• feed

ンタビュー:持田香織

Artist interview  持田香織

普段はスピーカーやスクリーンの向こう側にいるアーティストにも、単純にリラックスできたり、インスピレーションを与えてくれたり、いろんな人と出会うための場 所が街の中にあります。そんな東京のお気に入りスポットにご一緒してお話を聞いた、インタビューをお届け。今回はソロとしても様々な活動を行っている持田香織さんに、下町でお会いしました。

山形県産のこだわり食材と
下町の人情のコラボレーション!

 3年ほど前にオープンした、馬喰町のカフェ兼定食屋「フクモリ」は、山形牛100%のハンバーグをはじめ、山形県産の旬の食材を使ったスイーツや料理が自慢。定期的に歌や落語、DJなどのイベントを開催するなど、東京の東エリアの盛り上げにも一役買っている。持田香織さんは、雑誌の撮影で来店したことを機に常連になった。

「下町のよさって、人との触れ合いや〝いつでもウェルカムだよ!〞というノリだと思う。メールやネットも便利だけど、直接会って感じるものを大事にすることも大切だと、このお店に来るといつも改めて思うんです。料理はもちろんだけど、人とコミュニケーションを通じて、どんどん〝輪〞が広がっていくことを実感する場所ですね」

 彼女はお店のイベントを通じて、ピアニストの中島ノブユキや、湯島の「MUSIC BAR道」のオーナーなど、今でも数多くの出会いを経験しているとのこと。そんな彼女の新作『manu a manu』には、その中島ノブユキをはじめ、ミト(クラムボン)、大橋トリオ、おおはた雄一など、これまでに彼女が出会って来た多彩なアーティストが参加した。タイトルはラテン語で「手から手へ」や「手や手で」という意味で、彼女の人に対する想いや手作り感が込められた。実際アルバムにはぬくもりが溢れ、ゆったりとした実に心地いい時間が流れている。ちなみに1曲目には、初のピアノ弾き語り曲を収録。「デビュー15年でピアノも弾けないなんて自分でも笑っちゃうけど、やることに意味があると思って!」と彼女。出会いは人を触発し、そこには新しい何かが生まれるのだ。

 

プロフィール
持田香織/Evrey Little Thingのボーカルとして96年デビュー。ソロとしても『moka』『NIU』を発売。8月25日の「Slow Music Slow LIVE ’12 in 池上本門寺」に出演する他、10月にソロツアーを開催。

NOW ON SALE!

『manu a manu』
8月1日発売
3,990円
AVCD-38502/B

持田香織さんお気に入りの場所

フクモリ

山形の旅館「亀や」「滝の湯」「葉山舘」の和食のノウハウと、山形食材を活かした定食がいただけるカフェ。持田さんのお気に入りメニューは山形牛100%ハンバーグ1,200円(単品)やステーキなどの肉料理なんだとか。

03・5829・9987 東京都千代田区東神田1・2・10泰岳ビル1F 11:00~23:00 日定休
http://fuku-mori.jp/

 

Photo 小浪次郎 Text 榑林史章
ワンピース58,800円(Center for COSMIC WONDER/03・5774・6866)

 

<<<激辛カレーにびっくり!の阿部サダヲさん

 

ページTOPへ

コメント一覧

  1. yuki_g4_1009 より:

    metrominのもっちーのインタビュー http://t.co/V9P1iMMC

  2. kokko_ より:

    metrominのもっちーのインタビュー http://t.co/V9P1iMMC

  3. ankokuman より:

    7/20に発行されたMetro min.が先日、ウェブにアップされたので参考までに・・。
    モッチーの記事もありますよ!
    http://t.co/nI0pwqAn

  4. piaate より:

    7/20に発行されたMetro min.が先日、ウェブにアップされたので参考までに・・。
    モッチーの記事もありますよ!
    http://t.co/nI0pwqAn

  5. hawaiimelody より:

    山形の旅館「亀や」「滝の湯」「葉山舘」の和食のノウハウと、山形食材を活かした定食がいただけるカフェ「フクモリ」@馬喰町 RT インタビュー:持田香織 http://t.co/yq4vr5dw #metromin

  6. metromin より:

    インタビュー:持田香織 http://t.co/52dXobHQ #metromin