• feed

と味ちがう特別な時間を届ける プレミアムケータリング【01】 ケータリングの変遷・未来の話

tobira

 

あまり聞き馴染みがないかもしれませんが、「ケータラー」という言葉をご存知ですか?
それはケータリングサービスを提供する人や会社のことで、メトロミニッツでは特にケータリングを手がける個人を“ケータラーさん”と呼んだりします。

ところで、ケータリングに似たサービスで「デリバリー」というものがあります。その料理の基本は、「届いたらそのまますぐに食べられるもの」。デリバリーの大半は、日常的な食事を自宅まで届けてくれるサービスです。

一方、メトロミニッツが、これからもっと拡大しそうだと専ら期待を寄せている「ケータリング」とは食事を運ぶのではなく、食べる時間を届けてくれるサービスです。料理はもちろん、空間の設え、過ごし方まで一緒に考えてくれる場合も多く、その料理の基本は「みんなで愉しく食べるもの」。あでやかなパーティシーンじゃなくてもいい。家族や友達同士でも、身近な誰かと気持ちを通わせたい時にもっと活用すれば暮らしがちょっと豊かになるかもしれません。

今、東京には、個性豊かなケータラーが増えています。

 

 

>>遠山正道さんが語るケータリングの変遷・未来の話

1 2 3 4

ページTOPへ

コメントは現在受け付けていません。