• feed

駄木 花見やピクニックのお供に。新しいおにぎりの街MAP

本企画は、東京メトロの駅がある街をひとつ選んで行き、実際にめぐって地図を作ろう、という連載です。今回は、古い町でありながら、ギャラリーやカフェをオープンする若者も多く、”憧れの下町”といった風情の谷根千エリア。
中でも、注目するのは「千駄木」です。千駄木は、実は東京の米どころ。…というか、ちょっと魅惑的なおにぎり激戦区。日本のソウルフード・おにぎりがバラエティ豊かに存在します。ここでは、特におすすめの6店をご紹介!

 

1.新鮮かつ大胆な変わり種メニュー
「魚貝三昧 彬」のさんまで包んだ焼きおにぎり

さんまで包んだ焼きおにぎり1,029円

隣の魚屋から新鮮な魚介類を仕入れている居酒屋さん。金目鯛のしゃぶしゃぶや石焼ホタルイカなど、素材を活かしたメニューが揃っています。この店自慢の、さんまで包んだ焼きおにぎりは、大葉がアクセントとなり大ボリュームながらあっさりといただける1皿。

 

 

 

 

魚貝三昧 彬/
03-3828-3435 
文京区千駄木3-38-8 
18:00~23:30 
金・土・日11:30~14:00、18:00~23:30 
月定休(月末の日曜も休み)

 

 

2.有機玄米の味わいと食感が活きる
「和の居酒屋 月」の玄米塩おにぎり

玄米塩おにぎり 300円

旨い酒を求めて全国各地をめぐり、惚れ込んだ蔵元のアドバイスで食材も調達。そんな真摯な姿勢で居酒屋を営む店主が握るのは、有機玄米を使用したシンプルな塩おにぎり。優しい味わいがお酒の〆にピッタリです。土産用の可愛い和柄のパッケージも人気。

 

 

 

 

和の居酒屋 月/
03-6902-2798 

文京区千駄木3-36-11-B1F 
17:30~翌1:00月定休(祝日の場合は営業)
http://sa-tsuki.com/index.html

 

 

3.エビ、タコどちらも味わい深い
「米ど」のえびむす・蛸むす

えびむす100円、蛸むす100円 

テイクアウト専門のお店で、おにぎりのイラストが描かれた自販機が目印。斜め向かいにある海鮮居酒屋「三忠」の姉妹店だけあり、特にエビやタコといった魚介系の具材はプリプリ。天むすとお茶を買い込み、近所の公園でほおばるのもオツなものです。

 

 

 

 

米ど/
03-5815-2025 
文京区千駄木2-28-8 
10:00~18:00、日9:00~17:00 土・祝定休

 

 >>>美味しいおにぎり、まだまだあります。

1 2

ページTOPへ

コメントは現在受け付けていません。