• feed

布十番  暑さ和らぐ(!?)名水MAP

本企画は、東京メトロがある駅をひとつ選んで行き、実際にめぐって地図を作ろうという連載です。今回訪れたのは「麻布十番」。麻布十番にはかつて渋谷川の支流が流れており、今も湧き水をたたえる場所や川の名残を残す小池がある。「十番」というのも、江戸時代、湾から将軍家の御殿まで船が通行できるように川幅を広げる工事の際に、10番目に着手する場所だったというのが由来と言います。今回は、そんな水と縁の深い麻布十番の”名水”たちをご紹介!

 

1 住宅街にひっそりとある小さな自然の形
元麻布3丁目緑地

閑静な住宅地にありながら、メダカやオタマジャクシ、トンボなどが暮らす、ビオトープ(生き物の生活空間)。ここは港区が自然回復事業として整備したもので、湧き水を引き込んで作った池を中心に野草が生い茂り、虫も野鳥も子どもたちも集まる、都会の小さなオアシスです。
03-5114-8803(港区役所 麻布地区総合支所) 港区元麻布3-6-19 

 

 

2 名刹に湧く、清らかな天然水
麻布山 善福寺「柳の井戸」

平安時代に弘法大師が開いたという「善福寺」。境内には、国の天然記念物「逆さイチョウ」や「福沢諭吉翁の墓」など数々の文化財がありますが、表参道の柳の下には湧き水が。「東京の名湧水57選」のひとつで、豆腐屋が仕込み水に使うなど、以前は地元で活用されていました(今は飲用不可)。
03-3451-7402 港区元麻布1-6-21

 

 

3 愛らしくも有り難い親子ガエル
十番稲荷神社

江戸時代に大火事を退けたという伝説のカエルが祀られている神社。2匹の親子ガエルは長い階段の脇にちょこんと座っていて可愛らしい姿です。水をかけてお祈りすると防火だけでなく、若ガエル、無事にカエルなんてご利益もあるとか。神社内では、カエル型のお守りも取り揃えています。
03-3583-6250 港区麻布十番1-4-6 参拝時間9:00~17:00 

 

 

4 名水づくしの豆腐カフェ
SOYS CAFE by 豆腐の盛田屋

宮崎県椎葉村の豆腐屋がプロデュースしたカフェ。日本三大秘境といわれる椎葉村から湧き出る天然水は、このお店にとって命の水。その名水と国産大豆100%を使用した豆腐や豆乳が毎朝カフェへ直送され店頭に並びます。また食品だけでなく天然水配合の化粧品も揃っています。
03-6459-2016 港区麻布十番2-5-1-1F 
営10:00~21:00(日祝~20:00) 不定休

 

 >>名水で焼き上げるパン屋

1 2

ページTOPへ

コメント一覧

  1. miisco より:

    【麻布十番 暑さ和らぐ(!?)名水MAP】 http://t.co/DZ5WG21E #metromin

  2. prunefe より:

    麻布十番  暑さ和らぐ(!?)名水MAP http://t.co/3tultJKI #metromin

  3. penguin20100610 より:

    門前仲町か麻布十番に引っ越そうと画策中。1年かけて検討。 麻布十番  暑さ和らぐ(!?)名水MAP http://t.co/sCNvG3t4 #metromin