• feed

と味ちがう特別な時間を届ける プレミアムケータリング【04】 一度はオーダーしてみたい東京のケータラーさん

rogo2

title

近年、個人でケータリングを手がけるケータラーさんの数が増え、バラエティに富み、誰に頼もう?を考えるのが楽しくて仕方ない状態に。ここから始まるページでは、今、気になるケータラーさんたちにご登場いただきます!

01
Wataru Yokota

横田渉さん

3S7A7633実

この日のメニューは、スパイスを練り込んだエスニックミートボールを自家製ピタに挟み込んだミニピタサンド、マフィンのようにも見えるふわふわとしたスパニッシュオムレツ。季節の野菜が添えられ、醤油もろみで漬け込んで旨みを閉じ込めた牛肉のローストなど

 

一流の"ガストロノミー"を届ける
オーダーメイドな出張料理人 

醤油もろみで漬け込んだ牛肉のローストがジュジュッと音を立てながらフライパンごとテーブルに運び込まれ、本日のテーブルが完成しました。一見シンプルに見える料理は、どれも丁寧に手がかけられていて、日本を代表するフレンチの1つ「NARISAWA」で腕を磨いた、横田渉さんならでは。「子どもの頃、僕が作った料理を家族みんなが喜んで食べてくれたのが、料理の原点となっています。でも、レストランの厨房で働いていると、どんなお客様がどの料理を食べているのかが見えません。いつしかそのことが気になるようになって、食べる人やシーンに合わせて料理を作りたいと思うようになりました」日頃から料理には国境がなく、自由なものだと感じていた横田さんは、レストランを辞めた後、人や料理が多様な米国・西海岸に渡ります。料理を食べるだけでなく、食事の時間そのものをスマートに楽しむ文化や人々の姿に触れ、よりヴィジョンが明確に。「食卓を囲みながらリラックスして食事を楽しんでいただけるよう、手をかけながらも馴染みのあるメニュー構成にして、食材や道具で季節を感じていただくことを大切にしています。それが僕の目指す"オーダーメイドな出張料理"です」

 

HOW TO ORDER?yokota
料金目安/1人5,000円~、または合計50,000円~注文可(配送料10,000円~別途。規模・移動距離に応じて変動あり) 人数/2~200名様まで対応 注文方法/メールにて。注文は2週間前(少人数)~1カ月前(大人数)までに

 

 02
tsubu tsubu

粒粒

 IMG_0065実_MG_6810実  P1090607実

右/fancomiさん個展にて、赤、紫、緑のおにぎりを中心に。パプリカ、アスパラ、ビーツ、紫キャベツ、ロマネスク等のカラフルな野菜をふんだんに使って。味はアジア風にアレンジ 中/◯△□(丸三角四角)のおにぎりをテーマに 左/撮影用に作った食材いろいろのカラフル手まり(Photo 千葉亜津子)

 

"見て美味しい、食べて楽しい"おにぎり・ケータリングユニット

目に飛び込んでくる色の洪水、鮮やかな料理が並びます。食べた人は口々に「何これ!」と舌の上で味を探ることに。美味しいと同時に発見がある、それが「粒粒」のおにぎり・ケータリングです。メニューにおにぎりを採用すること以外は、自由な発想で料理を作っているお2人。三重県の米農家に育った川瀬さんは、おにぎりと言えばお母さんの味。益永さんも里帰りの帰路、瀬戸内海を渡るフェリーの上で食べたお母さんのおにぎりに思わず声を上げて泣いたことがあるそうです。おにぎりにこだわり続けるのは、誰にとっても心の支えになり得る存在であると信じているから。空間のみならず、食べた人が思い思いに受け取って楽しめる料理が感受性にも色を添えていきます。注文は、ギャラリーやアートイベントなど、クリエイティブな場から入ることが多いそうです。

 tubutubuHOW TO ORDER?
料金目安/合計30,000円~注文可(配送料別途) 人数/20~100名様まで対応(応相談) 注文方法/メールにて。注文は最低2週間前~なるべく1カ月以上前までに t_s_u_b_u@yahoo.co.jp

 

 

03
Tokyo Masara Boys
東京マサラボーイズ

kajiki ki-ma mataru tebasaki 

イベント時に提供しているメニュー「カレープレート」は、カレー2種盛650円、1種盛600円という料金設定

 

インド料理(特にカレー)を通じて、
スパイスの魅力を発信する2人

平日はサラリーマン、休日は美味しいインド料理を届けるケータラーという2人組。大好きなスパイスの魅力を、1人でも多くの方に届けたいという熱い思いから活動を始めたそうです。「スパイスの魅力を、誰からも好かれる形で一番表現出来るのはカレー」ということで、研究に研究を重ねたとびきりのカレーを中心に、なるべく本場・インドのものに近い素材やレシピで料理をしています。「料理は場を盛り上げる脇役」というポリシーから、あえて演出に凝ることはしませんが、子ども向けにチャパティーを焼くワークショップをやって、場を盛り上げるのに一役買うことも。稼動するのは週末・休日限定なので、頼める日程や人数に限りはあるものの、スパイスの美味しさは無限大。常に自分たちのカレーでスパイスの奥深さにはまって欲しいと願う、東京マサラボーイズなのでした。

masara
HOW TO ORDER?
料金目安/1人2,000円~(配送料別途) 人数/4~約50名様まで対応 注文方法/メールにて。注文は2週間前までに tokyo_masala_boys@yahoo.co.jp

 

 >>人気の秘密は「木箱」

 

1 2 3 4 5

ページTOPへ

コメントは現在受け付けていません。