• feed

集:WorldShift vol.06 「WorldShift Actions」の会場より

 
“未来へのアクション”をプレゼンする
「WorldShift Actions」より
 

2011年10月29日~30日、とあるイベントが開かれていました。
名前は、「ワールドシフト アクションズ」。その通り、WorldShiftがテーマです。
それは各界でご活躍されている皆さんに、WorldShiftについて講演いただくという2日間でしたが、ここにメトロミニッツも潜入。で、講演者の方々にお聞きしました。

 ※右から

19 松本圭介さん (僧侶)
無明とは、智慧の光に照らされていないこと。智慧とは真実を正しく見抜く力です。心が智慧の光に照らされたとき、浄らかな国へのとびらが開くでしょう。「損か得か人間のものさし、ウソかまことか仏様のものさし(相田みつを)」と申します。仏教は人づくり。時間をかけてじっくりと、お寺からニッポンを元気にして参ります。

1979年生まれ。浄土真宗本願寺派光明寺僧侶。東京大学文学部哲学科卒、インドのISBにてMBA取得。2004年、超宗派インターネット寺院「彼岸寺(higan.net)」を立ち上げる。お寺カフェ「神谷町オープンテラス」、お寺ライブ「誰そ彼」の企画・運営

 

20 江原春義さん (国際NGO・R水素ネットワーク代表)
「未来の当たり前を今やる」。現在の当たり前は自分や会社や国の利益を追い求めるものですが、それは穴の開いたバケツに水を入れるようなもので絶対に満たされない。その対極で、地球人として人類全体の共通の利益を追い求める行動をすれば、命を最も大切にする公平な文明にシフトし、溢れるほどの恩恵が与えられます。

「脱原発,脱化石の究極の一手,R水素」。目からウロコが落ちるR水素=「自然エネルギー+豊富にある水の中の水素」。技術や知恵はすでにあり、電気や燃料になる地産地消です。YouTubeで検索→R水素「エネルギーの民主化」。国際NGO・R水素ネットワ-ク代表 http://rh2.org

 

21 秋葉忠利さん (前・広島市長、広島大学教授)
これまでは、何らかの力関係で、支配をする・されるというモデル・枠組みで物事を考えてきました。国、県、市、その下に市民がいるような枠組みです。しかし最近、上下ではなくパートナーとしてつながろうという動きが広がりつつあります。この枠組みを元に世界を考えることで、創造的でエネルギーに満ちた社会ができるはず。

1942年生まれ。2011年4月まで広島市長を3期務め、核兵器廃絶を目指す都市連合「平和市長会議」の会長も。2010年には、アジアのノーベル賞として知られるマグサイサイ賞を受賞した。現在は、広島大学特任教授、高校生留学の「AFS日本協会」理事長

 

>>>田原総一郎さん、佐々木俊尚さん他のワールドシフト

1 2 3

ページTOPへ

コメントは現在受け付けていません。