• feed

TOKYO FOOD LIVE LIVE03 フロアを沸かせるのは“料理人”

料理人がフロアを湧かせる“食のクラブ”

 食と音楽の関係は少々微妙で、例えばBGMが大きすぎるレストランでは食事に集中できなくなります。しかし食と音楽は相性が悪いのかというと、そうでもなく、音楽フェスのフードコーナーは盛り上がっているし、世界各地の収穫祭などでも、音楽が響く中でお客さんが料理をほうばっていたり。そこから考えると、食と音楽が上手く繋がるためには、「祭り(フェス)感」が大切なのだと思うのです。むしろ、お祭りには食と音楽が欠かせない。

 ここでご紹介するFOODJはまさしく、祭りやフェスのような雰囲気の、食と音楽が共存しているイベントです。毎回違ったゲストシェフを迎え、テーマにそった食事とDJによる音楽を提供。これまで「カリフォルニア・キュイジーヌ」「ニューヨーカーズ・デリスタイル」「和食パンクス」など、個性的なテーマで開催されてきました。このイベントをオーガナイズするEAT TOKYOの引地さんはこう語ります。「僕たちが大切にしているのはかつてのクラブみたいな、参加者全員が喜びを共有している感覚。クラブではDJと音楽がそのための〝指揮者〞でしたが、FOODJではその役割をシェフと料理が担っているんです」。その言葉通り会場はレストランではなくクラブのノリ。参加者はみんな大音量で流れる音楽を楽しみながら豪快に食べて、大声で話し、どんどんとつながっていきます。この日のシェフはフードユニット「food carnival」のおふたりで、テーマは「春の収穫祭」。鶏の甘麹グリルや、あさりの檸檬ごはんなどを大皿に盛り付ける度に、周囲の参加者から歓声があがる様子からも「祭り(フェス)感」を感じたのでした。

FOODJを主催するEAT TOKYOの面々。その他の食に関するイベントも開催。またケータリングサービスや様々な媒体のフードコーディネイトも手がける

FOODJ(EAT TOKYO)

フードコーディネイトやメニュー開発など、食を中心に幅広い活動を行うEAT TOKYOが毎月開催。特徴は毎回ゲストシェフがユニークなテーマを考え、それにそった音楽が大音量で鳴らされること。

前回の実施日
4月29日(日)19:30~22:00

会場
EAT TOKYO(渋谷区恵比寿西2-5-2 今村ビル3F)

お問い合わせ
FOODJ http://foodj.jp/
http://www.facebook.com/eattokyo.jp (Facebook)

 

Photo ただ(ゆかい) Text 山葉のぶゆき(effect)

 

1 2 3 4

ページTOPへ

コメントは現在受け付けていません。