豆花飯荘 東京店」料理長 遠藤浄氏

 
④シャモのローストと小松菜・リーフレタスのタイサラダ風スパイシーなおひたし

 d_131226-048

 03_☆Tateyama_Osamu_5150_modifyタイの発酵調味料、ナンプラーがベースのソースで、野菜を和えました。
ライムやハーブのさわやかな香り、しびれる辛さを効かせて。
「マンゴツリー東京」総料理長 舘山修氏

※「おひたしBAR」にメニューを提供するシェフは全6人。上の4人の他に、「つきぢ田村」三代目主人・田村隆氏、「銀座寿司幸本店」主人・杉山衛氏によるおひたしも並びます。乞うご期待!

 

CONTENTS 02
宮城の銘酒、珍味&塩むすび、シェフが監修した“缶詰”もご提供
当日、さらにご注目いただきたいのは、気仙沼の秋刀魚を三國シェフが、石巻の金華サバを笹岡シェフが使って開発した初披露のプレミアム缶詰。また、宮城の銘酒や珍味&おむすびバーも用意します。

◆8つの酒蔵が宮城県から来場。

f_IMG_8820このイベントのためだけに、宮城全県から選りすぐりの日本酒蔵8軒が集合! 蔵元さんから直接、酒造りの秘話やおすすめの味わい方を聞きながら味わえるチャンスです。参加銘柄は「浦霞」、「蒼天伝」、「一ノ蔵」、「墨廼江」、「伯楽星」、「勝山」、「日輪田」、「阿部勘」(予定)。 
協力:はせがわ酒店

 

◆宮城の珍味を、塩むすびで!

e_1224-8656「ホタテの潮煮」、「無着色のしそ漬け明太子」、「鯨の大和煮」、「伊達やきそば」など、イベント当日は宮城の珍味全8種をおかずにしながら食べられる塩むすびも提供します。塩むすびのごはんも、もちろん宮城産。塩は11時間かけて煮詰めて不純物を取り除いた「塩釜の藻塩」を使用します。

 

◆気仙沼・石巻の恵みを“缶詰”で楽しめる

ph1_kesennuma_50A0783

<気仙沼>

07_★Mikuni_Kiyomi_4083とろとろさんまとフカヒレと大島ゆずの味噌煮
「ミクニ マルノウチ」オーナー 三國清三氏 (左の写真)
   ×
「フランス食堂 オ・コションブルー」オーナーシェフ 橘祐二氏 (東北パートナー)

 

 

<石巻>

<石巻>

06_★Sasaoka_Takatsugu_4210山椒香る金華さばとムール貝、たっぷり野菜のお椀
「恵比寿 笹岡」主人 笹岡隆次氏 (左の写真)
   ×
「日本料理 おかざき」主人 岡崎敏彰氏 (東北パートナー)

 

 

本イベントは、「メトロミニッツTDS」と「Rebirth東北フードプロジェクト」のコラボにより開催!

Logo_rebirth_tohoku_project「食」を通じて様々な復興支援をしてきた三菱地所グループの「Rebirth東北フードプロジェクト」。丸の内エリアを拠点に食育活動を進める「丸の内シェフズクラブ」や東北エリアのシェフたちと、2011年より連携をしながら、東北の食のブランド再生に想いを持って活動してきました。今回のイベントで初お披露目となるオリジナル缶詰は、同プロジェクトの第6弾。丸の内シェフズクラブは、服部幸應氏を会長に三國清三シェフなど26人のメンバーで構成されています。

Tokyo Delicious Society(=TDS)とは?

 TDS_logp合い言葉は「美味しい!で暮らしをプレミアムにする」! 美味しい食事を通して喜びを共感し合える仲間を増やし、心豊かな暮らしをデザインするソーシャルダイニング・コミュニティです。

 

こちらの応募は締め切りました。


応募概要

日時 : 3月6日(木)19:30~22:00(受付19:00~)

参加費 : お一人様5,000円

応募締め切り : 2月10日(月)

会場 : 丸の内カフェ ease
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル1F 東京メトロ丸ノ内線・JR東京駅より徒歩2分

募集人数 : 50名様(1組3名様までご応募いただけます)

※ご応募が多い場合には抽選とさせていただきます。ご当選者には2月21日(金)までにメールにてご連絡申し上げます
※ご当選後にキャンセルされる場合は、キャンセル料が発生することもございますので、ご了承ください
※「食べ放題」「飲み放題」のイベントではございません。お料理やお酒は無くなり次第終了となります 

主催:メトロミニッツ編集部、三菱地所

  
※本イベント内容掲載のメトロミニッツ2014年1月20日発行号(No.135)P42-43おいて、掲載内容に多数誤りがございましたため、下記に 修正したPDFを掲示いたします。読者の皆様、そして関係各位の皆様に大変ご迷惑おかけしましたこと、心よりお詫び申し上げるとともに、ここに記載内容を 訂正させていただきます。

P42-43

 

ページTOPへ

コメントは現在受け付けていません。