• feed

家製の偏差値〈03〉 偏差値70以上! 自家製の名店27 vol.02

自家製の偏差値

TITLE
あの人が惚れた
自家製メニュー

さて、ここでは食べることに独自の愛を持ったおふたりにお気に入りの自家製の逸品をご紹介いただきました。やはりおふたりともいろいろと食べ歩いてらっしゃるだけあって、お話を聞いてみると面白い自家製観を持っていました。食べ手も自家製を意識してみると、また違うお店の表情が見えてくるようです。

 

小石原はるかさんご推薦

ベーカーバウンス

小石原はるかさん 

 小石原はるかさん
偏愛系フードライター。肉好きとしても有名。著書に『麹の「生きた力」を引き出す本』など

 

「自家製」っていうのは
お店の覚悟と意気込みの現れなんです

料理研究家のお母様を持ち、幼い頃から超・自家製偏差値が高い環境で育ってきたフードライターの小石原はるかさん。そんな小石原さんが選んだのは、三軒茶屋のハンバーガー店「ベーカーバウンス」のトマトケチャップ。小石原さんとこのケチャップとの出会いは10年前。その際、ケチャップをわざわざ自家製で作るお店があることを知り、とても驚いたのだそうです。

「ここのケチャップは市販のもののようなわざとらしい甘みがなくて、トマト本来の甘さが凝縮されているんです」 しかも、パティの味に合わせるため、毎回仕込むたびにケチャップの味を調整しているのこと。まさに究極の「バーガーに合うケチャップ」なのです。

「でもね、味ももちろんですが、お店で出される料理が自家製かどうかってすごく大事なことですよね。なぜなら自家製するということは、『手間暇をかけて料理を作っています』というお店側の意気込みの表れですから」そのメニューが売れなければ、すべてがムダになるリスクを承知で、真摯に「客にうまいものを食わせよう」とするお店の姿勢にグッとくるのだとか。

 ちなみに、このケチャップを偏愛してやまない小石原さんの大好きな食べ方は、付け合せのポテトにケチャップをたっぷりつけて食べるというもの。「バーガーで食べるよりケチャップ本来の味がよくわかるので、ぜひやってみてほしいです。あまりにおいしくて、思わず『ケチャップもう1杯!』って、おかわりしたくなっちゃいますよ」

 

 199189201

 左)ケチャップだけでなくベーコンも自家製。中)小石原さんが選んだ「ベーコン チーズ バーガー ランチ コンボ」(1050円)。自家製ケチャップをたっぷりはさんで。右)トマトや玉ねぎ、たまり醤油など秘密のレシピで作られたケチャップはネット上で販売中(367g 780円)

 ベーカーバウンスベーカーバウンス 
03-5481-8670
東京都世田谷区太子堂5・13・5
11:00~14:30 17:30~22:30(土11:00〜22:30、日11:00〜21:30)不定休
http://bakerbounce.com/

 

 Photo 加藤純平 Text 藤村はるな

>>久住さんの惚れた自家製

1 2 3 4 5 6

ページTOPへ

コメントは現在受け付けていません。