• feed

ンタビュー:シシド・カフカ

Artist interview  シシド・カフカ

普段はスピーカーやスクリーンの向こう側にいるアーティストにも、単純にリラックスできたり、インスピレーションを与えてくれたり、いろんな人と出会うため の場所が街の中にあります。そんな東京のお気に入りスポットにご一緒してお話を聞いた、インタビューをお届け。今回は9月19日にシングル「愛する覚悟」でCDデビューしたシシド・カフカさんに銀座の老舗BARでお話を聞きました。

 

 
夢を語りたくなる歴史空間
老舗BARで飲むカプチーノは格別

9月19日にシングル「愛する覚悟」でCDデビューするシシド・カフカさん。髪を振り乱しながら叩き出すドラムプレイと、長身&端麗なルックスで、音楽業界のみならずファッション界や、芸能界からも熱い視線を集めるドラムガールだ。ちなみに〝カフカ〞という名前は、チェコ語でコクマルガラスのこと。

「知り合いのコピーライターさんが、命名してくれたんです。私、黒が大好きで、いつも黒い服ばかり着ているので」。

 デビュー曲となる「愛する覚悟」は、ロックンロール調のポップなナンバー。一見、男には耳の痛い言葉が連なるが、奥底には「ちゃんと自分のことを見ていてほしい」という女心を込めた。黒のファッションからのぞかせる白い肌のように、ワイルドな印象の中にも女心がチラリ。

 そんな彼女がおすすめする、銀座の「BARTARU」は、古いビルの地下にある隠れ家的なお店。セットでは作れない自然な枯れ感が秀逸で、ドラマや映画の撮影でもよく使われる。「好きなアーティストは、山口百恵さんやスライ&ザ・ファミリー・ストーン」という、レトロ好みのカフカさんが気に入るのも分かる。昼間のカフェ営業「Caffe Il Solito」では、カフカさんの友達のバリスタがいれるカプチーノが好評。「私は、カフェの時間に来る機会が多いですが、夜はちょっと暗めの照明で、ゆっくり会話しながらお酒を楽しめる雰囲気。友だちと来て、お互いの仕事や将来について話したりします」。戦後モダンの漆黒の空間がコーヒーだとしたら、ミルクはさしずめ真っ白いキャンバスのような若者の夢といったところだろうか。

 

プロフィール
シシド・カフカ /メキシコ出身。18歳からプロとして活動を始め、美人ドラマーとして注目を集める。5月に「デイドリームライダー」で配信デビュー。9月19日に渋谷O-EASTでデビューライブを開催。詳しくはHPでチェック!

 NOW ON SALE

 『愛する覚悟』
1,200円
TECI-281(通常盤)

 
シシド・カフカさんお気に入りの場所

 BAR TARU

 オープンは1953年。当時の雰囲気をそのまま残したオーセンティックなバー。昼は「Caffe Il Solito」として営業。具材が溶け込んだカレー(500円)やNYで修業したバリスタが丁寧に淹れるエスプレッソ・ドリンクがいただける。

03-3573-1890
東京都中央区銀座6-11-10 銀緑ビルB1F 
カフェタイム9:00~16:00LO(ランチ11:30~14:00)、土12:00~16:30
バータイム18:00~翌24:30LO  日・祝定休

 

Photo 小林秀銀 Make SAKURA Hair 山田真由美 Text 榑林史章

衣装協力: H.P.FRANCE

 

<<< 持田香織さん、下町の心地いい時間と美味しい定食にご満悦

ページTOPへ

コメント一覧

  1. ohnotoyo より:

    インタビュー:シシド・カフカ http://t.co/0CMcZdvC #metromin

  2. okinawachiba より:

    さっきテレビでてた。気になった。
    タイムリー
    RT @metromin: インタビュー:シシド・カフカ http://t.co/UwVxlZpi #metromin

  3. metromin より:

    インタビュー:シシド・カフカ http://t.co/0CMcZdvC #metromin