• feed

家製の偏差値〈04〉 偏差値70以上! 自家製の名店27 vol.03

自家製の偏差値

TITLEsパンにはさむ“具”が自家製
ホットドッグ、サンドイッチ、手軽に作れるいわばファーストフードですが、こちらの3店はひと味違います。独自のアイデアと、てまひまかけた渾身の具材をご賞味ください!

スーパーホットドッグ

ホットドック

SHアイコン

見て驚いて、食べて驚く
エンタメ精神100%の自家製ソーセージ

アメリカ定番のファストフードといえば、やっぱりホットドッグです。パンに熱々のソーセージを挟んで、ケチャップとマスタードをたっぷりかけてかぶりつく!
「そんなシンプルな料理だからこそ、ホットドッグは素材が命」と語るのは、店長のビッグマウスさん。その言葉通り、この店の看板メニュー「スーパーホットドッグ」(899円)はソーセージにはじまり、ケチャップ、マスタードに至るまで全て自家製。お手軽フードのホットドッグを、なぜわざわざ手作りに?
 実はビッグマウスさんはもともとカメラマンでしたが、趣味の料理が嵩じて、ソーセージ作りにハマりすぎてホットドッグ屋さんまで開いてしまったという異色の経歴の持ち主なのです。
「でも、ただのホットドッグ屋ではおもしろくないですよね。どうせだったらお客さんを楽しませるようなホットドッグを売りたいと思ったんです」
 そこで、お客を喜ばせるため、8インチ(約20㎝)の特大ソーセージを作り始めたそうですが、次第に8インチでも納得いかなくなったそうで、いまではなんと10インチ(約25・5㎝)。とりあえず、そのボリューム感にビビります。「そんな大きいの食べられない」と言う方も、ご心配なく。かじると肉汁がたっぷり飛び出る特大サイズのソーセージは香辛料と塩加減が絶妙なので、食の細い女性でもペロリと食べられるから驚きです。作り手のエンタメ精神が込められた自家製ソーセージ、ぜひ驚かされに行きましょう。

マスタードマスタード
ソーセージをはさむ前、パンの切れ込みに最初に投入されるのが自家製マスタード。白ワインなどいろいろな素材を投入してブレンドされたマスタードは、肉との相性バツグンです

ソーセージソーセージ
ブランド豚・ひたち豚のもも肉だけを使用したソーセージ。肉だけでなく、使っている香辛料や塩なども、すべて店長・ビッグマウスさんが厳選。旨味とこだわりが詰まっています

 ケチャップケチャップ
開店当初からケチャップも自家製。塩を変えたり、フルーツを加えたりと、常に試行錯誤を重ねていて、現在のケチャップは「Version8」。まさに、進化するケチャップ!

 

 スーパーホットドッグスーパーホットドッグ港区芝5丁目店
03-6809-6642
東京都港区芝5-3-5
11:00~14:00、17:00〜23:00(日祝11:00〜19:00) 火定休
 https://twitter.com/superhotdog777

 

 >>自家製ハムとコンビーフもパンにはさむ!

 

1 2 3 4 5 6

ページTOPへ

コメントは現在受け付けていません。